スターティング・ブルー〜蒼を宿す青年〜

Knight

五章 ─ 災厄復活 ─

「此処は……アイツの所じゃねぇか」

悠人の助力もあり、無事に地下奥深くに辿り着いた俺は、不意に薔薇の匂いを嗅いだ。不思議に思って、気づいたら此処に飛ばされていた。俺にとって馴染みたくない、それでいて一秒でも早く立ち去りたい場所。そして、そんな人の都合なんぞどこ吹く風で此処に呼ぶ奴は人生の中で一人しか知らない。

「あら、ラグナ。何しにここへ?」

「てめぇが呼んだんだろが、ウサギ」

俺がウサギと呼んだ人物。コスプレかなんかと勘違いするくらいゴスロリでフリル多めな服を身にまとい、ツインテールにまとめた金髪。髪をまとめている黒いリボンは兎の耳みたく天を向いている。ご丁寧に片方は軽く折れている。そして手に持つ傘は彼女の使い魔が変化していて、周りを丸々と太った赤いコウモリが飛んでいる。

「あら、そうだったかしら?」

「チッ…いっつもそれだな。とりあえず帰せ。やる事はまだ終わってねぇ」

「せっかちは嫌われるわよ、駄犬」

「誰     が     犬     だ     ゴ     ラ     ァ     !!」

「ほら、そうやってすぐ吠える。だから貴方は犬なのよ、犬」

「……へいへい、そーですか。腹立つな…」

ウサギ…レイチェル=アルカードは人を怒らせる天才だ。いっつも自分の都合で此処に呼んではすぐに人を煽る。まぁ、それにすぐノせられる俺も俺だが…

「…で、なんかあるから呼んだんだろ」

「えぇ、そうよ。彼、『桐生悠人』の正体。知りたくはなくて?」

「…嗚呼。知りたくないと言ったら嘘になる」

桐生悠人。面倒いからハルトと呼んでいた。俺が知っているのは元第七機関の天才研究員(うぜぇくらいそこを強調してた)で今はそこを抜け出した身だという事だけ。それ以外は何も聞いていない。例えば、奴の生まれた地とかな。

「彼の素性、教えてあげてもいいわよ?」

「どーせ教えねぇ癖になーにもったいぶってんだか……」

「まぁいいわ。そのまま聞きなさい。桐生悠人。彼は人間じゃないわ。人間そっくりに造られた人形。そうね……こう呼んだ方がいいかしら?"次元接触用素体No.15"、又の名をオミクロン=フィフティーン。それが桐生悠人の正体よ」

「……はぁ?!悠人が、素体だと…っ?!」

それを聞いた俺は立ち尽くす。聞かない方がよかったのかもしれないという後悔の念が身体を駆け巡る。俺はνニューを含めた素体達を精錬前に"壊してきた"。悠人が素体なら、何れ壊さなければならない。あの悠人を、だ。
信じられない、と言わんばかりに事実を否定しようとする。だが、ウサギが見せてきた映像を見た時に分かってしまった。俺が幾度となく戦ってきたニューと戦っているのは姿こそニューと酷似しているが、紛れも無く、桐生悠人本人だった。

────────────────────────

「無駄。無意味。」

「そこ。喰らえ。」

機械的な言葉と共に戦闘を繰り広げる二人。身体のあちこちから血は吹き出し、武器を振るう手の速度も落ちつつある。だが、ネジが外れた玩具の如く、二人を動かす"何か"が切れるまで二人は戦い続けるだろう。そんな中、『桐生悠人』は勝手に動く自分の身体の内で色々考えていた。

「(何がどーなっている…?俺は、俺だろ?桐生悠人だろ?なのに、なんだよ…No.15とか、次元接触用素体だとか。そんなのは俺じゃないっ!!)」

あれこれ思考を巡らせるも、肝心の身体は"正体不明の何か"に支配権を握られたままだ。まず身体を取り返さないと何も始まらない。例え天才と呼ばれる頭脳を持つ彼であってもこればかりはどうしようも無かった。そんな中、彼の視界が誰かの姿を捉えた。

「(あれは……)」

青い帽子…は何処かに落としたのか、頭には乗っかっていなかった。代わりに見えたのは背中まで隠れる長い金髪。何時も羽織っていた身体を隠すマントはこれまた何処かに脱ぎ捨てたらしく、彼女のボディラインがはっきりと分かる。胸は……ぺったんだった。でも、それだけ見ればもう分かる。"前回"あの白い侍から身を挺して俺を庇ってくれた彼女、ノエル=ヴァーミリオン本人だ。

「(ノエル…?!馬鹿、こっちに来るんじゃねぇ!!)」

必死に呼びかけるも、身体を乗っ取られた今では口を開く事すら出来ない。それでも俺は必死に呼びかける。この声が届くと信じて。

────────────────────────

最初に二人の戦う姿を見た時、怖いと感じた。喜怒哀楽といった人の感情がまるで感じなく、命令に従って動く兵器のように機械的な戦い。凄く怖いけど、何処か悲しそうに見えた。

