未来人は魔法世界を楽しく魔改造する

まさかミケ猫

試してみるか

 まだ薄暗い空の下、街道を東へ進む。
 このまま王都付近まで行ったあと、北のトータス地方に向かう予定だ。

 王都から来るときには揺れが酷かった山道も、今ではすっかり様変わりしていた。
 綺麗に舗装された片側二車線ずつの車道と、両脇の広い歩道。歩道の外側には低木が点々と植えられていた。この木はクレル諸島産のある樹種をベースに作った結界樹で、弱い魔物避けの結界を発生させている。

 俺は歩道をひたすら進む。
 早朝にも関わらず、車道には猪車が行き交っていた。

「坊主、朝早くからご苦労だな!」
「行商人さんもお疲れ様です」

 車道の行商人から声をかけられる。彼は大型の猪車を豪快に走らせ俺を追い抜いた。
 以前猪車に乗った時もそうだったが、こうしてお互いに声を掛け合うのもまた御者の大事な仕事なのだとか。こっちの道はぬかるんでいる。あっちは魔物が出ているから少し待ったほうがいい。そういった情報を短い時間で交換して、リスクの少ない旅を心がけるのだ。


 しばらく行くと休憩所が見えてきた。
 所々に設けた休憩所では、行商人が猪車を停めて休んでいる様子が見られた。休憩所は都市結界アルフヘイムを小さくしたような魔道具で守られている。また地下水を利用して都市浄化装置ウルザルブルンと同様に空気環境も整えられている。無人販売所には保存食や果実水なども置かれていて、パーソナルカードで購入可能だ。
 皆なかなか快適そうに休んでいた。

 先程声をかけてくれた猪車もそこで休んでいるようだ。俺はその様子を横目に見ながら通り過ぎる。

「おう坊主、休んで行かねぇのかー!」
「大丈夫です、ありがとう!」

 世話焼きなおじさんに手を振る。
 今のところ俺に休憩は不要だ。


 俺やレミリアの専用強化外骨格パワードスーツは騎士団のもののような全身鎧タイプではない。あくまで護身用として、服の下に着用してもわからない程度の薄型のものだ。もちろん、鎧ほどではないにしろ防刃・耐衝撃性には優れている。
 命力補充を早める魔法陣も内蔵されているから、ある程度の速度ならずっと走り続けても命力が尽きることはない。

 俺は黙々と歩いていく。
 彼女もこの道を通っていったはずだ。

 日が昇り、あたりは随分と明るくなった。
 そろそろ朝食の時間だろう。俺は足を止めず、背負袋から燻製肉を取り出す。ひと口齧ると香ばしい空気が鼻を抜ける。頬にあたる冷たい風に秋を感じた。

 車道から俺に話しかける声がする。
 見ると、先程の行商人のおじさんだ。

「おーい、また会ったな、坊主!」
「あ、どうも」
「急ぎなら宿場町まで乗ってくか?」
「ありがとう、でも大丈夫です」
「あんまり無理すんなよー!」

 こちらを心配そうに見たあと、猪車は加速して徐々に離れていった。本当に親切そうなおじさんだ。ただ、猪車の休憩時間を考えると歩いたほうが早く着くだろう。
 それに、一人で考えごとをしながら歩きたい気分でもあった。


 レミリアのパーソナルカードの位置情報は北を指している。北と言えば、周辺集落や帝国との小競り合いが絶えず、今もまさに戦争が行われている場所だ。
 彼女はそれらと何か関わりがあるのだろうか。あまり考えても仕方がないけど、いざという時のために様々な可能性は考慮しておくべきだ。

 休憩所が見えてくる。
 時刻は昼に近づいた。
 俺は休憩所を素通りする。
 まだ今は休憩は不要だ。

 歩きながら軽食を取り出す。パンに色々な肉や野菜を挟んでソースをかけたもので、領都でも人気のファストフードだ。昨日のうちに瞬冷したものが、ちょうどよく自然解凍されていた。


 しばらく進むと、川に橋がかかっているのが見えた。あの川から先はクロムリード領ではない。道も舗装されていないし、魔物避けの結界もない。
 俺は護身外套ガードコートのフードをかぶり直した。

