話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~

結月楓

第九話 ある晴れたオフの日

「このままじゃいつまでたっても召喚ガチャどころか、ギルド設立もままならないな……」

 俺はこの二週間で稼いだ金を数えて頭を抱える。
 中級冒険者になって、情報屋に紹介されたダンジョンでモンスター討伐を行ってはいる。
 しかしこれが本当に稼げないのだ。

 モンスターによって討伐報酬は異なるが、トロールクラスのボスを倒して得られるソルが精々二万ソル程度。
 これだけでは四人の一日分の宿代くらいにしかならない。
 商売あがったりである。

「どこかに上手い話でも転がってないかなー」

 俺はそんなことを言いながら大きく伸びをする。

 ここしばらくはダンジョンに出ずっぱりだったけれど、今日は久々のオフ日だ。
 天気もいいし、外を散歩でもしてくるかと考えていたら、ローザがすごい勢いで俺の部屋のドアを開けてきた。

「ちょっと! ユート君みてほら!」

 そういって一枚の紙を俺に差し出した。
 なんだなんだ? チラシのように見えるが。

「えーっと、なになに」

 俺はその紙を覗き込み、書かれている文字を読む。

”本日、じゃんけん大会を開催。優勝者には青のオーブをプレゼント! 貴重な召喚が欲しい人は、コノチャンスをお見逃しなく! ※参加料金 五万ソル”

「青のオーブって、シルヴィアが欲しがってたやつだっけ?」

「そうよ、この機会に手に入れて、シルヴィアちゃんへのサプライズプレゼントとしちゃいましょ!」

「確かに手に入れるチャンスではあるけれど……参加料金の五万ソルってぼったくりじゃない?」

 俺が冷静にそう言うと、ローザは俺に顔を近づけて凄んできた。

「シルヴィアちゃんの喜ぶ顔が見たくないの? こんなチャンス滅多にないわよ」

 彼女は一歩も引く気はないようだ。

「正直俺も興味はあるけどさ、アリサに聞かれたら何と言われるか……」

 倹約家のアリサのことである、もし彼女が聞いたら「じゃんけん大会? そんな運任せのものに五万も払うなんて馬鹿げてるわ! 夢ばっか見てないで、地道にお金を貯めることを考えなさい!」とかなんとか言われるのが目に見えている。

「……それも含めてチャンスと言ってるのよ」

 ローザがにひひと笑いながら言った。

「あ、そういえば今日アリサはいないんだったか」

 今日はアリサとシルヴィアの二人は、隣町にある地元に帰っている。そういう意味では確かに好機ではあるな。

「わかったよ。それじゃあ支度をすませたらロビーで落ち合おう」
「さっすがユート君! 話が分かるわね。それじゃ、また後でねー」

 機嫌良さそうに手を振りながら、駆け足でローザは部屋を出ていった。嵐のような人だなぁ。


――――――――――――――――――――


 じゃんけん大会会場の入り口に着くと、そこには三、四十程の人が集まっていた。

「これ、みんなじゃんけん大会の参加者なのか……?」

 この人数で優勝を勝ち取るのは並大抵の運では出来ない。

「あのさ……やっぱり今日のところは帰らない?」
「何言ってるの!? ここまできて引き下がれるわけないじゃない」

 ここに来るまでに俺たちは二時間以上もかけて歩いてきている。このままUターンすると無駄骨になってしまうからか、ローザの焦りが見て取れる。

 こういう時に俺が止めてあげればいいのだろうけど悲しいかな、俺も同類だ。ギャンブルでは引くに引けないタイプなのである。

「……覚悟を決めるか。さらば、俺の五万ソル!」

 俺とローザは受付で参加料金を払い、会場の中に入った。

 会場の中にはデパートの屋上によくある特設ステージのようなものが用意されていた。

 少し経つと司会の人が現れてルール説明が始まった。
 どうやらこの勝負は司会者が出した手に勝った人のみが会場に残るタイプの形式らしい。

「こうみえてじゃんけんには自信があるのよ、腕がなるわね」

 ローザは気合十分だ。しかし自信があったところで、結局は運任せだと思うけどなぁ。

 ……いや、待てよ? オーディンを使ってみるというのはどうだろうか。

 いままでオーディンを使った時は、殴りや蹴りの威力向上や、移動速度の向上にしか使っていなかった。だけどオーディンの加護は全て・・の能力の向上だったはずだ。

 意識して使えば動体視力を向上させて相手の手を読んで、絶対にばれないようにぎりぎりのタイミングで後出しをすることもできるんじゃないか?

 オーディンの可能性を探るための第一歩として、このじゃんけん大会を利用させてもらおうか!


――――――――――――――――――――


 結論から言うとこの作戦は大成功だった。最後の最後まで俺はじゃんけんに勝ち続け、見事に青のオーブを手に入れたのである。

「いやー、本当に優勝できちゃうなんてね! ユート君持ってるわー」

 じゃんけん大会の帰り道、ローザは満面の笑みで俺に言った。……まあ不正して勝ったんだけど、ばれてないからしょうがないよね。

「正直不安だったけど、勝ててよかったよ。これでシルヴィアの喜ぶ顔が見れるな」

「そうね。そうね。ユート君お手柄よ! シルヴィアちゃんが帰ってきたらすぐにでも儀式をやれるわよ」

「そういえばローザはシスターだもんな」

「そういえばって何よ。どっからどう見てもシスターでしょ!」

 軽口を叩きあいながら夕暮れの道を歩き、俺たちは宿へと帰った。

「ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く