話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~

結月楓

第二十八話 作戦会議

 翌日、約束通りにアデルがうちのギルドに訪れた。俺はアデルを迎え入れると、すぐにみんなをロビーに集めて作戦会議を開始した。

「みんな、集まってくれてありがとう。……いきなりで悪いのだけど、モガディシュを早く捕まえないとまずいことになってしまいそうだ」

「――なにか向こうで動きがあったのか?」

 俺は間髪入れずにアデルに質問した。

「うん、そういうことなんだ。……どうやら今日の昼に、元教会のシスターがうちのギルドのマスタールームに来るらしい。――この意味が分かるかい?」

 アデルはそう言って、俺たちの顔を見回した。

「……召喚の儀……ね」

 ローザが重々しい表情で呟いた。

「――その通り。モガディシュが集めたオーブを使おうしているのは間違いない。あれだけの数のオーブを使えばレアな召喚も手に入ってしまうだろう。……そうなるとモガディシュの捕獲は今よりももっと難しくなってしまう」

 アデルの額には汗が浮かんでおり、焦りが感じられる。

「……のんびりはしてられないってことか。それじゃあ早速作戦の説明を頼むぜ、アデル」

 俺はアデルの肩をぽんっと叩いた。

「ああ、わかった。……僕が知る限りでは、モガディシュが今現在所持している召喚は二つ――一つ目はティンダロスの猟犬だ。ユートとレイチェルは見たことあるよね?」

「……むっ、あの異様な風体の四つ足の召喚であるか? 煙と共にあやつがあらわれてから、モガディシュとお主が一瞬で消えていなくなったように見えたな……」

 レイチェルがしかめっ面をして言った。モガディシュと出会ったときのことを思い出しているのだろう。

「あれはね、煙の中に異次元のゲートが現れて、その中をくぐることで別の場所に移動したんだよ。……とても厄介な能力だよね」

 レイチェルがほほうと頷くと、アデルは話を続けた。

「――そして二つ目の召喚はアトラスだ。アトラスの加護は腕力の強化でね、モガディシュはこの加護により大剣を自在に操っているのさ」

 ……アトラスか、ギリシャ神話で見た記憶があるな。……たしか、ゼウスから罰として世界を支え続けることを命じられたティターン族の巨人のことだったはずだ。

「――アトラスはともかく、ティンダロスの猟犬による空間移動がネックだな」

 モガディシュを見つけて追い詰めたとしても、逃げられてしまっては意味がない。

「そうだね。……だけど攻略法がないわけじゃない」

「……どんな攻略法があるんだ?」

 俺はアデルに疑問のまなざしを向けて言った。

「さっき僕が言ったように、モガディシュが空間移動をするためには異次元のゲートを発生させて、そこをくぐる必要があるんだ。――だから、ゲートをくぐる前にモガディシュの動きを止めてしまえばいいのさ。僕か君のオーディンを使えば不可能ではないだろう?」

「……簡単に言ってくれるな。やつはゲートをくぐるだけ、しかも煙で辺り一面が見えなくなるんだぞ」

 ――その間に止められる自信はハッキリ言ってない。俺は正直な気持ちをアデルに伝えた。

「……君ができないなら僕がやるよ。そうしたら君は援護してくれるだけでいい」

 アデルは少し残念そうな顔をして言った。……アデルの言っていることは作戦というほどのものではない。強行突破をすると言っているようなものだ。もう少し確実性のある方法はないだろうか。――その時、俺はパッと閃いた。

「――不意打ちだ。俺が奴を不意打ちで攻撃するのが一番確実だ」

「……不意打ち? 残念ながらそれは難しいと思う。モガディシュは普段鍵のかかったマスタールームにずっと籠っているんだ。どうしたって部屋に入るときに怪しまれてしまうよ」

 アデルは怪訝な顔をして言った。俺はチッチッチと指を振り、

「……それが俺にはできるんだな。――ローザ! サルガタナスのオーブはきちんと部屋に保管してくれているよな?」

 ローザに尋ねると、ローザはハッとした表情をして答える。

「――勿論よ! 大事にとってあるわ」

「……実は俺にはオーディンやイフリート以外にも強力な召喚がいてな。――それがサルガタナスだ。召喚加護は凄いぞ! なんといったって姿を消せるんだから」

「――姿を消せる!?」

 ローザ以外のみんなは驚いた表情で俺を見つめる。

「――そうさ、姿を消した後で昼に来るシスターの後をつけていってマスタールームに入れば、不意打ちするのも楽勝だろ?」

「……確かにその作戦はよさそうだ。さすがユート、注目度No.1の冒険者なだけあるね」

 アデルはようやく笑顔を見せて俺に言った。……注目度No.1? そんなに俺って注目されているのか。悪い気はしないけど、流石に大袈裟な気もするな。

「……そうなると、わたしたちは特にやることもなさそうね」

 アリサは何とも言えない複雑な表情を浮かべて言った。

「君たちは、モガディシュを捕まえた後に連行するのを手伝ってくれるかな。ユートにしろ僕にしろ、オーディンの効果は長く持たないからね」

「――わかった。シルヴィアとレイチェル、それにローザはわたしと一緒にギルドの入り口で待機するってことでいいわね?」 

「それでお願いするよ。……僕はユートに共犯のシスターが来たことを伝える係をやろう。――うん、役割は決まったね。それじゃあみんなの準備ができたらすぐにでも出発しよう」

 アデルがそう言うと、みんなは一斉に準備を始めたのであった。

「ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Kまる

    ねえ透明化できるの言ったらバレるんじゃない?

    1
コメントを書く