話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~

結月楓

第七話 ギルドに入る?

「えー、ユート・アリサ・シルヴィアの三名は、ヤヌアル神殿にてトロールを討伐し、中級冒険者の資格を得たことをここに証する」

 神父が証書を読み上げると、まばらな拍手が教会に響く。

「なんか召喚ガチャの時よりめっちゃ人少なくないっすか?」

 神父の話を聞き流しながら、俺はローザに向けて言った。

「十連召喚の儀とは違って、中級冒険者任命式なんて毎日のようにあるからねー。あまり人は集まらないのよ」

 それもそうか、トロールって毎日でるんだもんな。

「てことは冒険者ってたくさんいるんだね。一日三人、年間で千人くらい増えるわけだし」

 ローザは少し考えて言う。

「たしかに冒険者の数はそこそこいるわね。でもそんな計算通りには増えないのよ。トロールを倒すのは三人パーティーとは限らないし、討伐できない日もあったりするわ。それに、引退者や冒険の途中で倒れる人だっているからね」

 冒険してれば死ぬこともそりゃあるよな。俺達はそうならないようにしなくちゃ。

「ところでさ、中級冒険者になったらご祝儀とかでたりしないの?」

 俺は指で円マークを作りながら聞いた。

「そうねぇ、しばらくの間なんとか生きていけるくらいの額なら出るわよ」
「……ガチャが回せたりってことは?」
「召喚の儀? それはないわね」

 俺はがっくりと肩を落とす。

「ガチャを回すにはモンスターを倒して稼ぐしかないのか……」

 諦めたように俺が呟くと、

「そういえばギルドには入らないの? ギルドに所属していれば、クエストを受けて報酬がもらえたりってこともあるのよ?」

「え!? そうなの?」

「あなたたち三人を受け入れてくれるギルドだって探せばあるはずよ。冒険のノウハウも教えてもらえるだろうし、入るだけのメリットはあると思うけどなぁ」

 うーん。そういわれてみると入ってもいいような気がしてきた。

「でも折角自由に好き勝手やれてるのに、ギルドって枠に縛られるのは俺的には微妙だなー。……ん、待てよ? 俺がギルドを作るってのは出来ないのか?」

「できるかできないかで言えばできるわね」

 俺のギルドならある程度自由にできるはずだ。
 ちょっと興味がわいてきた。

「だけど、ギルドを作るには条件があってね――」

 ローザは話を続ける。

「一つ目の条件は人数よ。最低でも五人は所属していなければならないの」

「ふむふむ、二つ目は?」

「二つ目はホームポイントの登録。家を買う必要があるってことね」

「……家っておいくらで買えますでしょうか?」

「どのくらいのレベルを求めるかにもよるけど、ギルドメンバーが全員はいれるようなスペースが必要だし、そうねえ……だいたい十連召喚の儀を行えるくらいの額かしら?」

 十連ガチャ分だとっ!? 元居た世界では、三度の飯よりガチャが好きとまで言われていた俺だぞ。諦めるしかないじゃないか。

「……残念。そんなに高いならギルド無理っすわ」

 俺はそういって話を終わらせようとすると、

「なんでそういう結論になるのよ!!」

 急に横からアリサが口を割って入ってきた。

「クエスト報酬があるなら、先を見据えてギルドに入らないと損でしょ! 今後は宿の保証もないのよ? 稼げる手段はできるだけ確保しておくに越したことはないわ」

 アリサはいつも以上に強い剣幕で言う。

「でもガチャ代が……。あ、ガチャって召喚の儀のことね」
「はぁっ!? 儀式をしたからって強い召喚が手に入るとは限らないのよ? まずはライフラインを整えることが大事でしょ!」

 強い召喚が手に入らない? うっ!? 頭が……!?
 ソシャゲのガチャで何度も爆死していたことを思い出す。

「……はい。わかりました。アリサのおっしゃる通りだと思います」
「やけに素直ね。まあ、わかってくれたなら何よりだけど」

 アリサはほっとしたように息をつき、言葉を紡ぐ。

「それじゃ、ギルドを作るためにどうするか考えましょうか」

「そうだな、家を買うための金も問題だけど、ギルドメンバーを集めるのも大変だよな。あと一人探さないと……」

 俺がそう言うと、ローザが訝しげな顔をした。

「ユート君、わたしの話を聞いてなかったのかしら? ギルドメンバーは五人必要なのよ? あと一人じゃ足りないからね」

「わかってるよ? 俺、アリサ、シルヴィア、そしてローザさん。……探すのはあと一人だろ?」

 俺は一人一人を順に指差しながら言った。

「えっ!? しれっとわたしを混ぜても騙されないからね!」

「だってさぁ、ローザさんってぶっちゃけ暇でしょ? 召喚の儀の時も、今日の任命式も見てるだけだったし。それなら俺たちを手伝ってよ」

「暇とは失礼ね! 私だってちゃんと仕事してるってば! 異世界からの放浪者をケアしたり……」

「それって今俺だけだよね」
「くっ!? 他にも色々してるんだから……」
「例えば?」
「庭掃除とか庭掃除とか庭掃除とか……」
「他には?」
「あとは、その、あれよ! 教会のマスコットガールよ!」


「…………」 


 教会の時が一瞬止まった。

「暇なんだな」
「暇なのね」

 俺とアリサは目を合わせて頷いた。
 めずらしく息の合った瞬間であった。

「ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー549073

    主人公の頭おかしくね?

    0
コメントを書く