話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~

結月楓

第二十四話 二人きりの部屋

 裸のまま残された俺は、凍えるほど冷えた部屋の中で身震いする。

「くそっ! 何も俺の服まで持っていくことはないじゃないか。……なにか着るものはないか」

 俺は部屋を見渡すと、犬やウサギのぬいぐるみ、ひよこをモチーフにしたマスコット人形などのかわいらしいものばかりが目に映る。

「ここはアリサの部屋……だよな? あいつ、ああ見えて結構ファンシーなものが好きなんだな」

 そういえば水着を選ぶときもかわいらしいのを選んでたな。今度何かプレゼントするときの参考にしよう。……と、今はそんなことを考えている状況じゃなかった。

 今なら簡単に逃げることはできるだろう。しかし、そんなことをしたらまたアリサの両親の怒りを買ってしまうのは間違いない。……残念ながら、ここは待つしか方法はなさそうだ。

 しばらくの間部屋で待っていると、ノックの音が聞こえてくる。――やっと来たか。

「プリンセスのご登場よ!」

 アリサの母親に手を引かれて、シースルーのネグリジェ姿でアリサが部屋の中へと入ってくる。うっすらと見える彼女の下着は扇情的で、俺の視線は釘付けにされてしまう。

「それじゃあ後はお二人で、ゆっくりと楽しんでねー!」

 アリサの母親は笑顔で俺たちにウインクすると、ドアを閉めて部屋を出て行った。……よかった、下手したらずっと監視されるのではないかと思っていただけに、この状況はありがたい。

「……あんた、なんて格好してるのよ」

 パンツ一枚の俺の姿を見てアリサは言った。

「……それはお互い様だろ」

 アリサはほとんど下着姿の自分の姿を思い出したのか。顔を赤くして下を向いてしまう。

「…………」

 気まずい沈黙が俺たちを包む。

「あんた、まさか本気でする気じゃ……ないわよね?」

 アリサが重い口を開き、俺に言った。

「…………」

 俺はアリサを無言で見つめ、二人の視線が重なり合った。

「……う、嘘でしょ!? あんたがいくら馬鹿でデリカシーもなくて変態だからって、さすがにないわよね!?」

 俺がアリサのほうに一歩ずつ近づくと、アリサはたじろいで部屋の入り口のドアに向かって後ずさりする。

「ユ、ユート!? どうしちゃったのよ、ねえ! なんとかいいなさいよ!」

 アリサは顔を真っ赤にしてドアにもたれ掛かる。俺は左手をアリサの肩に添えると、顔をゆっくりと近づけた。

「――っ!? ――!?」

 アリサは慌ててぎゅっと目を閉じる。

 「――なーんてなっ」

 俺はアリサのおでこにデコピンをした。……以前ローザにやられたときとは逆に、俺が仕掛ける側をやってみたわけだが、意外な反応が見れて面白いな。

「あ・ん・た・ね~!!」

 アリサは両手のこぶしを握りしめて怒りをこらえている。

「一瞬ドキッとしちゃったわたしが馬鹿みたいじゃない! ほんっと最低ね!! 最低よ!!」

 アリサはそう言うと、後ろをぷいっと向いてしまった。……さすがに怒らせてしまったか。

「わるいわるい、冗談にしてはやりすぎだったな。謝るってば、許してよ」

 おれはすまないと手でポーズを取りながら言う。

「……とりあえず、なんか服着なさいよ」

 アリサは低いトーンで俺に言った。

「それがさ、俺の服をお前の母ちゃんに持っていかれちゃったんだよな」

 アリサは無言で部屋の隅にあるチェストのふたを開け、ローブを取り出して俺に渡した。

「はい、それならあんたでも着れるでしょ?」

 俺は渡されたローブに袖を通した。

「ありがとう。少し小さいけど問題なさそうだ。……それで、これからどうする?」

 俺はまじめな表情でアリサに聞いてみた。

「……わたしはシルヴィアの部屋に行って寝るわ。あんたはわたしのベットを使っていいから。あと、くれぐれも部屋のものには触らないでよね!」

「大丈夫大丈夫、俺だってそこまでデリカシーないわけじゃないから安心しろよ……」

「ふんっ、どーだか」

 アリサはそう言って部屋のドアノブに手をかけたかと思うと、

「――あ、あれっ!? ちょっとユート手伝って! ドアが開かないの!」

 俺に助けを求めてきた。

「ちょっと貸してみろ。よっ! ――だめだ、この感じだとドアの向こうに何か置いてあるな」

 その時、俺はドアの隙間に紙が挟まっているのを見つけた。

「……なんだろ、これ?」

 紙を広げてみると文字が書かれていた。

”あなたたちがもっと仲良くなれるように、ドアの向こうは雪でふさいでおきました。男の子と女の子を一人ずつ作ってくれるとうれしいな。 パパ・ママより”

「――なっ!?」

 俺とアリサは、はっと顔を見合わせた。

「あのバカ親めーーー!!」

 アリサは憤りを隠さずに大声を上げる。

「ユート! オーディンで入り口をぶち破って頂戴!」
「いや、オーディンは鶏を追いかけるときに使っちゃったんだけど……」
「じゃあ、イフリートで雪をドアごと燃やしていいわよ!!」
「いや、それはさすがにやばいだろ……。火事になるぞ」

 アリサは冷静さを失っているようだ。まあ男と二人で密室の中に取り残されたらそうなるよな。

「……とりあえず落ち着こうぜ。俺は床に寝て、お前はベットに寝る。そうすれば何も起きる事はない。――な? 解決だろ?」

 俺だって男だし、同じ部屋に女の子がいる状況で手を出さない自信があるわけじゃない。――でも寝る場所さえ分ければ、なんとか理性を保つことくらいはできるはずだ。

「わかったわよ……」

 アリサは納得してくれたようで、ベッドに入り就寝の準備を始めた。

「それじゃ、明かりを消すわよ」
「ああ、頼む」

 アリサがランプにともった火を消すと、部屋は夜の闇に包まれた。

「ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く