スターティング・ブルー〜蒼を宿す青年〜

Knight

九章 ─ 自らの罪 ─

イカルガ滞在二日目。俺は新聞に紛れていた手配書を見た途端、固まった。人相書きはデフォルメされているが、確実に特徴を捉えている。忘れもしないあの日の出来事がフラッシュバックしてくる。途端に吐き気を感じ、すぐに吐いた。それほど、トラウマになっている。心配したノエルが顔を覗きに来た。

「大丈夫、なの…?ハルト…」

「……無理。もう無理」

真っ青な顔を見て、流石に驚いたんだろう。何か買って来るとだけ言い残し、慌てて外へ出たノエル。その後に気づいた。今外に出たら不味い事を。だが、もう後の祭りだ。吐き気を堪え乍、彼女の後を追った。




何を見たらあんな感じになるんだろう。もしかして、偶然目にしたのかな…ハルトの、トラウマになったもの。じゃなかったらあんなにならない筈…

「心配だな…」

ぼそっと呟き、何がいいのか探す。彼の好物とかは全て把握しているつもりだ。暫く歩いていたが、ふと異変に気づく。まだ日は上っているのに人が少ない。というより、減っているのが正しいかもしれない。

「おかしいな……?」

首を傾げつつ、辺りを見回す。その時だ、私が何かに捕らわれたのは。蠢く何かに捕らわれた私は抵抗する暇も無く意識を失った…




「……っ!!やられた…!!」

ついさっき見た黒い何か。人相書きにあった特徴そのままだったそれがノエルを取り込み、何処かへ連れ去るのを。吐き気が治まらない身体を怨み、怒りをぶつけるように壁を殴る。ヒビが入ったがそれどころじゃない。一刻も早く探さないとノエルの命が危うい。走って探していたら、見馴れた人物に出会う。白髪に赤いコート、死神ラグナだ。

「……あ?誰だ?」

「俺だ、悠人だ」

「…………………………悠人ぉ?!」

髪型が違うだけであんなに笑う事は無いだろう。まぁ、仕方ないけど。あの時と色々変わった俺を見たラグナがいつまでも笑う為、手刀を喰らわした。静かになった所で本題を言う。

「…で、用件はなんだよ。ハルt…リツカ」

「ノエルが攫われた。探すのを手伝って欲しい」

「何してんだ、お前」

「予想外だったんだよ。此処に奴が居たのは…おかげでグロッキーだ…」

「奴ってなんだよ、奴って」

「……アラクネ。当時の名はロット=カーマイン。俺の同僚だった男だ」




いつの間にか、意識を失っていた。
身体は…動く。通信機は……壊れてた。これじゃあ、悠人に連絡出来ない。そもそも、目の前に居るのは指名手配犯のアラクネ…銃はあるから反撃出来る。今攻撃しても正当防衛な筈、多分。

「キヒヒッ 蒼 我のも 」

何を言っているのか全然分からない。攫ったから自分のものとでも言いたいのか。そんな都合の良い話は無いし、なりたくもない。

「(襲いかかったらフェンリルで蜂の巣に…)」

なんて事を考えてた時。待ってましたと言わんばかりに襲いかかって来た。咄嗟に銃を構え、撃とうとしたが、いつまで経っても来ない。良く見ると、薄いバリア状のようなものが私を守るように展開していた。そして辺りに響く聞き慣れた声。紛れもなく、彼だった。

「ったく…俺の彼女を連れ去った罪。その身で償え」

……あれ。今なんて言ったのかな、悠人。彼女って言ったのかな。聞き間違い?なら仕方ないよね。うんうん。仕方ない…って、何カミングアウトしてるの?!




「(……最っ悪だ)」

口が滑った。ここは『無事か!!』とかノエルの安否を心配する台詞を言う場面だったのに堂々と遠回しに彼氏宣言してどうするんだ。相手は誘拐した張本人(多分言葉は通じない)だし、それにラグナが居る時に。ラグナが『え、何。お前らそんな関係?後で教えろ』みたいな顔で俺を見てるし……

「……とりあえず、ノエルを頼む」

鬱憤を晴らすかのようにアラクネに突進していった
。あーもう、どうにでもなれ。過去は変えられない。だったら堂々としていればいいだけだ。




目が点になった。悠人がそんな事を言う奴なんて誰が想像しただろう。もっとこう…『俺は天才ですけど何か?』的なオーラを出していると思っていた。まぁ、実際は全然違うんだけど。兎に角悠人に頼まれた通りノエルを助けに向かう。距離はそれほど遠くない。アラクネとか言う奴は悠人に任せる。ノエルの側に寄り添ってやり、傷が無いか確かめた。無い事にホッとする。

