話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~

結月楓

第十四話 大魔導士レイチェル

 俺たちはクラーケンを討伐した後、ついに念願のマイホームを手に入れることができた。

 この年にしてマイホームが手に入るとは……。ソシャゲ廃人をやっていたころからは考えられない躍進っぷりだ。
 正確にはマイホームではなく、ギルドの拠点ではあるが。

「ふぃ〜、やっぱ自宅は最高だな!」

 俺はロビーにあるソファーに寝転んで思いっきり伸びをした。購入した家は五つの部屋と大きなロビーを備えた立派なもので、俺たちのパーティー全員がここで暮らしている。

「……あんたはいいわね、いつも幸せそうで」

 アリサは部屋を出て俺を見るなり悪態をついてくる。
 もうそれには慣れたもので、俺は平然と挨拶を返す。

「よぉ! アリサ。今日もご機嫌だね!」
「はぁ!? どこをどうみたらご機嫌に見えるのよ? 朝一番にあんたの顔を見てこっちはげんなりだわ」

 今日は一段とツン成分が多めのようだ。
 アリサの調子は絶好調だな!

「ま、いいわ。今日はちょっとローザと買い物に行ってくるから、留守を頼んだわよ」

 ローザと……? アリサとローザで買い物なんてめずらしいな。

 俺がそんなことを思っていると、部屋の扉が開き、よそ行きの格好をしたローザが出てきた。

「あら、アリサちゃん早いわね。準備はいつでもばっちりって感じかしら!」

 ローザの手には化粧品の特売のチラシが見える。
 なるほど、そういうことか。

「それじゃあユート君、お留守番お願いねー!」

 ローザとアリサは買い物に出かけて行った。
 二人が俺に留守を頼むと念を押して言っていたのには理由がある。

 先週から教会の前の掲示板にギルドメンバー募集の張り紙を出していて、その受付場所がここなのだ。

「でもどうせ今日も来ないんだろうなぁ」

 俺はぽつりと弱音を吐いた。どうやらこの世界ではギルドはあふれていて、どこのギルドもメンバーが不足しているらしい。圧倒的な売り手市場だ。

 そんな中、『今からギルドを始めます!』というところに人が集まるわけもなく、俺たちは苦戦を強いられている。

 ――チリリィィィン。
 玄関に設置してあるベルの音が鳴り響く。

「――ついにきたか!」

 俺は急いでギルドの入り口まで行き扉を開いた。

 するとそこにはローブに身を包んだ黒髪の女の子がいた。シルヴィアと同じか、少し上くらいの年齢だろうか?

「君は……ギルド加入希望者かな?」

 俺は女の子に声をかける。

「ふむ、お主がオーディン使いだな?」

 俺の質問は無視され、尊大な態度で女の子は言う。

「噂は聞いているぞ、すべての能力を十倍にできるということではないか。くくっ、我が究極魔法とどちらが優れているか試してみたいものだな……」

「あのー、ギルドに加入したいかどうかをきいているんですけどー?」

 長くなりそうなので俺は彼女の話を切り、もう一度質問してみる。

「ん? ああ、ギルドか。そうそう、ギルドメンバーの募集をしているとのことだったな。どうしてもと言うのなら、我が暗黒魔法を持って力添えしてやらんでもないぞ?」

 うわぁ……。こういうタイプの子だったか。
 俺は若干不安になりつつも、彼女に質問を続ける。

「……暗黒魔法ってのはよくわからないけど、君も冒険者で、俺たちのギルドに入りたいってことでいいんだよね? 冒険者ランクはどの位?」

 ランクについて聞いてみると彼女はムッとした表情を浮かべる。

「……ランクなど問題ではないのだ。それよりも何ができるかのほうが重要であろう? ――こい、我が魔力の一端を見せてやろうぞ」

 そう言うと彼女は俺の横をすり抜けて家の中へと入ってしまった。おいおーい、まだ入っていいとも言ってないんですけど? 俺は慌てて後を追った。

 家の中に入ると、彼女がロビーにある窓のすぐ近くに立って待っているのが見えた。

「うむ、ここからなら外が見えるな。……遠くのほうに山があるのはお主の目でもわかるであろう?」

 確かに山があるな。
 でもそれがなんだっていうんだ?

「よく見ておくのだぞ。――ハァァァッ!」

 彼女は掛け声とともに召喚を呼び出し、両手を山のほうに向ける。すると巨大な隕石が空から落ちてきて山に直撃し、一瞬にして山は木っ端みじんになってしまった。

「――なっ!?」

 俺は驚きのあまり声を失う。

「お、おい、めちゃくちゃやったみたいだけど……、あの山にいる人とか大丈夫なのか?」

 俺は焦る気持ちを抑えて、努めて冷静に声をかける。

「その辺は事前調査済みである。何も心配することはないぞ」

 彼女は勝ち誇ったような笑みを浮かべて言葉を続ける。

「お主も我が魔力を見たであろう? 土下座をしてでもわたしを勧誘したくなったのではないか?」

 俺は彼女に軽い恐怖を覚えると同時に、興味がわいてきた。

「……そういえば名前を聞いていなかったな。俺はユートっていうんだけど、君は?」

 彼女は腕を組み、不遜な態度で答えた。

「我の名はレイチェル。――大魔導士レイチェルである」

「ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Kまる

    この○ば

    0
  • LLENN

    凄く同意、私は爆裂魔法しか愛せない!的なやつか

    3
  • ノベルバユーザー197196

    めぐみんで草

    5
コメントを書く