努力次第で異世界最強 ~喰えば喰うほど強くなる~

星雲

6話:名付け


「俺も寝よう」

そう思ったレンであったが落ち着いて眠れるはずもなかった。隣に全裸のそれも絶世の美女と断言できるほどの者が眠っていたからである。
レンはただの高校生である。今までの交際経験も何も無いただの高校生が隣に裸体を惜しげもなくさらけ出した美女が眠っている状態で何も感じ無いわけがないのだ。

「やべーな、全然眠れない」

そんな状態のレンを何一つ気にすることなくすーすーと寝息を立てている美女はまるで普通の人間の様でレンは「本当にこいつは魔神なのか?」と疑問に思ってしまった。
結局レンは一睡もできないまま夜があけてしまった。






「おーい起きろー」

レンは自分が寝られなかった恨みもこめて空が明るくなった瞬間に美女を起こすことにしたのだ。

「なんじゃ?まだ寝足りぬ、後300年ほど待っておれ」
「いや、そんな待てないから。てゆーか6億年も封印されておいて寝足りないとかどんだけ引きこもり極めてんだよ」
「仕方が無いのう」

そう言いながら美女は軽く伸びをして首をコリコリ鳴らせた後、レンの目を見つめるようにしてから

「それで?名は決まったのか?」

と聞いた。

「いやぁー決めたは決めたんだけどこーゆーのって自分で決めるもんじゃないの?」
「ならばもし、うぬが自分に“レン”と名付けてそれを我が呼んだ場合うぬはどうなる?」
「………死ぬほど恥ずかしいな」
「だろう?」

まるでしてやったりとでも言うようなドヤ顔でレンを見てきた美女に向かって

「分かったよ。その前にお前に一つ言っておくことがある」
「なんじゃ?申してみよ」
「一人称を変えろ」
「ふむ、なぜじゃ?」
「まぁそのおばあちゃん言葉と言うかなんというかはともかくとして一人称が“われ”だったら男と間違えても仕方ないと思うんだけど?」
「なるほど、一理あるな」
「だろ?」

そう言われた美女はしばらくウンウンと唸って考えていたかと思うと

わらわか?いやそれとも私…」
「妾でいいよ。私とかお前の話し方に合わなすぎて違和感が半端ないだろ」
「それもそうか…。ならばうぬは妾の名は決まったのかの?」
「あぁ。元の名前も一応もじってメルクリア=ガルテ=ロードってのはどうだ?」
「まぁ及第点と言っておこうかの。それとロードは要らぬ、もう妾は魔神ではない」
「魔神じゃない?」
「そうじゃ。確かに妾は全盛期の体を手に入れたがそれは全盛期とは言ってもまだ普通の魔人であった頃の事じゃ。妾の魔神であった力はひとつ残らずうぬが喰い尽くしてしまったのでな」

なるほど、確かに魔神の力を2人が持っているとするとそれはもう誰も太刀打ちができないほどの強さだろう。一人だけでも神が複数人で協力しないと封印できないのにそれが2人となるとちょっと相手に申し訳ない気すらしてくる。

「じゃあメルは今は俺よりも弱いってこと?」
「ちょっと待て、妾の名前はメルクリアであろう?なぜ汝が名付けたくせに勝手に略して呼んでおるのだ」
「細かいなぁ、愛称だよ愛称。メルクリアって長くて呼びにくくない?それに、これから一緒に頑張っていくわけだから愛称で呼んだって別にいいんじゃない?」
「む、そ、そうか…そういうものなのか?人族が変わっているのは知っていたがここまでとは思わなんだ。しかしそういうことならば妾も汝の事を愛称で呼んでやろう。汝は普段なんと呼ばれておるのだ?」
「いや、俺は普通にレンでいいよ」
「ず、ずるいぞ!自分だけ辱めを受けないなどそんな事妾は許さぬぞ」

変なところでメルがこだわってきたのでレンも少し考える。だが今まで周りの人からはレンとしか呼ばれてこなかったので他にいい愛称が思いつかなかったのだ。

「確か汝の名はクロギ=レンであったな」

メルはフムフムと言いながら考えていたかと思うとなにか思いついたようにレンの方を見て

「クロというのはどうだ?そうじゃ、何なら他も変えてクロ=ガルテ=ロードというのはどうだ?今は汝が、いや、クロが魔神なのだからロードと名乗るのは何もおかしくないであろう」
「いや、ちょっと待て。クロってのは分かるよ?うん、いい愛称だね、よく思いついたな!って喜ぼうとしたのに何で俺まるまる改名されてるの?」
「だって、魔神になったのだからロードとつけるのは当然であろう?だがクロギ=レン=ロードってなんかおかしいんだもん」
「いや、だからとかだもんってキャラじゃないだろメルは」