「……ハルトッ!!」

私は目一杯大きな声で黒い方、おそらく桐生悠人だと思う方に向かって呼びかける。喉が枯れるまで何度も何度も。

「邪魔と見られる対象、認識。排除に移る」

白い兵器の少女が私に向かって突進してくる。けど、寸前で動きを止めた。否、"止められた"。止めたのは勿論黒い兵器の少女(にしか見えなかった)、悠人。私の声が届いた。ホッとし、その場に座り込んでしまう。そんな私を守るように立ちはだかった悠人。それだけでも凄く安心する。

「……ったく、無茶ばかりしてくれるよ、ノエル」

「ハルト…ごめんなさい」

「んにゃ、俺も礼を言わないとな。助かった。さんきゅ」

────────────────────────

ノエルの必死の呼びかけのおかげなのかどうか分からない。だが、『俺』という意思を押さえ込んでいた"何か"から、自分の身体の支配権を奪い返せた。今の俺は『私』や『次元接触用素体』だとかじゃない。桐生悠人だ。それは断言出来る。

「対象、エラー。エラーは排除。」

「…っせぇんだよ!!」

眼前で剣を振り上げる少女の腹に渾身のパンチをねじ込む。それだけで数メートルは吹き飛んだ。壁にぶち当たり、瓦礫が第二波として少女を襲う。が、何事も無いように立ち上がる少女。

「対象、蒼。蒼。違う、対象…不明、不明、不明」

何故だか分からないが、俺を見て困惑しているように見えた。途端、少女を黒い獣を模した衝撃波が襲う。遠くを見やると、あの赤いコートが目に入る。間違いない、ラグナだ。

「よう、悠人。なんか変わったな?」

「……何処まで行ってたんだよ。おかげで大変だったっつーの」

「悪ぃ、空気の読めねぇ知り合いにとっ捕まってよ。だから、ここからは俺に任せろ」

「元からそのつもりだよ、全く…」

幾らパワーアップしても俺だと決定打を与える事が出来ない。それは分かっていた。だから、ラグナに任せる。この男なら必ず倒せる。そう確信していた。その後は……

────────────────────────

「ヒャーハハハァ!!こいつは驚いた!まさかてめぇがその力に目覚めるとはなぁ?!なぁ、アマテラスよ!これはてめぇも予測出来たのかぁ?」

又も傍観していた緑髪の男。覚醒した悠人を見て大いに興奮している。コレで駒は揃った、とでも言いたげに高笑いを続ける。その隣では仮面を付けた男と全身をローブで隠し、顔も大きな帽子で隠している人。残念ながら性別は分からないが、特徴的な帽子で分かる人は分かるだろう。

「……テルミ。第十二素体はどうするつもりだ?」

「あぁ?んなの決まってるだろ。No.15の傍に置いときゃ何れ覚醒するだろうよ。"眼"の力になぁ?そうすりゃ、俺様完全復活よ!その為には観測て貰わなきゃ駄目だが…まぁ、なんとかなるだろ」

テルミと呼ばれた男。その男は獲物を狙う蛇が如く、悠人とノエルを狙っていた。

────────────────────────

あの後、ラグナに戦闘を任せた俺は時々飛んで来る瓦礫がノエルに当たらないように守っていた。

「……ハルト」

「ん、どした?」

「私、貴方が戻ってきてくれて…凄くホッとしてるの」

「……そうか。それだけでも戻った事には感謝しねぇとな」

突如使えるようになったこの力は暴走する危険性もある。先の俺がそうだったように。だから、ひと段落ついたらこの力、制御する必要があるだろう。おそらく、頼らざるを得ない時がくる。その時、ラグナの動きが止まった。胸には巨大な剣が突き刺さっており、ラグナとあの少女を縫い止めている。

「がっ…て、てめぇ…」

「さぁラグナ、一つになろ…?」

二人はそのまま、後ろにある"門"に落ちていく。一瞬だけ反応が遅れたが、救出するべく駆け寄った。すぐさま追うように飛び込む。そして、ラグナの片手をしっかりと握った。

「ハルト?!この馬鹿が!!」

「馬鹿って言われても身体が勝手に動いたんだよ!!」

「ど、どうでもいいから早く…してください…」

「わ、悪ぃノエル。上げてくれ…」

二人分の体重を支えてくれたノエルには感謝し、ラグナを救出する事に成功した。あの少女は……今頃影も形も無いだろう。出来れば助けたかったが、隙あらばラグナを殺そうとする奴だ。この判断は正しかった、そう思いたい。三人がひと段落している時だ、誰かの声が辺りに響く。

