スターティング・ブルー〜蒼を宿す青年〜

Knight

三章 ─ 記憶がもたらすもの ─

目が覚める。青空が広がっている。後ろを向く。眼前に聳え立つのは統制機構カグツチ支部。どうやら、"再び"巻き戻ったと見て相違ないだろう。

「又ですかそーですか…はぁ…」

"巻き戻る前の記憶"を持ったまま、再び統制機構カグツチ支部の前に居た俺。不思議な事に、色々な記憶は所持したままだ。普通は消える筈なのに。

「……ひとまず、死神…ラグナに会わないと駄目だ。ラグナの生死が鍵になっているのは確かな筈だ」

二回目なだけあってこの世界が"ループ"している事に気づいた。そして、ループの起点がラグナだという事も。いや、普通は気づかないんだけど。そこはあのココノエ博士と同レベルの頭脳が瞬時に答えを導き出していた。そこは感謝しないと。只…この時もしっかり残っていた。能力の後遺症が。倒れまいと必死に耐えつつ、思考を巡らす。

「多分俺はこの後彼女…ノエルに出会う筈だ。そこから二人揃ってラグナに会う…いや、奴は指名手配中だ。今ノエルと顔を合わせるのは不味い…それに、ラグナの居場所を知っている訳でも無いし…」

例え俺が二人と出会った頃の記憶があっても、この世界がループしている以上、ノエルとラグナは俺とは初対面だ。不自然な対応はとれない。暫く悩んでいると、近場の飛空艇着陸場に一機の飛空艇が止まった。そこから人が次々と降りてくる。そして、既に知っている彼女が降りて来た。

「(よし。まずは接触するか)」

そう思った俺は降りて来たばかりの彼女、ノエル=ヴァーミリオンに近づく。そして、声をかけた。

────────────────────────

「はぁ…」

上層部の指示により脱走したキサラギ少佐を捕らえるべく、カグツチに降り立った私はため息をついた。あの時、キサラギ少佐に渡した一枚の手配書。そこに描かれていたのはとある人物の人相書き(多分というか絶対似てない)と名前、かけられた賞金。その賞金額が破格の一言。なんと九千万プラチナダラーだった。それだけあれば一生を遊んで暮らせる。でも、私はそれより気になった事があった。

「(キサラギ少佐、高笑いしていた。普段笑わない少佐が…あんなに)」

あの手配書を渡した時、私はすぐに下がれと言われ、廊下に出ていた。けど、扉に耳を当てようとした時に聞こえてきた声に驚いた。普段のキサラギ少佐には考えられない甲高い笑い声、何度も確かめるように自問自答を繰り返し、その度に聞く"兄さん"という単語。まさかとは思うけど、あの指名手配犯とキサラギ少佐が兄弟かと考えたがすぐに払拭した。兄弟なら何かしらの共通点がある筈だからだ。

「でも…幾らなんでも無理がありますってぇ…」

そう。キサラギ少佐は先のイカルガで起きた大戦にて、首謀者であるテンジョウを討ち取り、一気に少佐に昇進。師団長にまでなった。その大戦は後にイカルガ大戦と呼ばれるのだが、首謀者のテンジョウという人は一人で一つの騎士団と同等の力を持っていた人。その人を討ち取ったキサラギ少佐はその人より強いという事になる。少尉である私は到底適いそうに無い。

「はぁ…無理難題、押し付けられたなぁ…私」

何故私がキサラギ少佐を追っているかと言うと、私はキサラギ少佐の秘書官だったからだ。誰もがキサラギ少佐の実力を知っているからこそ誰も適いそうに無いと見られていたから私に白羽の矢が立った、という訳である。とりあえずカグツチに来たのはいいのだけど、内心は帰りたいという気持ちで一杯だった。どうしようか迷っていた矢先、誰かに声をかけられた。声の主を見た時、思わず声を出しそうになる。声を無理矢理押し殺し、冷静を装って話しかけた。

「あのー…私に何か用ですか?」

────────────────────────

俺が声をかけた時、内心しまったと思った。いきなりやらかしてしまったからだ。向こうは初対面、俺は知り合いだと思って気さくに。冷や汗が止まらない。

「あのー…私に何か用ですか?」

「嗚呼、勿論」

既にやっちまった感があるが仕方ない。そのまま名乗る事にしてから話し込むとしよう…

「その前に名乗らせてもらおう。俺はk「天才研究員の桐生悠人さんですよね?!うわぁ、本物だ…」……よくご存知で。正直驚いたよ、名前を知っていてくれている事以上に光栄な事は無いな。ノエル=ヴァーミリオン少尉殿?」

至極あっさりと彼女の名前を告げると『何故知っているんですか?』と顔で訴えかけられた。"風の噂だよ"と誤魔化しに入る。今の彼女にループ云々の話は厳禁だ。

「…で、その天才研究員が私に何の用なんですか?」

「"元"研究員だよ。今はしがない咎追いだ」

「あ、そうなんですね…」

俺が元研究員だと知った彼女はわかりやすく肩を落とす。そこまでがっかりされるとなんか申し訳無い。でも、俺が所属していた第七機関は統制機構と敵対している組織だ。逆に抜けて良かったのかもしれない。もしかしたら言葉の代わりに拳を交えた可能性も無くはない。女性は殴りたくないけど。

