スターティング・ブルー〜蒼を宿す青年〜

Knight

二十五章 ─ 絶望の始まり ─

一月の終盤、それは起きた。
空が赤黒く染まり、嫌な予感が漂い始める。
その時思った。帝達が動いたと。滅日の前兆が世界に広がっていくのを肌で感じた。

「……行くか」

こうなっては安全な場所など存在しない。
《守護者》としての役目を果たすべく、元凶が居ると思われる統制機構イカルガ支部の頂上を目指して走る。後ろからついてくるのは、ノエルとセリカ、ミネルヴァの三人(ミネルヴァは機械だから人として数えていいのか分からないが)。俺が行くと言ったらついて行くと言い、引きそうにもなかった為渋々俺が折れた。頑固なのは誰に似たのか知りたい所でもある。

「(まぁ……いいか。負担はあの時より軽いし)」

セリカにはミネルヴァがついているから大丈夫だ。何せ博士が開発したものだ、戦闘力は高いんだろう。
ノエルは俺が守ればいいんだが、念の為模倣事象兵器「ホークトリガー」を渡しておいた。護身用はあった方がいい。ベルヴェルグは消滅してしまった為だ。

「間に合う筈だ…」

そう呟き、速度を上げた。




統制機構頂上。
そこに居るのは一人の男。見た目はラグナに酷似しているが、髪型や装備を見る限り、どうやら違う人物らしい。

「……面倒事だけは勘弁してくれよ」

何の因果か運命なのか、別の世界から呼ばれたらしい。これもアマテラスがやった事なのかは不明。だが、敵ではないようだ。

「さて、俺は誰の味方をすればいいのかなっと…」

そう呟きながら、頂上から飛び降りた。
自殺行為だと誰もが思うだろう。だが、コレが彼の日常だった。傷一つ負わずに着地した彼はそのまま地下へ向かう。まるで、窯の存在を知っているかのように。

「ま、適当でいいな。この世界を守るのは俺の役目じゃねぇし」




統制機構に辿り着いたと同時に誰かの気配を感じる。
よく目を凝らして見れば、白髪混じりの青年が地下へ向かう所を目撃した。今まで見た事が無い人物の為警戒はしておく。

「悠人?」

「……いや、何でもない。さっさと行こう」

「うん」

ノエルに急かされて突入する。
セリカはと言うと、方向音痴っぷりを発揮してはぐれていた。ミネルヴァがついているにも関わらず、だ。
道中でラグナに会い、共に向かったのは言うまでもない。




「さてと。そろそろ使うか…」

悠人達よりさきに着いた謎の青年。
静かに精神統一をすると、一気に解放する。己の内に潜む、力を自らの身体を介して外へ出す為に。
そして一言だけ言う。

「─────喰らえ」

それが鍵になっているのか、一瞬の内に青年は化物と化す。赤黒い狼、凶暴性を前面に出した狼がそこに居た。

「(さてと、呼ばれたからにゃ暴れさせてもらうぞ)」




「っ?!」

向かう途中で悍ましい気配を感じる。
ラグナの『ソウルイーター』とは又違う気配。破壊の為に存在するかのように漂うそれを感じた時、咄嗟にノエルを抱えてその場から跳んだ。次の瞬間、悠人達が居た地面が何かに喰われたように抉れ、物々しさを放つ。

「おいおい……洒落にならんぞ、コレは…」

「悠人…大丈夫、かな」

「嗚呼……ノエルは守るからよ」

「…ありがとう」

ひとまず抉れた地面の下、地下へと向かう。
それにはさっき出来た大穴に飛び込むのが手っ取り早い。意を決して飛び込み、地下へ。
軽く数百メートルあったが、そこは《守護者》の力を応用して衝撃を無くす。

「(嫌な予感バリバリなんだがな…やるしかねぇ!!)」

固く誓い、その先へ向かう。誰が待ち受けてもいいように。




「おっ、誰か来たな…」

こちらへ向かってくる気配を感じ、楽しみで仕方なかった。何せ俺だけが此処に呼ばれたからな。マトモに話せる奴がいいんだが……
そう思いながらやってくる人を視界に捉えた時、面食らった。男女二人組だったからだ。男の方は隠しきれていない猛者のオーラを出しているが、女の方は多少強いかなって感じるだけだ。