 おそらくレミリアは強化外骨格パワードスーツ護身外套ガードコートで身を守りつつ、魔法で戦って旅をしているはずだ。

 一方、俺には魔法がない。
 彼女を追いかけるためには、最低限魔物と戦えるだけの武器が必要だった。


 橋を渡ってしばらく。
 多目的眼鏡マルチスコープのスピーカーからアルファの声が響いた。

『魔物接近中。左から来ます』

 左のレンズに地図が表示された。
 俺は荷物を置いて構える。

 地図上の赤いアイコンは魔物の位置を示している。あわせて魔物の簡単な情報が表示される。向かってくるのは3体の石ウサギ。額に石の付いたウサギ型の魔物だ。

 石ウサギは一直線に近づいてきた。
 理性を失ったような血走った目で、ヨダレを垂らしながら唸り声を上げている。それなりに迫力はあるけれど、石ウサギは魔物の中では比較的弱く、戦闘が専門でない行商人や御者奴隷でも楽に対処できる種だった。

「ちょうどいい。試してみるか」

 この旅のために、いくつかの武装を用意した。

 まずは万能作業手甲ワーカーアーム
 俺は両拳を握り【ブレード/シールド】と呟く。右の手甲の先からは半透明の魔力の刃が、左の手甲には魔力の盾が展開された。
 これはレミリアの使う反射魔法壁の劣化版。物理反射こそ再現できていないものの、魔力製の壁は強固だ。
 戦い方は強化外骨格パワードスーツがサポートしてくれる。このために、竜族護衛のトリンの立ち回りを解析してあったのだ。


 一体の石ウサギが飛びかかってくる。
 左手のシールドで受け流す。
 石ウサギが転がる。

 右から来た別の個体へブレードを振り下ろす。
 首が飛んだ。

 一歩下がり体勢を整える。
 首を跳ねたウサギは動かない。受け流したウサギは唸り声を上げ、もう一体は少し離れた場所でこちらを警戒している。
 残り2体か。

 突進してくるウサギを何度か盾で受け流した。
 このスタイルは、攻守のバランスが取れていて戦いやすい。魔法壁で作られたブレードやシールドは、形や重さもある程度自由にできるし、破損や疲労を気にする必要もない。実戦での使い勝手は上々だ。


 次は魔導刻印靴スタンプブーツを試そう。
 俺は手甲の武器を解除する。両足に軽く命力を込めて【ボム/スプリング】と呟いた。両足のブーツの裏にはそれぞれ魔法陣が展開される。
 これらは俺の望んだタイミングで起動できる仕掛けだ。ちなみに足技での戦闘方法は、竜族護衛アリーグの動きを解析してある。

 2体のウサギが飛びかかってきた。
 俺は体を沈めて避ける。
 左足のスプリングで遠くへ跳ねる。

 ウサギの1体が俺に駆け出してきた。俺はスプリングで前方に跳びながら、右足を前に出す。

 ウサギを蹴り飛ばす。
 同時にボムを起動。
 ウサギの体表面にボムの魔法陣が刻まれ、破裂した。

 このスタイルはトリッキーだ。機動力で翻弄しながら一撃で相手を仕留める戦い方。でも、思っていたよりは使いやすかったな。俺はブーツの魔法陣を解除する。


「あとは……もうひとつだけ試そうかな」

 最後の1体が逃げていく。
 俺はそれを見ながら、両手を握り【ニードル/レーダー】と呟く。右手の手甲には5本の魔力針が、左の手甲には照準器が展開される。左手をターゲットに向けると、命力を捕捉してロックオンした。

 遠ざかる石ウサギ。
 俺は両手を重ねた。
 フッと息を止める。
 そして、右手の魔力針を発射する。

 全力で遠ざかる石ウサギ。
 魔力針はそれを正確に追いかけた。
 一瞬の後、ウサギの頭が四散する。

「よし、こんなもんかな」

 このスタイルは、発射時の隙が大きいのが課題だな。ただ、他のスタイルでは届かない遠距離の敵を仕留めることができる。役に立つ場面も多いだろう。

 最低限の戦闘は問題ない。
 手甲には7種類、ブーツには4種類の武装をそれぞれ仕込んであるけど、使い勝手はそう悪くなさそうだ。あとはそれぞれ慣れていくしかないかな。

