話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~

結月楓

第二十六話 帰り道

「……ユート……起きて……朝、だよ」

 俺は寝ぼけまなこで見上げると、シルヴィアが俺にまたがって座っていた。

「……ん、もう朝か。シルヴィアは早起きさんだな」

 俺は体を起こしてシルヴィアの頭を撫でると、横からアリサの声が聞こえてくる。

「――もう朝か、じゃないわよ。いつまでわたしの部屋に居座るつもりよ」

 そういえばここはアリサの部屋なんだよな。
 昨日の事が夢のように思い出される。
 アリサとキスはできなかったけどドキドキの夜だったな。

「――聞こえてるの? 何ぼーっとしてるのよ?」

「わるいわるい、ちょっと考え事をしちゃってな」

 俺はそう言ってベットから立ち上がった。その直後、部屋のドアを勢いよく開けてアリサとシルヴィアの両親が揃って入ってきた。

「おはよう! アリサ! ユート君! 昨日は二人の記念すべき夜になっただろう? 気分は如何かな?」
「パパったら、やーね。それを聞くのは野暮ってものよ」

 俺たちを閉じ込めておいて良く言うぜ。俺は呆れてため息をついた。

「……む? ユート君はどうやらお疲れのようだね。昨夜はそんなに激しかったのかい?」

 アリサ父は相変わらず娘の前で言うセリフとは思えないことを聞いてきた。

「え、あ、まあ、程々でした……」

 俺は適当に返事をすると、アリサ父はベッドに座っているシルヴィアが目に入ったようで、

「――おや、そこにいるのは、シ、シルヴィアか!?」

 と言ってわなわなと震えだした。

「……そんな、アリサだけでは飽き足らず、シルヴィアにまで手を出すとは。まだシルヴィアは子供だと思っていたのに。……パパは……パパは認めんぞ!! 認めんぞーーー!!」

 アリサ父は泣きながら走って部屋を出て行ってしまった。

「あらあら、ユート君ったら、お盛んなのね」

 アリサ母はくすくすと笑っている。――この両親の倫理観はどうやら俺には異次元過ぎて理解することはできなそうだ。


――――――――――――――――――――


 その後、みんなで朝食をとってから別れの挨拶をすませ、最後にはたくさんの地鶏のお土産を貰って俺たちはアリサとシルヴィアの実家を後にした。

「……お前たちの両親、かなりぶっ飛んでるのな」

 帰りの道中、俺はアリサとシルヴィアに向かって言った。

「普段はあんなじゃないのよ。……ただ、時々暴走するとおかしくなっちゃうみたい」

 アリサはやれやれといった表情で俺に返事をする。

「これに懲りたら、もうわたしの実家に行きたいなんて言わないことね」

 確かにあの両親、特に雪女使いの母親は恐ろしかった……。二度とあんな目にはあいたくない。

「うーん、でもやっぱりお前たちの実家に行けてよかったと思うよ。……大変だったけど、俺たちの結束力も高まっただろ?」

「そうかしら? ……わたしはもうあんなことが起きるのはごめんだわ」

 アリサはそう言って足元の石を蹴飛ばした。

「……あ……猫さんだ……」

 シルヴィアは道の向こうに猫がいるのを見つけると、猫に向かって小走りで歩いて行った。俺とアリサは足を止める。

「……ねえ、あんたさ」

 アリサは思い悩んだような顔をして俺の方をチラリと見る。

「……もし、もしもよ。本当に私たちが結婚するってなったら……どう思う?」
「――えっ!?」

 アリサの思いがけない質問に、俺は驚いて変な声がでてしまった。

「――いや、やっぱ今のなし! あんたと結婚するなんてありえないわね。エッチだし無駄遣いするし甲斐性なしだし変態だし!」

 そう言って俺の返事を待たずにさっさと前に行ってしまった。……アリサの俺への言葉は容赦ないが、こういう時は照れ隠しで言っていることを知っているので、俺は一人でくすっと笑ってしまう。

「おーい! シルヴィア、もう行くぞー」

 俺はアリサを追いかけながら、猫とじゃれあっているシルヴィアに向かって叫んだ。

「……ま、待って」

 シルヴィアは猫にじゃあねと手を振ってから、俺たちの方へと走りだす。

 そしてまた三人で肩を並べて、帰り道を歩いて行くのであった。

「ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く