「コレだ…この時を待っていたんだよ俺様はよぉ!!おいノエル=ヴァーミリオン!!桐生悠人!!俺を見ろぉ!!」

「え…?「馬鹿、奴を見るな…って、遅かったか…っ!」貴方、誰…?」

突如現れた緑髪の男。ノエルと俺がよく観測てしまったから見えてしまう。男の後ろに霊体で漂う"もう一人"の姿があった。それは段々重なり合い、一つになった。いや、"定着"させてしまった。狡猾な蛇を。この世に悪夢をもたらすであろう最悪な人物を。

「キタキタキタキター!!俺様大ふっかぁつ!!いやー、感謝してもしきれねぇよ、お二人さん?ヒャハハハ!!」

その男の名はテルミ。嘗て黒き獣を葬った六英雄の一人。だが、目の前の男はとても六英雄とは呼べなかった。例えるなら、歩く災厄。そう例える他無かった。

「テェルゥミィィィィィィィィ!!」

突如ラグナが吠える。大剣を手に取りテルミへ襲いかかるが、テルミはあっさり避けた。その後も何度も切りつけるラグナだったが、テルミは全て躱す。傍から見た限りだと、大人と子供の喧嘩だ。それだけ実力に差がある。

「おいおいなんだよ危ねぇじゃーん?」

「てめぇは、殺す!!」

「やってみろや。子犬ちゃーん?ヒャハハ!!」

「テルミィィィィィ!!」

テルミの安い挑発にまんまと乗せられたラグナ。頭に血が上り、再び切りかかろうとした時だ。突然地面が揺れ、辺りが崩れる。

「チッ、もう時間切れかよ。早くね?」

「時間切れ…?まさか…っ!!」

「そう、そのまさかだよ悠人くぅーん?間もなく"アレ"が此処に、ドーンだ…!」

「ちぃっ!!」

俺はすぐさまノエルとラグナを抱えて天井を突き破る。二人を地面に降ろし、又上空へ飛ぶ。

「…やっぱりな。てめぇだったか、"タケミカヅチ"」

眼前に広がるは巨大な光の塊。世界を焼き尽くす光だった。そしてその光を放った漆黒の巨人。巨人の方は後回しにし、今は光をなんとかしないとこの世界は焼き尽くされ、"又"ループしてしまう。

「…んの野郎がぁぁぁっ!!」

今まさに降ってくる光を両手で受け止め、なんとか軌道を逸らそうと奮闘する。が、流石に無茶し過ぎたらしく、身体が焼けるように痛い。が、四の五の言ってられる状況じゃない。

「俺は、死んだっていい…!今は、この世界を…守るべきだ…っ!!」

渾身の力を加え、あの巨人が放った光と応戦する。痛みが酷くなり、視界が霞んでくる。もう死ぬのかと思ったその時だった。透き通るような少女の声が耳に入る。それと同時に黄色の紋章が俺の中へ入っていった。傷が塞がり、焼けるような痛みが和らぐ。あの時聞こえた声はこうだ。

『ツクヨミユニット。彼を護りなさい。彼に死なれたら困るのは私達だから』

誰かは分からない。だが、こんな俺に世界の命運を託してくれた。此処で負けて世界消滅、なんて事は許されない。だから、どんなに痛くても最後の最後まで頑張った。だが、俺にその後の記憶は無い…

────────────────────────

「全く…無茶するんだから。それは誰かさんと一緒ね?」

カグツチ上空で彼の雄姿を見たレイチェル。あの攻撃を防ぐどころか再び宇宙に向けて逸らした人物、悠人はレイチェルの腕に抱きとめられていた。全身に付けていたパーツはどれもボロボロで修復は不可能だろう。肝心の彼自身は全身に火傷を負っているものの、息はかろうじてある為、生きている。

「……生きなさいよ、悠人。死ぬのは許さないから」

レイチェルは、意識が無い悠人にそう呟いた。

────────────────────────

暫くして、カグツチの表通り。そこに居たのはノエルと未だ意識が戻らない悠人の二人。あの後レイチェルは悠人の身柄をノエルに預け、「第七機関に行きなさい」と付け足して帰った。

「(大丈夫、だよね…ハルト)」

これ迄ノエルを助け続けた悠人がこんな所で命を落とす訳が無い。レイチェルも「息はあるから」と言っていた。だけど、意識が戻らない限りはお礼すら言えない。

「……行こう。第七機関に」

そう決意し、ノエルは悠人を連れてカグツチを出る。あの帽子はもう被っていなかった。




この時、初めて世界は未来に向かって進み始めた。こればかりはこの歪んだ世界を見守る神、マスターユニットでさえ予測出来なかっただろう。だが、忘れている事がある。コレはまだ始まりに過ぎないという事を──




という訳で第五章、終わりです。
こればかりは長く書かないとなって思ってましたので凄く長くなってしまいました。
さて、次は悠人が意識を取り戻す迄ノエル目線で進むかと思います。勿論ラグナ達も出るので。

では次の章でお会いしましょう…
(コレを読んだ感想、お待ちしております)

「スターティング・ブルー〜蒼を宿す青年〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く