まるで子供が駄々をこねるような喋り方でレンに言ってきたメルは涙目で今もレンを見つめているままだった。

「分かった、分かったよ。クロもまぁいいロードっていうのもまぁいいや。でもな何で俺がガルテなんだ?」
「フ、フン。妾が主人に選ぶのは元々妾よりも強い男にすると決めていたのだ。か、勘違いするなよ?別に妾がクロのことを好いておるわけではないぞ!」
「え、えぇー」

まさか異世界まで来て、しかも魔神からツンデレなセリフを聞けるとは思わなかったレンは少しの間思考を停止してしまっていた。
てゆーかさっきとキャラ変わってない?と心の中で呟いた。

「ま、まぁ分かったよ。それでいいや、俺はこれからクロ=ガルテ=ロードだ。これからは俺のことはクロって呼んでくれ」

レンがそう言うとさっきまで涙目でこちらを見つめていたメルは表情をパァーと輝かせるとレンの方に駆けてきていきなり抱きついてきた。しかも裸体で。

「ちょっと待て。まず服着よ?さっきまで俺もどうかしてたよ。な?」
「む、クロは妾の事が嫌いなのか?妾が魔神の時は近寄ってくるものは全て魔神の地位を狙ったものしかおらなかったのでな。こんな気持ちは初めてじゃ!」

メルはそう言うとさっきよりも胸を押し付けてきた。いや、幸せだけどね?幸せだけどちょっと童貞には刺激が強すぎるというか。うん、まぁ幸せだけど。

「いや、嫌いじゃないよ?むしろ好きだ。でもな?メルは俺に見られても気にしないかもしれないが俺はメルの裸を他のやつに見られたくないんだ」
「分かった…」

メルは渋々頷くと[物質具現化]の力で服を2人分・・・作り出した、しかも男物と女物。
メルはその服を着ると、下半身は引き締まった太ももにピッタリ引っ付いたタイツが妙にエロく、白いワンピースの上から黒のカーディガンを羽織った金髪がひらひらとなびく10人中10人が振り向くであろう絶世の美女がそこにいた。

「どうだ?似合うか?」
「お、おう。凄くかわいいと思うぞ」
「そ、そうか?まぁ礼をいっておこう。クロは妾が用意したこの服に着替えてくれ」
「やっぱりそっちは俺が着るのか」

それは色がペアルックみたいになっている傍から見れば恋人に間違えられるであろうものだった。

「………ダメか?」

メルに上目遣いでお願いをされて断れるわけもなく文句を言わずに言われた通りに受け取った服を着た。

「こんなオシャレな服、元の世界でも着たことないぞ」

動きやすそうな白い無地のパーカーの上に黒いロングコートというシンプルなものだったがオシャレをしたことが無かったレンにとっては凄くオシャレに見えたのだ。




「で、これ何?」

現在レンとメルは数百体のドラゴンに取り囲まれていた。

「ふむ、どうやらこやつらの主が妾達を呼んでおるようだ」
「なぜ分かるし?」
「いや、クロも【言語理解EX】を持っているのであれば理解できない方がおかしいであろう」
「それもそうか。言われてみれば確かに理解できるような気がする」

『何の話をしている。我々と一緒についてくるのかこないのか聞いている、早く答えよ。』

「お前達の主はどこにいる?」

『やっと返事をしたかと思ったら質問か、まぁいい。我らの主様はあそこに見えるバイアス大山脈と呼ばれている山の麓にある洞窟に住んでおられる。あそこまでお前達を連れてこいという命を受けて呼びに来たのだ』

このドラゴンたちのまとめ役であろうそのドラゴンが指を指した方向には雲を突き抜けてまだのびているであろう山がそびえ立っていた。

「どうするメル?」
「妾はクロについていく。大丈夫だ、こやつらからは敵意を感じぬ。恐らく本当にただ呼びに来ただけなのだろう」
「ならついて行ってみるか」

『話は決まったようだな、我の名はツヴァイア。我の背中に乗るがよい』

そううながされたレンとメルはツヴァイアと名乗ったそのドラゴンに乗って主と呼ばれているドラゴンに会うためにバイアス大山脈へと向かった。





感想、フォローをくれた皆さんありがとうございます。
これからもよろしくお願いします!

小説家になろうにも同じ題名で投稿していますのでそちらもよろしくお願いします!

「努力次第で異世界最強 ~喰えば喰うほど強くなる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ユーノ

    そういや、レンを飲み込んだ黒竜はどうなったん・・・???
    腹破けたままどこに消えたん???w

    0
コメントを書く