「(しっかし、悠人とノエルは双子かっつーくらいそっくりだよな。悠人は右眼が潰れているからすぐ分かるが、遠くから見たら分からないかもな…)」

なんて今更な事を考えつつ、悠人とアラクネの戦いを見やる。戦況は片眼が無い悠人が優勢、大剣じゃなく細剣レイピアを使っているからか、普段より素早い。当然だと思う。悠人が使っていた大剣は斬るというより『叩き壊す』という表現が似合う。昔存在した斬馬刀に近いものと考えればいい。当然、重さはそれなりにある。例え男でも片手で振り回すのは至難の業だ。

「……にしても。アラクネをどうする気なんだ?悠人は…」

そんな事を呟き、俺とノエルは呆然と眺めるしかなかった。




悠人があんなに怒っている。それと同時に悲しんでいるようにも見えた。何故そう見えたのかは謎だけど、感情を剥き出しにする悠人を見るのは多分二回目だ。初めて見たのは、カグツチの戦いの最中だと思う。
でも、なんでそこまでやるのかが気になる。多分私が攫われた事も原因の一つだと思う。だけど、それだけじゃない気がした。

「(後で聞いてみよう…多分、話したくない事なのかもしれないけど、ちゃんと)」

そうこうしている内に、静寂が訪れた。




なんとか終わった。
アラクネは今、流動体に対して絶大な捕縛能力を発揮する入れ物(組立式でかなりの大きさ)に入れてある。傍から見たらホムンクルスに見えるだろう。

「……まずは、謝らないとな」

俺が興味本意で"蒼"を研究しなければ、こんな事にならなかった筈だ。今になって博士が口煩く言ってきた『お前に蒼はまだ早い』という言葉がのしかかってくる。確かにその通りだ。あの頃の俺は『天才研究員』と皆に言われ、有頂天になっていた。だから、こんな悲劇を招いた。最初は青く澄んだ右眼の瞳だったがアラクネの攻撃を受け、どす黒くなってしまった。そして今は瞼が固く降ろされている。因果報応、って奴なのだろう。自分に自惚れる奴はそれ相応の報いを受けるって事かもしれない。

「……よし」

ひとしきり謝罪を述べた。目の前の彼がその言葉をちゃんと理解しているのかは分からないが、攻撃する素振りは見せなかった。目的は果たせた為、自由にしてやる。咎追いを辞めた俺が指名手配犯をどうしようが知ったことじゃない。

「……無事でよかった、ノエル。ラグナも、ありがとな」

「う、うん…」

「……嗚呼」

「よっし、今日は好きなもん食べよう。代金は心配しなくていいからな!!」

「「賛成!」」

辛気臭い雰囲気を忘れようと、三人で夕食を摂った。だけど、俺の心には今でも棘が刺さったままだ。どんなに時が流れようとも、悲劇を招いた事はいつまでも本人の心に何らかの形で残るものだ。だからこそ、俺はやり遂げなければならない。アラクネ…ロット=カーマインを必ず元の姿に戻し、又ふざけあえるように。あの日の光景を第七機関に戻す。その為なら悪魔に魂を売り払ってもいいと考えていた。




その日の深夜。ノエルと悠人が泊まっている宿の前を通りかかる人影があった。髪は多少ボサボサしているが男らしさがある。服装はワイルドといっていいだろう。胸元の筋肉は見事に割れていて、背中でなびくのは上着(を改造したマントっぽい)。イカルガ支部で最高権力者、十二宗家"ムツキ家現当主"。カグラ=ムツキ本人だった。彼が何故この時間帯に外を歩いているのか、そしてノエルによって女装を強引にされ、逃げる為に窓に近寄った悠人を目にしたのも偶然に入るのか。それは分からないが、この一瞬の邂逅で悠人の所に厄介事が転がり込む事になったのはまだ先の話。

「ちょっ……ノエル、待てって…?!」

「待たない…!」

「うそーん……」

そして、悠人の惚けた声と叫び声が同時に空へこだまする。三日目の朝を迎えようとしていた─


 

はい。九章でした。
過去と再会するのは嫌なものです。それに自分が関わっているなら尚更。私もそういう事があるので…

次はどうなるでしょう?ではまた((。´・ω・)。´_ _))ペコリ
(感想、フォローやいいね!いつでもお待ちしております)

「スターティング・ブルー〜蒼を宿す青年〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く