スターティング・ブルー〜蒼を宿す青年〜

Knight

四章 ─ 明かされる正体 ─

それから数時間後。なんとか死神と接触出来た俺は目的が同じだという事を伝える事に成功する。死神、ラグナは驚きを隠せない表情だったが、すぐ納得してくれた。物分りは良い方らしい。

「俺は先に彼処へ向かう。死神…ラグナはどうする?」

「二人同時に行っても仕方ねぇだろ。俺は悠人の後から行く。それでいいか?」

「嗚呼、分かった」

ラグナと一旦別れ、統制機構の地下へ向かう。今の時間帯なら誰にも見つからずに行ける筈だ。

「……よっし。やるか!!」

走る速度を上げ、統制機構に突っ込んだ。まさにダイナミック侵入。我ながら何やってんだと問いたい。時間が無いから仕方なくとった行動だったが、流石にコレは無いなと罪悪感に襲われた。とりあえず目的地に直行する。

────────────────────────

「……何やってんだ、彼奴は」

悠人の後ろ姿を遠目で眺めていた俺は、呆れる他無かった。悠人がとった行動、走ったまま扉にドーンと体当たり。時間が無いとは言っていたが、アレを見てしまうと本当に天才研究員なのかと疑ってしまう。

「……まぁいいか。図書館の奴等も、何故か出てこねぇし。好都合だ」

普通ならあの位派手にやったら何人か出てくる筈だ。だが、一人も出てこない。何かの罠なんじゃねぇかと疑ってはいるが、来ないのなら来てくださいと言ってるようなものだ。お望みどおり、俺も侵入した。

────────────────────────

入って早々違和感満載だった。予想通りと言ってはなんだが、閑古鳥が鳴いている。統制機構の内部で何かがあったのか、それもついでに解決する必要があるようだ。

「……さてと。そろそろ顔を出してくれないか?なぁ、"キサラギ少佐"殿?」

虚空に向けた一言。こんなんで顔を出すのかと思っていたが、意外とあっさり顔を出した。金髪で緑眼、師団長クラスが着る如何にも偉そうな服。手に持つ武器は刀とみて間違いないだろう。

「……貴様。何の真似だ?」

「何の真似と言われても、企業秘密としか言えないね。それより、気になるのは衛士が一人も居ないって事だ。少佐殿は何かご存知で?」

「これについては統制機構の問題だ。貴様みたいな第七機関の狗に、教える筋合いは無い」

流石師団長クラスに昇進しただけはある。少ししか会話していないのに、俺が第七機関とパイプがあるとすぐ分かったらしい。

「おや、コレは心外だ。俺はとっくに第七機関を抜け出した身。今は只の咎追いだよ、少佐殿」

「……なら、その隠しているものを見せろ。どうせイカれた科学者と通信する為の機械を持っているんだろう?」

そこまで見抜かれているか。なら仕方ない。正直相手にするのは時間が惜しい所だ、速攻でねじ伏せるのが手っ取り早いだろう。後からラグナ、それに彼女も来る筈だからな。俺はすぐに臨戦態勢に入った。それを見た少佐は顔を歪ませ、不気味な笑みを浮かべる。

「いいだろう。僕に喧嘩を売った事、後悔するがいい!!」

「いや、後悔はしないさ。折角の師団長との手合わせだ、楽しみで仕方ないんだよ!!」

俺の何処にこんな感情があったのだろうか。まるで狂気に取り憑かれたように笑い続け、少佐と刃を交えた。

────────────────────────

俺が侵入した時だ。聞きなれた、それでいて腸が煮えくり返る声が聞こえてきた。

「ジン、か…?」

間違いない。この声はジンのものだ。そして、もう一人は悠人だ。コレは間違える事は無い。さっきまで聞いていたから印象に残っている。だが、二人の声は笑っている。何かに取り憑かれたように。

「(おいおい…どーなってやがる?まぁいい、悠人がジンの野郎を引き付けている隙に地下へ向かわせて貰うか)」

実を言うと、コレも作戦の内だ。悠人が先行、衛士が居れば引き付ける。そうして出来た隙を狙い、俺は地下へ向かうという事だ。悠人が相手にしているのがジンなのは驚いたが、元研究員の悠人があそこまで渡り合えると思っていなかった。

「(死ぬんじゃねぇぞ、悠人)」

内心そう思いつつ、地下へ続くエレベーターへ乗り込む。ここまで来れば後は窯を破壊するだけだ。

────────────────────────

悠人に言われた通り、こっそりやってきた私が目撃したのは悠人が統制機構に突っ込んだ所。思わず『何やってんの』と言いたくなった。でも、不思議な事にカグツチ支部に居ると思われる衛士達が出てこない。

「(やっぱり本当だったんだ…)」

衛士達が居ない。この事は悠人から事前に聞かされていた。最初は半信半疑だったが、目の前の事実を否定する訳にはいかない。その後も観察を続けていると、白髪に赤いコートを着た青年が悠人の後を追うように統制機構に侵入するのが見えた。見間違いじゃない。SS級反逆者、死神『ラグナ=ザ=ブラッドエッジ』だ。

「(どういう事…悠人はラグナと協力関係だったの…?)」

反逆者に味方するのはこの世界では重罪だ。それは咎追いも例外じゃない。統制機構に目をつけられたが最後、賞金首となり、咎追い達に追われる身になる。最悪な事に私は統制機構関係者だ。今見た事を黙認すれば私も罪に問われる。仕方なく、二人の後を追う事にした。

