話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~

結月楓

第二十五話 伝わる温もり

「――へっくしっ!!」

 俺がくしゃみをすると、暗い部屋の中に大きな音が響き渡る。この部屋はさっきまでアリサ母が雪を俺にぶちまけていただけあって寒いのだ。

「……もうっ、うるさいわね」

 ベットの上からアリサの文句が聞こえてくる。

「仕方ないだろ? 寒いものは寒いんだよ」

 生理現象には逆らえないのは人類の常識である。

「……そんなに寒いのなら……ベッドに入ってもいいわよ」

「えっ!? いいの」

 アリサが一緒のベッドに寝ることを許してくれるなんて、なんというか意外だ。

「勘違いしないでよね! あんたのくしゃみがうるさくて眠れないって言ってるのよ!」
「はい、今日のツンいただきましたー!」
「……馬鹿なこと言ってると入れてあげないわよ?」

 正直なところアリサに許可されたとしても、ベッドで女の子と一緒に寝るのは緊張する。
 ましてやシングルベッドである。
 俺の中の野獣が目を覚ましてもなんらおかしくない。
 でもこの寒さには耐えられないので、ここは甘えるとしよう。

「……本当にいいんだな?」
「――いいっていってるでしょ!」
「それじゃ、おかまいなく! とうっ!」

 俺はジャンプしてベッドに飛び乗る。

「まったく……。あんた子供ね」
「ああ、子供さ! 子供で結構! ――ママー! 抱っこして―!」

 俺はそう言うと、アリサに抱きついた。

「――ちょっと! バカ! やめなさい!」

 当然のようにアリサは反撃をしてきて俺の股間にアリサの膝蹴りが当たる。

「――うっ。……お前の金的はもはや芸術の域にまで達しているな」

「そんなもの他の芸術に対して失礼すぎるでしょ! ――次わたしに近づいたら、二度とその粗末なものをつかえなくしてあげるから」

 ふっ、俺のものが粗末かどうかなんて、見たことのないお前にはわからないだろう。しかしそんなことを言ってしまうと床に蹴落とされそうな気がしたので心にしまっておく。

「アリサ、ありがとな」
「……なによ、突然?」

 アリサは俺の反対側を向いたまま返事をする。

「うーん、なんだろう。お礼が言いたくなっちゃってさ、今布団に入れてくれたこともそうだけど、それだけじゃなくて色々あったからな」

 アリサは少し黙ったかと思うと、

「……お礼を言うのはわたしのほうよ。あんたがいなければ、中級冒険者になることなんてできなかっただろうし、そもそも冒険者を続けられていたかどうかもわからないわ」

 最後の方は声が小さくなって良く聞こえなかったが、感謝してくれてるってことでいいのかな。

「お、今日は珍しく素直だな。今度は正真正銘のデレ期到来か! まあ俺ってお前の婚約者らしいしな!」

 俺は気恥ずかしくなって、冗談を交えて返事をする。

「……もうっ。いいからさっさと寝るわよ」

 アリサはまくらを抱えて顔をうずめてしまった。
 ……俺もそろそろ寝るかな。


――――――――――――――――――――


 ――だめだっ! 寝ようと思ってもなかなか眠れない。すでに眠ろうとしてから一時間は経過している。

 そもそもこの状況で何もしないで寝ることってできるのか? もしかして何もしないことは逆にアリサに失礼なんじゃないかとさえ思えてきた。
 でもそんなことしたらアリサの超モンスターペアレンツの目論見通りになっちゃうし、一体どうしたらいいんだ!

 俺はベッドの中ゴロゴロと転がって心を落ち着かせる。すると、横で寝ていたアリサが俺の方に向けて寝返りを打ってきた。

「――アリサ!?」

 アリサの返事はない。……眠っているようだ。月明かりに照らされて、アリサの寝顔が俺の瞳に映る。

「……黙ってれば本当に美人だよな」

 アリサに聞かれたら殴られそうな言葉を呟いた。こんな美人と添い寝できる男なんてこの世界、いや、前の世界を含めてもほとんどいないだろう。

 アリサが寝返りを打ってからは俺との距離はほとんどなくなり、布団の中ではアリサの体温が感じられる。
 布団の隙間からは下着をつけたアリサの胸が見える。アリサと出会ったときに一度だけ触ったことがあるけれど、あの時は出会ったばかりだしただの肉欲でしかなかった。

 ――でも今は、一緒に冒険をし、一緒に生活をしてきたことであの時とは全く違う感情が沸き起こっている……本当の意味でアリサに触れてみたいと心から思ってしまった。

「ごめん、アリサ」

 俺はアリサの胸に手を伸ばすと、アリサは熱っぽい表情で俺を見ていた。

「アリサっ、起きていたのか!?」
「当り前じゃない、こんな状況で寝られるわけ……ないでしょ!」
「ま、そりゃそうか。じゃあお互い気持ちの昂ぶりを抑えるためにキスしよっか」
「はぁ!? なんでそうなるのよ」

 アリサは呆れたようにジト目で俺を睨む。

「でもさ、キスくらいはしとくと明日ご両親に感想を聞かれたとき答えやすいんじゃないか? 俺も乱暴にはしないからさ!」

 俺はちょっとずるい作戦でアリサを追い込む。
 本当はもっとストレートにお願いしたいところだが彼女は絶対に拒否するだろう。ついさっきも拒否されたばかりだし。

 実はずっと俺はアリサの薄ピンク色のみずみずしい唇に目が奪われているのだ。正直我慢の限界だ。

「わかったわよ。……まあユートなら」

 そこまで言って言葉を止める、決心をつけるのは難しいのだろう。その時、

 ――ドンッっと扉の開く音がした。

「……ユート! ……お姉ちゃん! ……たすけに……来た」

 スコップを持ったシルヴィアが部屋に入ってきた。俺たちの部屋が雪でふさがれているのを見て助けに来てくれたのか。ありがたいことではあるんだけど、なんともタイミングが悪いな。

「ユートと……お姉ちゃん……何かしてた?」

 シルヴィアが首を傾げて俺たちに聞いてくる。どう答えればいいのだろか。

「……べ、別に何もしてないわよ」

 アリサはまだ火照ったような顔をしている。

「……それなら、シルヴィアも一緒に寝ても……いい?」

 シルヴィアは一人で寝るのが寂しかったのだろうか?

「ほら、おいでよ、シルヴィア」

 俺はシルヴィアに呼びかけた。

「……うん」

 シルヴィアはトテトテと歩いてきて俺とアリサの間に入った。……シングルベッドに三人だから、大変だ。

「アリサ、今日の続きはまた今度な」
「何言ってるのよ馬鹿っ! あんた本当馬鹿でしょ!」

 俺は聞こえないふりをしてそのまま目をつぶる。
 今日は本当に色々あったな。
 明日この状況をアリサの両親がみたらどう思うだろう?
 まあそんなこと考えてもしょうがないか。
 俺は考えるのをやめて、眠りにつくのであった。

「ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く