ハーレムが嫌な僕は女装して学校に行ってみたら逆効果だった件

腹黒の赤さん

ノイイエール学園2 入学する件

 あの騒ぎから一晩明けた。

 美咲とニルナが大暴れをし、家のものをちょっと壊しメイドに怒られるなど少ししたトラブルはあったのだが、なんとか切り抜けた。

 だが、寝る場所は取り合いになった。

 美咲とニルナは斗真の左側で寝ようとまた喧嘩を始めようとしていたのだ。

 ベッドがでかいので、4人全員で寝れる。

 ということで、4人同じ部屋にしたのが間違いだったのでは?とあの時を悔やむ。

 結局寝る場所は美咲とニルナが大きな部屋の中にあるソファになり、斗真の左側はフィルになった。

 もちろん2人は納得しなかったが、そこはメイド達によるあくまで合法的な方法で解決した。



















 斗真達は馬車に乗っている。大きな扉からちょっとだけ顔を覗かしているクル。

 メイドは荷物を馬車の後ろに積んでいる。



 「クルここまでしてもらって悪いな。この恩は忘れない」



 斗真がそう言うとクルが首を横に振り「そんなことないよ!」っと言った。

 そして、僕らはノイイエール学園へと向かった。






 「斗真私達学園に通ってどうするの?」



 ニルナがそう聞くと斗真は困った顔をして美咲を見つめた。

 美咲は「神様からの試練のためよ」としれっと言うとニルナは「神に遣わされたものなの?!」と言った。

 どうやらこの世界にも神を慕う信仰心というものがあるらしい。

 神の名前。それは“ハトホル”愛の女神であり音楽の女神であり、
 
 隼の頭を持つ神‘’ホルス”の妻である。

 よくは分からないが神は沢山いるようだ。

 僕を異世界転生をしたのは“アトゥム”で転生をお願いしたのが“ハトホル”らしい。

 らしいと言うのも、実際どうなのかは聞かないと分からないからだ。

 だか、粗方あっているはずだ。

 何故ならこの国で信仰されているのは、エジプト神話の神々だと言うことがわかっているからだ。



 「そろそろ学園に着きますので降りる準備をして下さいませ」



 ひつじさんがそう言うと結界のようなものが現れその中に入った途端に立派な城のような建物が現れた。



 「さあ、お着きになりました」

 「わあー!」



 全員がそう言い、驚きも束の間に学園の中へと向かった。







やっと話が進みました( ´ ▽ ` )

配信遅くてすみません。

もうすぐ200人です!!
本当に有難うございます(๑˃̵ᴗ˂̵)

応援よろしくお願いします!

「ハーレムが嫌な僕は女装して学校に行ってみたら逆効果だった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く