話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~

結月楓

第十二話 海の前には水着でしょ!

 海底洞窟での冒険の準備をするために、俺たちは商店街を歩いていた。

 武器屋・雑貨屋・飲食店等の様々な店が並んでいて、ここにあるものだけでも大抵の生活用品は揃いそうだった。

「とりあえず服屋にいかないとな。こっちのほうだったか?」

 俺は商店街の地図を見ながら進む。

「おっ! あった! ここが服屋か……噂どおり、水着もあるみたいだな」

 中を見渡すと、コーナーの一角に水着が用意されている。
 数こそ少ないものの、花柄のものやパレオのついたものなど、元いた世界と比べてもなんら遜色のないおしゃれな水着が並べてある。

 この世界の水着って、ふんどしみたいな簡素なものだと思っていたけど全然そんなことはなかった。

 どこの世界でも女の子がおしゃれ好きなのは変わらないのかなぁ、なんてことを考えていたら、早速ローザとアリサは水着を選び始めている。……よし、閃いた。

「みんなー、俺がみんなの水着が似合ってるかどうかをジャッジするので、お気に入りの水着を選んだら着て見せてくれ!」

 俺はみんなの水着選びを見ているだけでは飽き足らず、ついこんなことを言ってしまう。だって俺も男だし、目の保養がしたいんですもの。

「ふーん。女の子の水着に興味があるお年頃なのね?  ちょーっとユート君には刺激が強すぎるかもしれないけど、大人の魅力ってものをみ・せ・て・あ・げ・る」

 ローザはノリノリである。
 ローザが乗ってくれるのは予想通りだ。

「何言ってんの!? わたしは自分で選ぶから邪魔しないでもらえる?」

 アリサがこう言うのも予想通りだ。
 しかし、俺にも策がある。

「アリサだってローザに負ないくらいグラマラスだと思うんだけど。いや、でもさすがにローザの前じゃあ逃げるしかないか……」

 俺は意地悪くそんなことを言う。
 勿論これはアリサを釣るためだ。

「――なっ!? あんたねぇ。いいわ、見ときなさい。女は大きさだけじゃないってこと、教えてあげるから」

 アリサはローザの胸をちらちらと見ながら言った。
 アリサも乗ってくれたようで結構。

「シルヴィアも参加してくれるよな?」
「……ユートが……そういうなら」

 シルヴィアは本当素直だな。素直過ぎて俺がなんか悪いことをしている気分になってきた。でもこれで役者は揃ったぞ!

「それじゃ、俺は向こうで自分の水着を探しとくから、その間に着替えよろしく!」

 俺はそう言うと足早に服屋から出て、向かいの雑貨屋へと足を延ばす。実のところ、俺はすでに水着を選び終えているので、もう一つのやるべきことをやるのだ。

 雑貨屋には織物や陶器のような工芸品から、化粧品や調理器具などの日用品まで様々なものが取り揃えられ、棚に陳列してある。

 俺が視線を動かすと、目当てのものはすぐに見つかった。
 手持ち花火だ。この世界でも花火という文化が存在するかどうかは少し不安だったけど、見つかってよかった。

「店員さん。この花火、全部貰えるか?」


――――――――――――――――――――


 花火を買い終えるとすぐに水着売り場まで戻ったが、すでにアリサとシルヴィアは着替えを終えていたようで水着姿の二人が見える。

「どこいってたのよ!? あんたが着替えろっていうから着替えたのに」

 アリサは明るいオレンジ色のフリルの着いたビキニを着ている。胸元にリボンがついていたり、下はスカートになっていたりで、何とも可愛らしいのを選んだものだ。

「うんうん、普段強気な子が可愛いもの好きだったりすると、ギャップで萌えるよね。いいと思います!」

「何気持ち悪いこと言ってるのよ。……それとじろじろみないで、恥ずかしいから」

 悪態をついてはいるが、褒められてまんざらでもないらしい。

「……ユート……わたしは……どう?」

 シルヴィアから声をかけられる。シルヴィアは水色のドレスのようなワンピース型の水着を着ている。彼女のまだ成熟しきっていない幼さが凝縮されたようなスタイルだ。

「胸はなくてもこれはこれで……。シルヴィアも合格!」
「お胸……ない……?」

 胸がないと言われたことがショックだったのか、シルヴィアは胸を手で抑えて悲しみの表情を見せている。ごめん、そんなつもりで言ったんじゃないんだ。

 アリサとシルヴィアの水着品評会をしていると、試着室のカーテンが勢いよく開かれローザが飛び出してきた。

「――さあ、真打ちの登場よ! ユート君、お姉さんのこの完璧なスタイル! 目に焼き付けてごらんなさい!!」

 ローザはほとんど紐としか言いようがない水着――というか布をつけて、ポーズを取っている。あれは、マイクロビキニというやつだろうか。

「――っ!? 何て格好してるんだ、あんた仮にもシスターだろ!?」

 俺は目のやり場に困りつつも突っ込みを入れる。

「あら、恥ずかしがらなくてもいいのに! 海は人を開放的にさせるっていうじゃない!」

 ここは商店街の中だっていうのに、この人は一体何を言っているのだろうか……。

「わかった、ローザ。お前が痴女なのはよくわかった。でもね、その格好で戦うのは無理があるだろ、うん」

「わ、わたしは痴女じゃないってば! ちょっとサービスしてあげただけなのに、もう……」

 そういうと再び試着室の中に入りカーテンを閉めてしまった。本当爆弾みたいな人だ。

「ところでその大きな袋、何が入ってるのよ?」

 アリサが花火の入っている袋を見ながら言う。

「これは花火だよ。さっき雑貨屋で買ってきたんだ。クラーケン討伐の秘密兵器ってとこかな」

 俺はしたり顔で言う。――これで準備は整った。

「ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く