魔王をやめさせられたので、村娘になって辺境でスローライフを送ります

八木山蒼

2話 移動せし魔王

 私は小川まで足を運び、軽く顔を洗った。そして水鏡で今の己の顔を確かめてみる。

「改めて見れば、なかなか可愛らしい顔ではないか?」

 水面に映るその顔に語り掛ける。この顔が魔女のものだった頃は内面のどす黒さばかりが出ていたが、こうしてまじまじ見てみれば申し分のない容姿だ。顔立ちはやや幼さすら残り、水色の瞳は大きく金色の髪はしなやかだ。
 ちなみに私の美的概念は人間のそれと大差ない。

「魔女め、これだけの容姿を持ちながら人間の体を嫌うとは……隣の芝生はなんとやら、か」

 魔女はこの体を憎んですらいたが、私にとっては渇望する平穏を掴むための至上の宝。女の体というのはちと気恥ずかしくもあったが、川に反射する可愛らしい顔が自分のそれだというのは嬉しくもある。

 ともあれいつまでも自分の顔に見惚れてはいられない。私は立ち上がった。
 まずは人間を探そう、辺境とはいえこれだけ自然に満ちたところだ、きっと村か何かあるはず。

「どれ……」

 私は目をつぶって集中し、探知魔法を行使した。己を中心に同心円状に微弱な魔力を放ち、生命の存在を探していく。
 思った通り、やや遠い場所ではあったが複数の人間が集まっているのを察知できた。小規模な村か町のようだ。場所は今いる場所から東南東。

「よし、では早速……」

 私は転移魔法、瞬間移動を用いてすぐにそこへ移動しようとした。だが転移魔法の術式が私を包み込む前に。

「きゃっ……!?」

 突如魔法はバチンという音をして掻き消え、私は思わず声を上げてしまった。
 い、今の声は私が出したのか? 「きゃっ」なんてまるで子女そのもののような……と動揺しつつも努めて冷静に状況を分析する。もう一度試してみたがやはり弾かれた。

 これはどうやら、体そのものに転移魔法を禁ずる魔法がかけられているようだ。

「……なるほどな」

 おおまかには予想がついた。魔女の奴、この私が戻ってくるのを恐れて体を入れ替える前に転移魔法を封じる魔法をかけていたようだ。入れ替わりが失敗した時のために、一回だけは使用できるようにして……周到な魔女らしい策といえる。
 これで転移魔法が使えないので私は歩くしかない。だがまあ、それもよい。

 久しぶりの外界だ、ゆっくりと景色を楽しみながら行くとしよう。この平穏に満ちた世界を満喫しながら歩くのも乙というものだ。
 私は小川のせせらぎを背に受けつつ、蝶の舞う花畑を歩き始めた。向かう先にある人間たちを目指して……



 ……ほどなくして野原を抜け、私は森に入った。鬱蒼と茂る森にはところどころリスなど走り、これまた平穏な世界が広がっている。
 が、私は早々にそれを楽しむ余裕も失ってしまった。

「はぁーっ、はぁーっ……」

 手ごろな岩に腰かけて足を開いて座り、がっくりと背を丸めて荒い呼吸を落ち着かせようとする。そう、私は歩き続けて一時もない内に疲れ果ててしまったのだ。

「よ……よもや、人の娘の体が、ここまで、貧弱とは……ま、魔女が嫌う理由も、ちと、わかった……」

 疲労のあまり思考もおぼつかずそれゆえか独り言が増える。息は切れて足はじんじんと痛み、私の体はすでに疲労困憊だった。
 生まれてこの方魔王としての強靭な体で生きてきた私には、弱い体で動くなど初めての経験だ。

「フ、フフッ、だがこのか弱さもまた、平穏に近しいと思えば、愛おしいものよ……フハハハハハ、ふう……」

 1人で笑ったり疲れたり、はたから見ればずいぶん奇妙に思えただろうが、私にはこの貧弱さですら嬉しかった。ただまあ、もう少し体力があってもいいとは思うが……

「しかしどうしたものか……」

 私は頭を抱えた。今来たのは探知魔法で調べた全行程の10分の1程度、たったそれだけ歩いてこの疲労ではいったいいつ辿り着けるかわからない。転移魔法を封じられたのが思いの外響いている、おのれ魔女め。

「せめて途中に休める場所でもあればよいのだが……」

 私は改めて探知魔法を使った。すると先程とは違った反応があることに気付いた。

「……む?」

 探知魔法は距離が遠ければ精度が落ちるが、近づいたので気付けたらしい。
 近くに生命の反応がある。数は2、一緒に行動しているらしい。しかもそれはなぜか、かなり早いスピードで私の元へと迫ってきている。
 なんだこれは、人間の速度ではないぞ。このままだとすぐに私のそばまで……そう思った矢先、耳と目にもそれらの情報が届いた。
 木々をかき分けるガサガサという音と、ドドッドドッと地面を叩く音。それがだんだんと近くなり、森の木々の向こうに迫る影が見えてくる。