「っと…アンタ、誰?」

「名乗るのは己からって言うだろが」

「嗚呼そうだったな…んじゃ、名乗らせてもらう」

二人組の自己紹介を聞いた。男の方は桐生悠人、だがハルト=ヴァーミリオンとも名乗っていた。女の方はノエル=ヴァーミリオンというらしい。兄弟って訳じゃないとしたら、こいつ等は恋人同士って事か。

「ほれ、アンタの名前は?」

「そう急かすなっての。今名乗るからよ」

改めて名乗るとなると、少し照れくさい。
俺の名前を聞いた桐生悠人はなんとなく知っているかのように頷いていた。対するノエルはと言えば、意図的に目線を外してやがる。他人が怖いのか?

「スタン=C=アルデオ、ね。んで、その力。ドライブ能力とは又違うな。それは一体なんなんだ?少なくとも俺は見た事がない」

「嗚呼、この力か。正式名称は《喰らう者イーター》という。人は勿論、無機物ですらコイツの前では無意味だ」

「なるほどね…通りで異質な力の筈だ。世界を変えるどころか破壊する為にあるようなもんだしな…」

「生まれつきだから仕方ねぇよ、こればっかりは。制御出来てるのも努力したからだ」

「制御出来てるのか。なら安心だな。俺も似たような力を持ってるし、気が合うかもしれねぇな…」

俺の説明に対し、桐生悠人この男はやけに興味津々のようだ。それほど珍しいのか、この世界での能力持ちは。だったら、俺はこの二人と協力してやってもいいだろう。目的を果たせるようにサポートすりゃいい。

「なら、俺の力。お前らに貸す。その為にこの世界に呼ばれたのかもしれねぇしよ」

「あ、嗚呼。助かる…って、呼ばれた?!」

驚きを隠せないようだ。それもそうだ、俺ですら信じられない。だが、コレも運命という奴だろうな。




謎の青年の正体が分かったところで、改めて帝の元へと向かう。道中ノエルに小突かれてばかりだったが。

「なんで宣言しちゃうのかな…恥ずかしいよ、私…」

「別にいいだろ…?」

「良くない…」

「あー……悪ぃ」

はたから見たら痴話喧嘩に見えるが、なんとか辿り着いた。立ち止まった正面を見据える。
目の前に居るのは一人の男。金髪にマント姿と言えばあいつしか居ない。

「レリウス…!!」

「来たか。蒼の守護者、ハルトよ」

「嗚呼、望み通り来てやった。ぶっ飛ばすから覚悟しやがれ」

「ふっ、やってみろ」

俺は漆黒の大剣を、ノエルは俺お手製の銃を、スタンはと言うと…素手だった。まぁ、あの力があるから大丈夫だろう。余りにも強すぎる力だが。

「んじゃ、先手はいただくぜ」

先に動いたのはスタン。素手だったのがいつの間にか獣の形になっており、レリウスが召喚した機械式の腕を容易く噛み砕く。そのまま左手で殴り飛ばしていた。その隙を使い、複製した大剣をレリウスの周りに展開し、一斉に放つ。スタンはその内の一振りを掴み、特攻していった。乱打に蹴りと、荒々しい。一方ノエルは波動兵器デトネーター・イグニスと一騎打ちだ。

「無茶苦茶すぎんだろ?!」

「俺の世界じゃこういうのは当たり前なんだよ」

「そ、そうか」

異世界に行ってみたいという気持ちはあるが、スタンの世界には行きたくないと肌で感じた。




「始まったか。闘いが」

上空に漂う一人の少女。この少女こそ統制機構のトップである帝だ。だが、この帝こそが元凶である。
果たして、悠人達は世界を守れるだろうか?




二十五章…結構書いてたんですね(真顔)
今回は私が書き進めているもう一つの小説「starting shift」の主人公も出しました。この闘い限定ですが。

では又お会いできたら嬉しいです
(感想お待ちしております)

「スターティング・ブルー〜蒼を宿す青年〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く