弱者(ボツ集)

中津 国衙

僕は

僕は
沢山の恩人がいます
沢山の友がいて
親友がいました
僕は
彼らのためなら
命は
惜しまないでしょう
それくらいの恩を
受けたから
一つの恩をとっても
この一つの
命を削る
だけでは
足りないでしょう

だから
命をだいじに
しながら
生きて
恩を返し
そしてから
命を削る
恩を
返そうかな

「弱者(ボツ集)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く