スターティング・ブルー〜蒼を宿す青年〜

Knight

二十六章 ─ 決戦間近 ─

二人がかりでも撃破出来ない所を見た限り、このレリウスという男、強い。それもかなり場慣れしている。
技術大佐と聞いていたが、カルルより人形の扱いが上手い。流石と言うべきか。

「どうした、そんなものか?」

「ったくよ…コレは取っておきたいんだよな、本気で」

スタンが一回やった全身を獣に変える方法。
それを応用し、展開していた剣を身体に纏う。剣はそのまま鎧となり、西洋の騎士に近い見た目になる。

「おおう…なんかすげぇな、それ」

「だろ。んじゃ、やりますか!!」

身の丈より長い大剣を構え、距離を詰めた。




波動兵器デトネーターは兎に角堅かった。
銃撃を幾ら加えようとも行動不能にならない。このままだと私の方が不利だ。息は上がっているし、動きも遅くなってきている。対する波動兵器はと言うと、エネルギーはまだあるらしく、未だキレのある動きだった。底なしかと疑うくらいだ…

「(……あの力…使う時かな)」

一旦武器を仕舞い、精神を集中させる。
次に目を開く時、瞳の色は碧から蒼へと変わっていた。服装も露出が高いものに変わる。そして額には《十二》と書かれた額当てを。ノエルが、『μ=12ミュー・トゥエルブ』に姿を変えた瞬間だ。
勿論、ムラクモユニットは健在。

「……(やっぱり恥ずかしいなぁ、コレ…)」

内心恥ずかしいと思いながらもムラクモユニットをその身に纏い、波動兵器もといイグニスを追い込んでいく。行動不能に追い込む途中、射撃でサポートしてくれるユニットを幾つか展開し、悠人とスタンの闘いも補助する。

「…コレで、終わりっ!!」

八本の剣に力を溜め、前方を切り裂く。
イグニスはマトモに喰らい、動きを完全に停止した。
それを確認した後に悠人達の元へ向かう。機動力は格段に向上していた。




「む…」

イグニスがやられた。クサナギは厄介だなと内心思いつつ、目の前の二人を相手取る。
桐生悠人の方は粗方知っているからいいものの、スタンという男が危険極まりない存在だ。
蒼の男、ブラッドエッジと似ているようで似ていない能力を持つこの男、単純な力だけ考えると悠人より上だろう。先程も私特製の機械腕を容易く粉砕した。しかも、結界に退避させても直らない。コレもスタンの能力か。

「余所見厳禁だぜ?」

「ぐっ…」

「おらぁ!!」

「ちっ…こいつ等…」

それよりも厄介と言えば、息ピッタリなコンビネーションだろう。見たところ出会ったばかりだと言うのにお互いの事が分かるかのように動いている。
何故かと考えながら固有結界も使う。手段など無意味だ、倒したら勝つ。シンプルでいい。




段々と追い込む手応えを感じつつ、スタンと協力して渾身の一撃を叩き込んだ。
吹き飛ぶレリウス。壁に叩きつけられたがふらつきながらも立ち上がる。不死身かと疑うが、血反吐を吐いてる辺りを見る限り、不死身じゃないと確信出来る。

「悠人!!」

「ノエル…って、なんだその姿?!」

「き、気にしないで…」

今までとは打って変わって露出多めになった服装のノエル…いや、μミューを見てすぐに俺も本来の姿、οオミクロンになる。レリウスに止めを刺すべく大技を放った時だ。
事象干渉が起き、レリウスの姿は消えた。だが、スタンはその場に残ったままだ。俺でさえ影響を食らったのに。異世界の来訪者というのは間違いじゃないらしい。

「あ…?奴は何処行った?」

「逃げたんだろ。先行くぞ、スタン」

「お、おう」

戸惑うスタンを連れてその場から離脱し、頂上を目指す。スタイルチェンジをした俺とノエルは空を飛べるからいいが、肝心のスタンはどうするのかと思いきや、自分の能力を応用してクライミングを始めた。
そこまでやるのかと呆れ半分で眺めつつ、先を急ぐ。間に合わないと、何かを失う気がしたからだ。

