弱者(ボツ集)

中津 国衙

僕は森が
好きでした
沢山の
生命に
囲まれて
木漏れ日が
少し見える
木が
話し合うように
風が吹くたび
葉をこすらせ
ざわめきます

この静かな
森が
偏在する
この星
いつまでも
続くと
いいですね 

「弱者(ボツ集)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く