コレが私の運命の引金カラミティ・トリガーとなり、私は二人の運命と共に動く事になる。でも、その時の私は考える事すらしなかった。

────────────────────────

「(さて。そろそろいいかなっと)」

時間稼ぎは十分にやった。ラグナは今頃窯まで到達している頃だろう。おもむろにポケットを漁り、閃光弾を地面に叩きつける。途端に辺りが光で埋め尽くされた。直前にゴーグルを付けていた為、俺の目は守られた。逆に何も付けていないキサラギ少佐は目をやられた所だろう。

「貴様っ…最初っからコレが目的か…っ!!」

「そーゆー事。んじゃな、少佐殿。次会う時は本気で殺ろうぜ?」

目を潰されまともに動けない少佐の首元を手刀で軽く叩き、気絶させる。手早く縛り、無力化した。

「……流石少佐殿だ。後ちょっとでも長引いたら俺が参っていたな…」

軽く笑い声を上げる。戦闘時に出ていた大量のアドレナリンが止まった時、身体のあちこちから血が流れる。見れば全身凍傷や切り傷だらけだった。流石にやりすぎたと考え込む。でも、これで俺も地下へ向かうだけだ。俺はラグナを追いかけた。

この時、彼が着ていた服の胸元の一部が裂け、そこにとある文字が露出した。勿論彼は気づかない。
書いてある文字は『No.15 οオミクロン=15フィフティーン』。彼が次元接触用素体の一体だという決定的な証拠だった。

────────────────────────

悠人と死神の後を追いかけるように統制機構カグツチ支部に入った私。最初に見たのは縛られて気絶しているキサラギ少佐。驚いたけど、ここまでやるのは一人しか考えられない。でも、それは考えたくは無かった。死神は彼の後に侵入したからだ。

「桐生…悠人…ハルトがやったの?」

悠人が持っていた大剣、何処かで見た事がある漆黒の右手、Aランクの咎追い。でも、彼にそこまでの力があると思えない。考え込んたその時。私の頭を謎の頭痛が襲う。脳が焼けるように痛い。必死で耐えるその中で私が知らない情報が流れ込んでくる。私が知らない私、"おそらく起こったであろう事象の中の私が得た情報"が。

「何……コレ…ハル、ト…?」

とめどなく流れ込んでくる情報の中に『桐生悠人』の姿があった。金髪では無く白髪の悠人が。そして、彼の胸元に注目が集まる。

「……No.15…?」

流れ込んでくる情報はところどころ掠れていてよく見えない。だが、その文字だけははっきりと見えた。まるで、貴女だけは知っていて欲しいと言わんばかりに。その文字を読み上げた時、大量の情報による頭痛から私は解放された。肩で大きく息をする。身体のあちこちは自分がかいた汗でびっしょりだった。

「何なの、今の…No.15…?」

鮮明に見えた文字を忘れないように反復する。それが彼の正体かもしれない。その思いを胸に、先を急いだ。このままだと"又"離れ離れだ。それはなんとしても避けたい。だから走り続けた。

────────────────────────

ノエルが悠人とラグナを追いかけている頃、傍観者が住む屋敷では悠人の覚醒が近い事を感づいていた。

「あの娘が悠人の正体を知った。コレで悠人の覚醒が間近になったわね。ふふ…楽しみね」

傍観者、レイチェル=アルカードは一人で笑う。まるで子供が新しい玩具で遊ぶかのようにニコニコと。それは、ある意味恐怖を感じさせる。だが、止める者は誰も居ない。

────────────────────────

俺が地下奥深くへ辿り着いた時、 あの光景が蘇る。"初めて"あの少女と戦った時の光景が。俺とは機械的に、ラグナに対しては恋人のように話すあの少女を。今此処で再び見た。その時、彼の身体は予めプログラムされたかのように機械的に喋り始める。『桐生悠人』という人格を他所に。

「対象、認識。同一体と認識。貴方、誰。」

「俺、俺……………私、私は次元接触用素体、No.15。対象、同一体と認識。状況説明を求む。(おい待て、何勝手に喋ってんだよ俺?!駄目だ、身体が動かねえっ!!)」

桐生悠人の意思とは裏腹に、目の前の少女と同じ機械的な言葉を紡ぐ彼の口。それは止まる事を知らず、会話を続ける。

「対象、不正同一体と認識。自壊を求める」

「勧告、拒否。生存を最優先とする」

「対象、排除対象と認識。よって」

「「対象の殲滅を開始します」」

機械的な喋り方のまま、戦闘態勢に入る少女と悠人。少女は悠人と初めて戦った時と全く同じ武装を見に纏い、こちらを睨みつける。対する悠人は見よう見真似で自らの大剣を身につけた。少女は白、悠人は黒の兵器と化す。そして、互いに刃をぶつけ合う。二人共バイザーらしきものを装着している為、表情は全く分からない。だが、二人の戦いを見た人はこう言うだろう。『禍々しくも、神々しさが見られる』、と。

────────────────────────

自分の内に潜んでいた何かに身体の支配権を取られ、少女と同じ武装を纏わされ、戦わされる悠人。先に地下へ向かった筈のラグナは何処へ行ったのか。それは分からない……

────────────────────────

第四章、いかがでしたか?
桐生悠人が出会った人物。それは最初に戦った少女でした。そして、悠人の正体もここで明らかになっています。コレが今後にどう影響するのか。
そして、最後ら辺にちょくちょく出てきた傍観者の名前も此処で明らかに。彼女もこの先悠人達と関わっていきます。

それでは、又次の章で…

「スターティング・ブルー〜蒼を宿す青年〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く