スターティング・ブルー〜蒼を宿す青年〜

Knight

十一章 ─ 化物 ─

指定された場所はそう遠くなかった。
イカルガにはこういう場所もあるのか、と感心していると、この場を設けた本人に声をかけられた。

「ちっと遅かったか?」

「まぁ、はい。準備に少々時間を」

「……そういえば得物が増えたな」

「はい。即席なんで業物じゃないですけど」

「…ふむ」

どうやら得物が被ったらしい。カグラも大剣が主武装みたいだ。まぁ、俺は細剣レイピアも使う臨機応変型の二刀流だが。それよりも、短時間でここまでの物を作った事に多少驚きを隠せていないようだ。

「ならいい。早速やろうか、リツカちゃん」

「えぇ。手加減する必要は無いですから」

「俺は女性を傷つける趣味はねぇよ」

女性の"フリ"も大分慣れてきた。これもフィオが居るおかげなのかは分からない。兎に角一試合する事にした。目的がなんなのかはその時分かるだろう。大剣を手にし、臨戦態勢をとる。カグラも同じように臨戦態勢に入った。

「…じゃあ、行きます」

「よしこい!」

一瞬の内に刃が交わる。何度か鍔迫り合いをし、距離をとったと見せかせて突進。流石に読まれたのか、カウンターの蹴りが飛んできた。すぐさま大剣の腹で受け止め、逆手に持った細剣で切りつける。それを防がれ、今度は拳。それを右腕で防ぐ。痺れたが折れてはいない。左でアッパーを繰り出し、距離を取らせる。その隙に思考をフィオに譲り、後は好きにやらせる事にした。フィオの戦いぶりは俺がよく知っている。無駄や隙があったらサポートに回り、隙のない展開を見せた。




「(女だと思って見くびってたな…紛れもなく場慣れしている奴の動きだ、こりゃ)」

リツカの動きを完全に把握した訳では無いが、ものの数分戦っただけで手馴れてると分かった。まるで先読みしているかの如く攻撃は防がれ、死角から追撃が来る。とても隻眼とは思えない。

「へっ…燃えてきた!!」

柄にも無いと我ながら思う。普通はこんな事無い為、血が昂るのは久しく忘れていた。だが、リツカと戦ってからはどうだ。忘れていた熱が再発するかのように身体が熱を持っている。俺もまだまだ捨てたもんじゃ無いのが改めて分かった。それだけでも収穫だろう。だが…

「(これだけ暴れているのにも関わらず"奴"は出てこない、か。次はどーすっか…)」

実を言えば今回リツカと戦っているのは奴を引きずり出す為だ。奴は戦いの匂い(あるかどうか分からないが奴は嗅ぎとる事が出来るらしい)を感知したらすぐに来る。例え小規模でもだ。戦いある所奴ありと考えていいだろう。

「よーしリツカちゃん。『アレ』、使えるか?」

「アレ、と言えば…アレですね?」

「そそ。理解が早くて助かるわ。なら、ここからは"本気"って事で…行くぞっ!!」

「……っ!!」

急加速した俺を見てリツカが怯んだ隙をつき、怒涛のラッシュを加える。このまま押し切れるかと思った矢先、リツカの様子が一変した。綺麗な金髪は白髪に変わり、さっきまで隻眼だったが今は両目が開いている。色は、鮮血を思い出させる深紅。どうやらこれがリツカの"本気"らしい。

「……出来れば使いたくないんだよ、コレ。まだ制御出来た試しがねぇ」

「……なんか口調変わったな?リツカちゃん」

「気の所為だ。元々男口調だし、何も変わらないだろ?」

「いや、さっきまで違かったが…」

気にしてもキリがない。とりあえず本気のリツカと戦えば奴が来ると信じる他ない。そのために回りくどい頼み事をしたんだから、成果ゼロだと笑えない。

「んじゃ、やるか」

そう言ったリツカの表情は、笑っていた。




「(ちょっと、私に男口調させないでください)」

「(しゃあないだろ、アレを使うとどうしても俺が出ちゃうんだよ)」

「(まぁ、この身体は元々貴方の物ですし。そこは大目に見ましょうか)」

「(上から目線腹立つわ…)」

脳内会話を済ませ、 自動的に俺に切り替わった所で再開。『ソウルイーター』をガンガン使い、逃げ場を無くしていく。触れたら最後、体力を奪う。それは幾度もなく確認してきたから間違いない。あまり頼りたくはないが、本気で来いと言ったのはカグラだ。