「…っ」

「ノエル?」

「何か…寒気が……」

「寒気…?って、俺もだ……」

二人して寒気を感じたその直後。
遥か彼方から飛来する何かがイカルガに落ちて来た。いや、"落とされた"のか。あの時感じた気配も漂い始めている。もしかしたら、奴が此処へ落とされたのかと考えた。帝の事だ、それくらいは平気でやる。

「おい、どうしたよ。先行くぞ?」

「あ、嗚呼。先行ってくれ」

スタンに急かされたが、先に行けと促す。
奴を放っておけない。進路を変更し、飛来した先へ向かう事にした。"奴の光線を受けたから分かる"。




その頃のラグナ。
迷子になっていたセリカと共に統制機構へ向かっていた。とはいえ目を離したらすぐに何処かへ行ってしまう為、しっかり手を繋いでいる。

「ったくよ…方向音痴それ、どうにかなんねぇのか…」

「って言われてもね…」

「…いや、知ってるからいい。"何処かで会った気がする"からよ。見捨てる気にもならねぇ…」

「…ラグナも?」

「なんとなくだけどな」

セリカは厳密に言えば今の世には存在しない。刻の幻影クロノファンタズマと呼ばれる存在だ。(この事を知っているのはココノエとレイチェル、ハクメンくらいしか居ない)ラグナが何故"何処かで会った気がする"と言ったのかは分からない。だが、この時のラグナの心には確かにセリカとの思い出があるのだ。

「それよりもだ。本当に大丈夫なんだろうな…?」

「うん、大丈夫だよ?」

「……ならいいんだけどよ」

ラグナが確認している事はまだ分からない。
だが、この先重要になる事なのは分かる。それをセリカが忘れていないか確認しているのだろう。




「帝も無茶するよな。まさか奴を使役するとは…」

帝の一連の行動を観察していたテルミ。
予想外の事をした事に驚きを隠せていないようだ。
帝が呼んだもの、それはノエルや悠人…次元境界接触用素体達には悪夢でしかない存在。
カグツチにて滅びの光線を放った存在と同一である。その名は、《アークエネミー・ハイランダー・タケミカヅチ》。事象兵器アークエネミーのオリジナルであり、人類が産んだ負の遺産。その強大な力故に宇宙へ衛星として封印されていたが、どういう訳か、帝が使役する権利を得て此処へ呼び寄せた。

「其奴を奴等に仕向けるんだろ?コントロールは大丈夫なんだろうな?」

「無論。余を舐めるでないぞ、テルミ」

「別に舐めてねぇっての。そこまでやるのかと気になっただけだ。てめぇがあいつらに《死》を与えるだけで終わるだろ?」

「普通ならそれで済む。だが、此度は《守護者》が居るであろう?根源と繋がっている彼奴は余と同じく事象干渉を行える。干渉されて死をゼロにされるのがオチだ」

「嗚呼、あの餓鬼か。流石《守護者》ってか?もはや化物だろ。俺様が言えた義理じゃねぇけどな」

帝がタケミカヅチを呼び寄せた理由。
守護者として帝に牙を剥いている悠人対策だった。事象干渉を行える悠人でさえ、タケミカヅチが来ないという事象に出来ないと踏んでの事。大規模な事象干渉をするのは一部を除いて不可能だ。帝ならともかく、根源と繋がっているがその力を少ししか扱えない悠人は無理だろうと考えているらしい。

「守護者を亡き者にすれば後はトントン拍子で進むであろう」

「……それもそうか」

決戦の時は、刻一刻と近づいていた…




……何処向かってるんだろう、コレ
収集がつかなくなってきた感じが否めないです、はい

なんとか書ききってみます…

「スターティング・ブルー〜蒼を宿す青年〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く