話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~

結月楓

第七十七話 お別れ会

 家の工事の期間が終わり、作業員たちはお疲れ様でしたといいながら敷地から帰って行った。

「わたしの部屋、無駄になっちゃったわね」

 さやかがぽつりとつぶやく。
 さやかはアトゥムを手に入れた後、すぐにでも元の世界に戻ろうとした。
 しかしそれは急すぎるので、せめて家が完成するまでは待ってくれと俺が引き留めたのでまだこの世界に残ってくれているのだ。

「そんなことないぞ、今日のお別れ会はさやかの部屋でやるんだからな。結果的にだけど、お別れ会をやるためだけの部屋なんて最高の贅沢だと思わないか? その分楽しもうぜ」

 さやかはお別れという言葉が胸に突き刺さったのか、少し寂しそうな顔でうんと頷いた。


――――――――――――――――――――


 その日の夜。

 元の世界基準で言うと七畳くらいの大きさのさやかの部屋に、七人のギルドメンバー全員が集まった。
 部屋には紙で作った「さやかありがとう」の文字と花の装飾で彩られている。
 さやかの門出を祝うために、工事の期間中にさやか以外のメンバーで飾り付けを行ったのだ。

「こんな部屋を用意してくれていたのね、みんなありがとう」
「さやかちゃんの為だもの。みんなが自発的にこの部屋を何度も訪れては飾り付けをしたのよ」

 ローザはにこやかな笑顔でさやかの方を見た。
 さやかはローザにふふっと微笑み返す。

「でもさすがにこの部屋に七人は狭いわね。さやか苦しくない?」

 アリサの質問に、さやかは手を左右に振って応じる。

「みんなが私のために用意してくれた部屋だもの、苦しいなんてことは全くないわよ」
「そう、それならいいんだけど……」

 アリサはどことなくぎこちない。
 一緒に部屋で暮らしていたアリサとさやかは最初のころとは打って変わって仲良くなっている。
 それだけに今回の別れにどう対応していいのかわからないのだろう。

「さやかよ、本当に行ってしまうのであるか? わたしは寂しいのである」

「……止めちゃ……だめ、レイチェル。……もし……わたし……お姉ちゃんいなくなって……帰ってきてくれたら……嬉しい」

「レイチェルもシルヴィアもありがとうね。でもシルヴィアの言う通りわたしには帰る理由があるの、ごめんなさい」

 さやかが力強い口調でそう言うと、部屋にはしんみりとした空気が流れる。

「おいおい、湿しめっぽいのは無しにしようぜ? なにもこれがさやかとの最後の別れってわけじゃないんだしさ」

 俺の言葉にさやかは不思議そうな顔を浮かべる。

「ユートは召喚効果を見たでしょ? アトゥムの加護は一回きりしか使えないから正真正銘の最後なのよ?」

「見たさ。確かに今の状況だとさやかが元の世界に戻ったら俺たちは会うすべがなくなってしまうのは分かるよ。でもそれもしばらくの辛抱だ」

「……どういうこと?」

 さやかはよけいに混乱してしまったようだ。
 頭にははてなの文字が浮かび上がっている。

 俺は勿体つけてチッチッチと指を振った。

「――簡単さ。アトゥムを二個手に入れればよい。そうすれば行きと帰り、二日間かければ会いに行くことが出来る。……それにもし最終開放ができたら回数が無限になるかもわからないしな。そうなればさやかをこっちに連れてくることも可能で都合が良いんだけどな」

「――っ!? でもあんなにレアな召喚を二つ手に入れるなんて、ましてや最終開放なんて奇跡みたいなこと……」

「ま、普通ならそうだな。でもここにいるのは俺だぜ? オーディンの奇跡を忘れたか?」

 そういって俺は力強くさやかの目を見つめながら両手をがっしりと握った。

「だから安心して帰ってくれ。また必ず会えるからな!」
「……わかったわ」

 さやかは少し呆れた表情で俺の手を握り返した。

「わたしもまた会いたいのである」
「……わたしも」
「わたくしもですわ!」
「わたしだって同じ気持ちよ」

 レイチェル、シルヴィア、エリー、アリサが寄ってきて俺とさやかが握っている手に各々の手を重ねた。

「ちょっとあなたたち、これじゃあ今すぐさやかちゃんが帰っちゃうみたいじゃない! お別れ会はこれからなのよ」

 ローザはそう言いながらも、最後に手を重ねたのであった。


――――――――――――――――――――


 その後俺はスラー酒をみんなに振る舞い、宴は夜中まで行われた。

 午前一時を回るころには、眠気をこらえきれずに部屋の中でぐったりと横になるものがぽつぽつと出始めた。
 一人、また一人と眠りについていき、起きているのは俺とさやかだけになった。

「みんな横になっちゃったからこの部屋はもう足の踏み場もないな」
「ふふっ、そうね」
「みんな寝ちゃったしランプの明かり、消していいか?」
「いいわよ」

 俺は天井からつるされているランプの灯に蓋をかぶせて消灯した。
 窓からの月明かりのみが部屋をかすかに照らし、さやかの美しい顔が儚げに映る。

「……あのね、ユート。以前わたし、この世界に未練を残したくないって言ったの覚えてる?」

「ん? ああ、覚えてるよ」

「あれね、今考えると間違いだったって思う。ユートや他のみんなと過ごした記憶は日本に帰ってからも宝になるって思うの」

「俺達だって同じさ。さやかとの思い出はずっと忘れないよ。……といっても最初に言ったようにアトゥムを引きまくって必ずまた会いに行くからな」

「また言ってる。……期待しない程度に待ってるわ」

 さやかは満面の笑みで答えてくれた。

「ところでさやか、元の世界でアトラスを使えば腕相撲の世界チャンピオンになれるんじゃないか?」

「……考えてもなかったわね。あなたもオーディンを使えばオリンピックで結果を残せるんじゃない?」

「オーディンだと日に複数回走ったり泳いだりするオリンピックじゃ無理だろ。一回で勝負を決められるもの、例えばボクシングとかならいけるかも。ちょっとやってみたいな」

「なら一緒に帰ってみる?」

 さやかは悪戯っぽく笑う。

「だから今それをやったらこっちに戻ってこれなくなるだろ。俺はここでの生活が気に入ってるんだ。しばらく待ってくれよ」

「わかってるわ……わかってる。気長に弟と待ってるわ。それじゃあもう遅いし、わたしも寝るわね」

 少し寂しそうな声色でそう言うとさやかも横になってしまった。

 こうしてさやかと過ごす最後の夜が終わっていったのだった。

「ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く