 周囲の安全を確認し、息を吐く。
 微妙に手が汗ばんでいた。さほど心配はしていなかったけど、初めての実戦は意外と緊張していたみたいだ。

 俺は手甲に【スコップ】を展開して穴を掘った。近くに転がる2つの死体を地面に埋める。魔石は小さすぎて役に立たないから放置だ。


 もっと幼い頃、魔物を実際に見るまでは、その命を奪うことに抵抗を感じていた。だけど、初めての旅の時に魔物に遭遇してから、俺はその考えを捨てた。

 動物と魔物の違い。中には判断が微妙な場合もあるらしいが、おおむね簡単に見分けがつく。
 それは、魔物に共通すること。血走った目、開いた瞳孔、飢えた唸り声、剥き出しの牙。獰猛な動物にしても、ここまで理性を失って狂ったような顔はしていない。見境なく周囲の生き物へ襲いかかる魔物は、他の生物とはどうやっても共存できないものだった。
 それにどうやら、魔物は生殖では増えないというのが通説のようなのだ。人工魔虫を飛ばして観察したこともあるけど、やつらは何もない空間に突如現れる。
 どういう原理なのか、全くもって謎の存在だ。


 気を取り直し、街道を進む。
 穏やかな午後の空気を吸い、のどかな風景をぼんやりと眺める。魔物への最低限の対処はできそうだから、あとはひたすら進んでいくだけだ。

 しばらく行くと休憩所が見えてきた。何もない広場に多くの猪車が休んでいた。

 後ろのほうから声が聞こえた。
 俺を呼んでいるようだ。

 振り向くと、朝から何度か遭遇している行商人のおじさんだった。おじさんは猪車のペースを落とし、俺と並走する。

「おーい、坊主!」
「どうも、また会いましたね」
「大丈夫かよ。お前、ずっと歩いてんじゃねぇか。満足に休憩も取ってねえだろ……って割には、疲れてる様子もねぇな。どうなってんだ」
「あはは、ご心配ありがとうございます」

 なんだか心配かけて悪いな。
 ちなみに、おじさんはこの先の休憩所に停車するらしい。俺は休む必要もないし、休憩所はスルーするつもりだ。このペースだと宿場町には俺のほうが先に到着するだろうな。

「お前、妹とかいねえか?」
「いますけど、どうしてですか?」
「んー、秋のはじめくらいだったか。お前によく似た服装の仮面をつけた女の子がよ、やっぱり一人で同じ道を歩いてったんだ」
「っ!?」
「猪車に乗せてってやろうかとも思ったんだが、疲れた様子一つ見せねぇで歩いててな。俺たちが猪車を休めてるうちにさっさと町に行っちまったよ。あん時は驚いたぜ」
「…………その話、詳しく」

 予定変更。
 俺は休憩所で一緒に立ち止まると、おじさんからその話を詳しく聞いた。

 彼女には誰か同行者がいるわけではなく、一人で黙々と歩いていたらしい。周りにいた他の行商人のおじさんたちの中にも何人か目撃者がいた。背格好を聞くに、レミリアで間違いないだろう。
 分かってはいたけれど、連れ去りなどではないことが改めて明確になったな。

 結局、そこから宿場町までは猪車に乗せてもらうことになった。親切にも安い宿を教えてもらい、夕飯までごちそうになってしまった。
 おじさんには俺と同じくらいの歳の子がいて、来年の春には家族でマザーメイラに引っ越す予定なのだそうだ。

 行商人のおじさんたちとパーソナルカードの連絡先を交換する頃には、少しだけ気持ちが楽になっていた。

「ちょっと気を張りすぎてたかも」

 いなくなったレミリア、初めての一人旅。焦っても仕方がないのだから、のんびり行こう。
 俺は大きく背伸びをすると、宿のベッドに寝転がった。

「未来人は魔法世界を楽しく魔改造する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く