「兎に角、アンタ…ノエルに話がある。会ったばかりで申し訳ねぇが…」

「大丈夫です。それに、私も悠人さんの話、聞きたいですから」

「……分かった。感謝する、少尉殿」

初対面にも関わらず俺を信用してくれた(多分そうだろう。うん)彼女に敬意を示しつつ、とある場所へと向かった。行き先は、俺と同い年の知り合いが運営する飲食店だ。そこなら、込み入った話が出来る。

────────────────────────

私に声をかけた人物があの天才研究員の桐生悠人だと知った時、私は夢でも見てるのか、と錯覚した。何故なら彼は研究員にしてこれ以上無いという名誉を貰った、正真正銘の天才だ。聞けば、あのココノエ博士と同レベルの頭脳を持っているらしい。それだけ凄い人なのに何故研究員の道から外れて、咎追いになったのだろう。でも、それを聞く気にはなれなかった。

「兎に角、アンタ…ノエルに話がある。会ったばかりで申し訳ねぇが…」

確かに、彼と会ったのは今回が初めてだ。でも、テレビとかでよく見かけていた為、悪い人じゃないのは知っている。私はすぐさま了承した。

「……分かった。感謝する、少尉殿」

改まった口調になった彼にお礼を言われ、彼に先導される形で後を追う。隣で歩幅を合わせて歩いていた時、妙な既視感を覚えた。まるで何処かで出会い、話したような、そんな既視感。でも、すぐに払拭した。気の所為だ、そう思って。でも、この既視感が本物だったという事は、この時の私は知る由もない。

────────────────────────

「…チッ、まーたコレかよ。飽きねぇな、"マスターユニット・アマテラス"はよ。どれだけこの悪夢ゆめを繰り返せば気が済むんだぁ?」

誰も居ない統制機構頂上。そこにあるのは天高く聳える黒い石碑みたいなもの。それに刻まれているのは龍ににた紋章。そして、それを見上げる人物。"あの時"と同じ、緑髪の男だった。だが、緑髪を隠すように被っていた帽子は被っておらず、特徴的な緑髪は逆だっている。目は完全に開いており、その瞳は蛇そのものだ。

「待ってろよ、アマテラス。この俺様が必ず"滅日"を始めてやる。そして、この世界にてめぇを引きずり出してやるからよぉ…!!」

そう言い、男は狂ったように笑い続ける。いつまでも。

────────────────────────

ノエルに飯を奢り、少々込み入った話をし終わった後。一旦別れ、表通りを歩いていた。おもむろに通信機を取り出し、繋げる。その相手は、"あの人"だ。

「ココノエ博士。俺です、悠人です」

『……なんだ、お前か。どうした?』

俺はココノエ博士に世界のループ云々の話以外でカグツチで起こっている異常現象を伝えた。ひと通り伝えた後、ココノエ博士は唸るように悩み始め、そして解決策を出した。流石天才科学者。

『……それ等は私に任せておけ。お前は引き続き当初の目的を果たせ』

「了解っと。んじゃ、又何か分かったら連絡します」

『嗚呼、分かった』

向こうから通信は切れ、通信機を手早く仕舞う。次にやる事と言えば、死神と接触する事だ。とはいえ、カグツチは広い。人一人探すのでさえ一苦労だ。とりあえず適当に探そう。そう思い、裏通りに姿を消す。

────────────────────────

「やっとか…ったく、徒歩だと辛ぇな」

第十三階層都市、カグツチ。その最下層に俺は来ていた。ここから上に上がり、図書館をぶっ潰す。今までもそうして来た。

「そういや、いくつ潰したっけか。ま、数えてねぇけど」

潰した数など一々覚えていない。覚えていても何の意味もねぇからだ。あるだけ潰す。それが俺の"復讐"だ。

────────────────────────

ある者は世界のループに気づき、そこから抜け出す方法を模索し始めた。
又ある者は命令により、カグツチに降り立った。それが今後を左右するかもしれないという事を知らずに。
そして、今まさにカグツチにたどり着いた者。彼がこの世界の未来を左右する重要な人物。

その三人が再び集まる時、何が起きるのか。その答えは傍観者と神のみが知る…

「さぁ…存分に足掻きなさい、桐生悠人。いえ、──?貴方が世界を変えてくれる事、私は楽しみにしているわ」

────────────────────────

はい。という訳で第三章でした。
次はいよいよあの人と接触します。それが何をもたらすのか、それは次でお分かりになるかと。そして、桐生悠人の正体もそこで分かるかと思います。
それでは、読んで下さった方々に感謝を。では又次でお会いしましょう。

「スターティング・ブルー〜蒼を宿す青年〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く