 それは馬だった。森の中を一心不乱に馬が走っている。その後ろには車輪のついた箱……1頭の馬が小型の馬車をひいているのだ。だが様子がおかしかった。

 バルルル、ブルル、と馬は涎をまき散らしながらいなないており、かなり興奮している様子だ。スピードも木々の入り組んだ森で出すには早すぎる。

「うわああああああ! と、止まってけさ~~~~!」

 さらには馬車の主と思しき女の必死の叫びが耳に届いた。どう考えても馬車を制御できているとは思えない声だった。
 どうやらなんらかの原因で馬が暴走してしまっているらしい。しかも馬は一心不乱に走ってきて、このままいけば私と衝突する。

「あ、あらぁ!? そ、そこの人、よけてけ~~~!」

 私の存在に気付いた馬車の主が忠告する。だが私はおもむろに立ち上がると、正面から馬と向き合った。
 そして衝突する寸前。馬の顔に掌を当て、我が内に宿る魔力のほんの一端を解き放った。

「止まれ」

 そして一言呟く。その途端、衝撃波にも似た振動が森の大気に響き渡ると同時に、暴れ馬はぴたりと動きを止める。そして私に向かって静かにこうべを垂れ、静まった。
 体は貧弱になったが私の魔力は健在、それを使えば下等な動物を御する程度は造作もない、むしろ動物ほど本能的な恐怖を刺激してやれば簡単に従わせられる。

「は、はええ……あ、あんた、大丈夫だか?」

 馬車の主がおそるおそるといった感じで馬の奥から私を覗き込んだ。訛りのある口調のその女はオーバーオールを着たいかにもな田舎娘、黒いおさげにそばかすが目立つ。だが顔はなかなか可愛らしく、何よりもなかなか豊かな体つきをしていた。私の体はプロポーションはさほどでもないので少し嫉妬だ。

「フン、この程度どうということはない。貴様、獣を利用し働かせるのならばしかと主従をつけろ」
「はええ、面目ねえス……」

 馬車の主は手綱を握ったままぴょんと馬車から飛び降りて私の下まで歩いてきた。

「ワイ、マナミって言うんだー。この子、モモって言うんだけどぉ、止めてくれて助かっただ。あんたの名前も聞かせてけろ」
「私か、私はシャイ……」

 シャイターンと名乗ろうとして私は慌てて踏みとどまった。いくら辺境といえど魔王の名は知れ渡っているだろう、馬鹿正直に名乗ってはいらぬ混乱を招くだけだ。しまった、こういう時の為に何か偽名を用意しておくべきだった……私が逡巡していると。

「そっかー、シャイちゃんかー。まだ小せえのに馬を扱えるなんて偉いなー」

 馬車の主の女、マナミは勝手に勘違いしてくれたようだ。都合がいいのでそれを利用することにする。これより私の名はシャイだ。

「時にマナミよ、ここからやや遠いところに人間の集落があると思うのだが、知っているか?」
「集落? ああー、村ならあるなぁ」
「そうそれだ。私はそこに行きたいのだがちと遠くてな、疲れ果ててしまったのだ。馬を鎮めた礼代わりに、その馬車に乗せていってはくれぬか?」
「はあ……?」

 マナミは怪訝そうにしげしげと私を見た。何か気になることでもあるのだろうか。私も訝しんでいると、ふいに質問をぶつけてきた。

「そういえばシャイちゃん、なしてこんなところにいるんだ? パパとママはいねえのか?」
「父と母? 私にはそんなものはない」

 魔王の私の両親は私を置いてどこかに消えたし、魔女の両親など知る由もない。

「他に家族はいねえのか……?」
「家族なんてものは知らない。私は私1人だ」

 魔王軍も失い私は文字通り1人きりだ。だからどうとも思わないが。

「んじゃ、なんでこんなところに……?」
「それは説明し辛いが、強いていえば追放されたからだな。他に行くあてもないのだ」

 元魔王だとは説明できなかったが他の事を隠す必要もないので私は正直に語った。とにかくこのマナミの馬車に乗り町まで行きたい、それだけだ。
 マナミはなぜか私をじっと見つめている。心なしか震えているようにも見えた。

「改めて頼むが、馬車に乗せてくれ。それか町までの楽な道があればそれを教えて……」
「いいよいいよぉ! 乗せてってあげるよぉ!」

 マナミは突然私の手を握り大きな声を出した。なぜかその瞳がうるんでいた。

「シャイちゃん、事情は知らねえが苦労してんだなぁ……なのにそんな気丈に振る舞ってぇ……馬車に乗せるくらいお安い御用だぁ、さあ乗って乗ってぇ」

 マナミの感情には混乱するばかりだったが、とにかく馬車に乗せてもらえるらしいので私は一安心した。

「おおそうか、では頼む」
「うんうん、まっかせるだよ。なーも心配せんでいいからなぁ」

 そう言うとマナミは私をその膝の上にちょこんと乗せた。まるで子供のような扱いに気恥ずかしくもあったが、1人用の小さな馬車ではこれがもっとも安定するらしく大人しく従う。背中に柔らかい感触がした。

「ほんじゃあモモ、行くよぉ!」

 マナミが手綱を引き馬に合図すると、すっかり大人しくなった馬は森を進み始めた。
 これでなんとか町まで行ける。安堵した私は、疲労もあったのだろう、いつしか馬車の揺れの中でまどろみ始め、マナミに身を預けるように眠りに落ちていった。

「魔王をやめさせられたので、村娘になって辺境でスローライフを送ります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く