話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~

結月楓

第十話 海の女神

 アリサとシルヴィアが地元に帰ってから、二日目の夜の事である。

 俺とローザは宿のロビーで二人の帰りを待っていた。
 傍らには袋に包んだ青のオーブを用意している。
 二人が帰ってきたらすぐにプレゼントをして、驚かせてやろうという算段だ。

「今日中には帰ってくるって言ってたよな?」

 俺は時計の針を見ながら言う。
 時刻は夜の九時を回ったところだ。

「彼女たちにとっては久しぶりの故郷なんだから、帰りが遅くなるのも仕方ないわよ。気長に待ちましょう」

 ローザは紅茶を飲みながら答える。俺も何か飲み物でも用意するかと思い立ち上がると、宿の入り口から声が聞こえてきた。

「ただいまー」

 アリサの声だ。入り口に目をやると、アリサとシルヴィアが旅行用の鞄を持って歩いていた。二人は冒険をするときの格好とは違い、ひらひらのついた洋服を着ている。

「よ、おかえり。地元ではリフレッシュできたか?」

 俺はオーブを見せびらかしたい気持ちを抑えて聞く。

「おかげさまでね。そっちはどう? ダンジョンには行ったのよね? 大丈夫だった?」
「ああ、俺もローザもこの通り。特に怪我もなく無事さ」

 ローザは両手の拳を控えめに掲げてガッツポーズをとる。

「わたしたちにかかれば楽勝よ! 四人で行く時よりは大変だったけどね」

 昨日はじゃんけん大会に参加しただけだが、今日は俺とローザでダンジョンを軽く探索したのだ。
 トロール級のモンスターであるオークを一体倒したくらいですぐに切り上げて帰ってはいるが、十分な成果だろう。

「……ところでさ、お前たち二人に見せたいものがあるんだけど」

 俺は青のオーブを持ち上げ、袋に包まれたままの状態で二人の前に置いた。

「なになに、勿体つけてないでみせなさいよ」
「見て驚くなよ! そりゃっ!」

 俺は勢いよく包みをはずすと、透き通るようなきれいな青色をしたオーブが姿を現した。

「……こ、これ、青のオーブじゃない! どうやって手に入れたのよ!?」

 俺たちの持ち金は全部合わせても五十万ソル程度。
 普通なら買えるはずもないので、アリサが不思議に思うのも無理はない。

「ちょっとした武闘大会に参加してね、軽く優勝してきたらおまけでついてきたのさ」

 かっこつけて事実とは異なることを言う俺。

「本当は商品目当てでじゃんけん大会に参加したら、ユート君が運よく優勝しちゃっただけなんだけどねー」

 あっさりとばらすローザ。
 うぅ、少しはかっこつけさせてくださいよ。

「……あんたねぇ」

 あきれたように俺を見ながらアリサは言う。

「でもま、よかったわね、おめでとう。これであんたの召喚何体目……? とにかくすごい数になるわね」

「いや、これはシルヴィアにあげるよ」
「えっ!?」

 驚いたようにアリサが俺を見る。

「前にシルヴィアが欲しそうにしてただろ? だから俺とローザはシルヴィアにプレゼントするために大会に参加したんだよ」

「……へぇ。案外いいところあるじゃない。ガチャしたいガチャしたいってずっと言い続けてたから、もっと欲深お化けだと思ってたわ」

 おい、それ褒めてるつもりだろうけどめっちゃ傷つくんですけど。

「というわけでほら、シルヴィア。受け取ってくれ」

 俺はシルヴィアに青のオーブを手渡す。

「……ほんとうに……いいの?」

 シルヴィアがおずおずと俺を上目遣いで見ながら言う。

「ああ、勿論」

 俺はシルヴィアに微笑む。

「ユート……ありがと……」

 シルヴィアは背伸びをして、俺の頬に口づけた。
 何度してもらっても可愛い妹からのキスは嬉しいものである。いや、本当の妹じゃないけど。

「あ、あんた……」

 それを見たアリサの顔が一瞬にして強張った。

「うちの妹になに手を出してくれちゃってるのよ!!」

 アリサの蹴りが飛んできたので、俺は慌てて上半身を逸らしてかわす。

「ちょっ、ちょっと待て! 落ち着けアリサ! 手を出したのは俺じゃないだろ!」

 俺は及び腰で弁明する。

「――問答無用!! このロリコンがーー!!」

 哀れ、俺はアリサの攻撃をよけきれずにノックダウンしてしまうのであった。


――――――――――――――――――――


「あら、お目覚めかしら? 大変だったわねー」

 ローザの声で目が覚める。……俺は、そうだ、アリサの蹴りをもろに受けて気絶してしまったんだった。
 アリサの方を見ると、まだ怒っているようだった。

「ごめんなさい、少しやりすぎちゃったわ。ハ・ン・セ・イしてるわよ」

 セリフを読み上げているような、ひどい棒読みでアリサは言った。

「とにかく誤解だって、シルヴィアと俺は別にそういう関係なわけじゃないからな?」

 俺が必死に弁明すると、シルヴィアが割って入ってきた。

「……ユートと……わたし。……そういう…かん――っ!?」

 俺は慌ててシルヴィアの口をふさぐ。

「悪い、シルヴィア。頼むからこれ以上こじらせるようなことをしないでくれ」

 シルヴィアの耳元でそっと伝えると、シルヴィアはうんうんと頷いた。

 俺たち三人の様子をローザはにこにこしながら見ていたが、ふいに立ち上がり声を発した。

「面白いからもう少し見ていたい気もするけど、そろそろ召喚の儀をはじめるわよ」

 そうだ、青のオーブが手に入ったんだから遂に念願のガチャタイムだ! ……シルヴィアのだけど。

「さ、シルヴィアちゃんこっちに来て」

 シルヴィアはこくりと頷き、ローザの元に歩み寄る。

「それでは始めるわよ」

 ローザはそう言ってから、オーブに両の掌を向けて召喚の口上を唱え始めた。

「オーブに住まいし水の精霊よ。この者に力を与えたまえ……!!」

 オーブとシルヴィアの間を光が繋ぎ、召喚獣が姿を現した。……これはなんだ、女神様か? 俺はルーペを取り出し覗き込んだ。


『Sランク召喚獣 テテュス』 ●〇〇〇〇
オケアノスの妻であり、海を司る神の一人。
海や泉に纏わる三千もの女神の母と言われている。
テテュスの加護を受けたものは、周囲三メートルがベールに包まれ、
その者と仲間たちを過酷な環境から守ることができるようになる。
【召喚持続時間:五時間】


「Sランク! これは当たりなんじゃないか!? やったなシルヴィア」

 俺はシルヴィアに向けて親指を立てる。

「……うん、よかった」

 シルヴィアは返事こそ控えめだが、顔には笑みがこぼれている。この笑顔が見れるなら、青のオーブをプレゼントした甲斐があったってものだ。

「ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く