今日も俺は採取系の依頼をこなす。
ファンタジー

連載中:12話

更新日:

今日も俺は採取系の依頼をこなす。

  • あらすじ

     主人公の村田壮郎は死ぬ直前?に女神アフロディアによって、異世界転移の話を聞かされます。。地球との調和を計るための転移だと、アフロディアは壮郎に伝ました。お約束のように力をもらえることになった壮郎は、見せられた選択肢の中で、最後に|固有魔法《エクストラ》*|無《ゼロ》と書かれていることを発見しました。女神様に尋ねると、特別な力だといわれました。特別とは、特別な意味を持ちます。壮郎は迷わずに|固有魔法《エクストラ》*|無《ゼロ》を選びました。この力は”お前は特別な人間だ”と言われているのと同じです。調子に乗ったのでしょうか?、壮郎はその後も続くだろう女神様の話を聞かずに、早く異世界に送ってほしいといいました。女神様はその発言に渋々従いました。
     
     ・・・女神様は、ほっと一息ついてから、暴走?した壮郎の補助をするために”紙”に色々な注意事項やこの後にするはずだった、この世界の説明を書いていきます。しかし、|固有魔法《エクストラ》の説明を載せているときに、ふと気気付いてしまったのです。|固有魔法《エクストラ》はこれから壮郎が行く世界では、ない力だという事を。アフロディアは自分の失敗を迷わず、上位の女神に報告して、指示をあおぎました。話し合った結果、|固有魔法《エクストラ》の力を封印することに決まりました。他の女神は”話を聞くと焦った彼自身も悪いので、仕方がない。”と言う結論に至ったのです。しかし、女神アフロディアは必死に抗議して、”何とかばれないようにすればいい”と言う自身の考えた計画を伝え、納得させました。話し合いが長引き、本来壮郎が起きる前に済ましておかなければならない説明を”紙”に書く時間がありません。そこで、アフロディアはその世界の住人が代わりに説明するように感情を少し操作しました。
     
     ・・・
     そんなことは壮郎は知りません。自身の出した|結論《しんじつ》に絶望し、女神様を馬鹿にします。このまま|固有魔法《エクストラ》を使っていれば、いずれ生活できなくなります。その時、輝いたのが試したい、調べたいという”理系心”でした。色々、試行錯誤していくうちに、壮郎が出した生き方が・・・
     
     自分を俺に変更しました。
     最初の部分を変えました。
     あらすじを変更しました。

「今日も俺は採取系の依頼をこなす。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品