「第五式拘束機関開放…」

死神の蒼の魔道書ブレイブルーの劣化版なのかどうかは分からない。だが、このコードは自然と口にしていた。身体の底から蒼の力が溢れて来る。解き放つ時、一部を二つの武器に集約した。

「「藍の魔道書ブレイブルー起動!!」」

叫ぶ時、フィオも一緒だった。二人を一つにし、完全な状態にする。それが俺の蒼らしい。実際、身体は軽くて素早く動ける。髪色も澄んだ空色に変わった。重い枷を解き放った感覚が気持ちいい。

「おぉう…なんか凄いな」

「さぁ…行くぞ」

呟き、構えた時だ。壁が破壊され、誰かが転がり込む。白髪に赤いコート、なんか猫っぽい少女。白髪の方はラグナと分かったが、猫っぽい少女は何者なんだろう。と、そんな事を考えている暇はなく、二人を吹っ飛ばした張本人がやってきた。

「…やっとおいでなすったか」

カグラがボソリと呟く。そいつを見るなり、目を疑った。第七機関が厳重に封印していた人物。イカルガ大戦に投入されたが敵味方関係なく襲い、死者大多数を出した、殺戮者ジェノサイダー。アズラエル本人だった。

「……ノエル!!」

「…ふぇ?」

素っ頓狂な声を出すノエル。アズラエルの拳がノエルを襲う。当たったらひとたまりもない。牽制も兼ねて即席の大剣を投げる。一瞬だが俺に注目した隙をつき、ノエルを庇う。その瞬間に俺が吹っ飛ばされる。どうやら標的にしたらしく、アズラエルが来る。

「リツカ!?」

「早く逃げろ…不味い、此奴は!!」

「ほう…カグツチはおろか、世界を救った英雄様じゃないか。これはいい獲物に出会った…!」

「ちっ、既にバレてるのかよ?!」

その後も奴の注意を引きつつノエルから遠ざける。此奴は戦闘狂、戦いを自分の狩場と思っている奴だ。そんな奴にノエルを殺させる訳にはいかないし、やらせはしない。だから、俺がやる。




「(又。又守られた…)」

私だって戦えるのに。確かにあの人は危険だけど、それよりも悠人が過保護過ぎる。まるで私の手を汚さないかのように戦いから遠ざけてる。その代わり、私が背負うべきだった傷を悠人が背負っている。このまま何も出来ないのか。そう思った時、胸がチクリと痛んだ。なんだろうと思ったけど気にしないでおく。どうせ気の所為だろうと踏んでいたからだ。

「(私にだって、あるのに…"蒼"が…)」

そう思った時、『魔銃・ベルヴェルグ』が呼応し始めた。何事かと思った矢先、一種の固有結界を私を中心に張ってしまう。勿論出れなくなった訳だが、ベルヴェルグにはなにかあるんだろうと考え、そのまま待機する。悠人が戦いを終えたら…




「フハハハ!!楽しいではないか!」

「俺はちっとも楽しくねぇよ!!」

カグラやラグナ達そっちのけで俺と殺り合うアズラエル。此奴の怖い所は術式を使わなくても強い、という所だ。武器は無く、己の肉体のみ。術式を使わない為、障壁は役に立たない。張ってもすぐ破壊される。ダイヤより硬い術式障壁を素手で破壊する辺り、化物と実感させられる。

「の野郎っ!!」

ラグナが加勢に入った。が、それでも依然として劣勢のままだ。一対二でも駄目なのか。

「ならコレだ!!」

『ソウルイーター』を纏わせた大剣の一撃。それは巨大な獣になり、アズラエルを喰らう。やったと思った矢先、すぐ打ち破られた。コレでも駄目か。

どうしようか悩んだ時、一陣の風が吹いた。
起こした発端は…ノエル。何が起きてるのか分からずにいたらそのスピードで撹乱し始めた。

「何が起きてる…?」

その答えを見つけるのは、今後になりそうだ。




はい。十一章をお送りしました。

ではまた次も宜しくお願いします((。´・ω・)。´_ _))ペコリ

「スターティング・ブルー〜蒼を宿す青年〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く