話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~

結月楓

第十七話 スーパールーキー

「ごめんくださーい」

 俺とレイチェルがギルド集会所の門をくぐると、中には気怠そうな顔をしたお姉さんがカウンター越しに座っていた。彼女が受付だろう。

「いらっしゃい。クエスト希望の冒険者かい?」
「はい、俺たち今日初めてクエストを受けるんですけど……クエスト一覧でしたっけ? 見せてもらえますか?」

 俺がそう伝えると。受付のお姉さんは手元にあるクエストの一覧表を俺たちに向けて見せてくれた。

「残念だね、今日は面白いクエストは入ってないんだよ。町の見回りか、清掃活動かのどちらかしかないよ」

 一覧表をみると、見回りの報酬は五千ソル、清掃活動の報酬は三千ソルと書かれている。

 なんか俺が思っていたクエストとちょっと違うな。もう少し冒険者らしいことをするのかと思っていたけど、バイトみたいな感じなのか。

「……それじゃあ見回りをしたいんだけど、レイチェルもそれでいいか?」

「うむ、我が力を発揮するにはちょうど良いであろう」

 レイチェルはやる気満々といった感じで返事をした。
 見回りも清掃も退屈そうだし、嫌がるかと思っていたけど結構乗り気なんだな。案外真面目だったりするのかもしれない。

「というわけでお姉さん、見回りのほうでお願いします」
「はい、見回りね。そしたら名前をここに書いてもらえる?」

 俺が二人分の記入を済ませると、受付のお姉さんから地図が手渡されてクエストの説明が始まった。

「その地図に線が引かれているところが巡回ルートになるんだ。そこを二周回って、道中で不審者を見つけたら捕まえてくれればいいし、もめ事があったら仲裁してほしい。簡単だろ?」

 俺とレイチェルは頷いた。

「最近は店や家屋に保管してある召喚の触媒が盗まれる被害が相次いでいてね。……なんでも組織ぐるみの犯行みたいで、盗んだ触媒を使って儀式を行うためのシスターも絡んでいるって話さ。そういうわけだから、しっかり見回り頼んだよ。あと巡回の際にはこの腕章を着けること」

 受付のお姉さんから腕章を渡されると、俺たちはすぐに装着して見回りに出かけた。

 それにしても盗んだオーブでガチャを回す輩がいるなんて許すまじだな。見つけたらとっ捕まえてやる。


――――――――――――――――――――


 見回りを始めてから二時間は経過しただろうか。今のところ町に異常は見られず、道端では子供が追いかけっこをして遊んでいる。

「……なんというか、平和だな。盗難事件があるなんて嘘みたいだ」
「平和で結構ではないか。我が魔力を見せられないのはちと残念であるが」

 レイチェルと呑気に会話をしていると、道の向こうから見覚えのある人影が近づいてきた。

 重々しい鎧に身を包み、漆黒の剣を携えるその姿は……モガディシュだ。その横には、長尺の槍を抱えた爽やかな青年もいる。

「久しぶりだな、ユート。新人冒険者がクラーケンを倒したというのは専らの噂だぞ」
「……そいつはどーも」

 俺は軽く会釈をしてそのまま通り過ぎようとする。

「まあそう急ぐな、ここで会ったのも何かの縁だ。うちの新人を紹介しようじゃないか。おい、アデル!」

 モガディシュに言われて、横にいる青年――アデルが俺に挨拶をする。

「君がユートだね、一度会ってみたかったんだ。僕はアデル、先週から冒険者稼業を始めたんだ。よろしくね」

 そういうと、手を差し出して握手を求めてきた。
 どうやら彼は俺とモガディシュが険悪なのを知らないみたいだな。

「……よろしく」

 俺は困惑しながらもアデルに握手を返した。
 すると、レイチェルが両手を上げて存在をアピールし始めた。

「これ、わたしを無視して話を進めるでない!」
「すまなかったね、お嬢さん。君はユートのお仲間かな。よろしく」

 そういって、爽やかな笑顔を崩さずにレイチェルにも手を差し出した。――その瞬間モガディシュが声を上げる。

「待て! アデルよ。ユートはともかく、そのような小娘に挨拶する必要はない。貴様は選ばれた人間なのだから、その自覚を持って行動しろ」

 相変わらず差別思考を持っているようだな、救えない奴だ。

 俺はうんざりして、レイチェルの手を引き先に行こうとすると、レイチェルは納得していない様子で文句を言う。

「待つのだユート! おい、モガディシュと言ったか。この稀代の魔導士レイチェル様に向かって、よくそんなことがいえたものであるな。……くく、少々お仕置きをしてやるのである」

 レイチェルはニタリと笑ってヴルトゥームを召喚すると、巨大な体に巨大な羽、そして二つの頭を持つドラゴンが現れた。

「――こ、これはツインヘッドドラゴンか!? こんな上級モンスターを呼び寄せるとは、貴様! 何奴だ!」

 モガディシュはそう言うと、剣を構えてジリジリと後ずさりを始めた。明らかに焦っている様子で、額には汗が浮かんでいる。

「聞こえなかったのであるか? 今度はよく聞くのだぞ。……我の名はレイチェル! 大魔導士レイチェルである!」

 レイチェルがまたハッタリを言っているが、モガディシュの野郎には通用しているみたいだ。……いいぞ、もっとやれ。

「ふーん。面白いね」

 横で見ていたアデルが呟くと、すました顔をして槍を構え召喚を呼び出した。――こ、これは!? 俺にとっては見覚えがある――というよりはいつもそばで見ている。

 アデルが呼び出した召喚はオーディンだった。

「こいつ、俺と同じオーディン使いか!?」

 俺が驚いたのも束の間、アデルは一足飛びにツインヘッドドラゴンの頭上に浮かんだと思ったら槍をクルクルと回し、右の頭に一閃、左の頭にも一閃――ほとんど同時に二つの突きを繰り出した。

「……おやっ?」

 アデルは突きの手ごたえのなさを感じたのか、フフッと笑いレイチェルに語り掛ける。

「お嬢ちゃん、いたずらは良くないよ」

「むむっ……先に無礼を働いたのはそちらであろう」

 レイチェルがふくれっ面で言い返すと、

「それもそうだね……。モガディシュさん、このドラゴンは幻覚です。警戒する必要はありませんよ」

 アデルはモガディシュに振り向いて言った。

「くっ、小娘が。俺をおちょくるとはいい度胸だ……。ユートよ、貴様も覚えておくとよい! オーディンはお前だけの専売特許ではないということをな。アデルのオーディンが最終開放されれば、お前など足元にも及ばなくなるわ!」

 モガディシュはそう言った後にティンダロスの猟犬を呼び出し、アデルと共に姿を消した。

「なんだったのだあやつらは……」

 レイチェルは肩をすくめて言った。

「どこの世界にも変な奴はいるもんだな……。それにしてもレイチェル、ナイス幻覚だったぜ! モガディシュの野郎があんなに焦ってるところ、初めて見たよ」

「そうであろう、そうであろう。我が魔力の神髄であるな」

 レイチェルは褒められて気をよくしたのか、笑いながら答える。

「ああ、それじゃあ気を取り直してちゃっちゃと残りの見回り終わらせちゃおうぜ!」

 俺はレイチェルの手を引いて歩き出した。

「むっ……!? 慌てるでない! 自分で歩けるのである」

 俺たちは先程の出来事がなかったかのように、見回りに戻った。

 しかし、俺はレイチェルと会話しつつもアデルのことを考えていた。アデルの鮮やかな槍捌き。あいつのオーディンは最終開放されていないにもかかわらず、あんな動きができるなんて……。

 俺は空恐ろしさを感じ、俺ももっと強くならなければいけないと、焦りを覚えたのであった。

「ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Kまる

    アデルってアデル・フォン・アスカムやないか

    2
コメントを書く