話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~

結月楓

第五十話 組織からの刺客

「なあローザ? 教会から煙が出ているように見えるんだが……」
「確かに、様子がおかしいわね」

 プスプスと教会の天井から黒い煙が湧き上がっている。もしかしてこれって火事なんじゃ……?
 俺は急いで教会の中を確認しようとすると、頭の中に直接声が響いてきた。

『ローザ! ユート! 教会の中には敵がいる、入ってきてはダメッ!!』

 この声はミルドレッドの声だ。ローザは俺が扉を開けようと伸ばした腕を抑える。

「――ミルドレッドの召喚『ミ=ゴ』によるテレパシーだわ! 彼女はこの召喚で周囲の人にテレパシーで交信ができるの。一旦隠れて指示を待ちましょう」

 俺とローザは教会の入り口から死角となる角っこに身を屈めて潜んだ。

『いいか!? お前たちはここから逃げて、セレナード大陸の教会にこの事態を伝えてくれ。――ヘルヘイムのエリート召喚士はもう完成していた・・・・・・・・と。……いいか、必ず逃げるんだ。さもないとみんな殺される。――ぐっ』

 ミルドレッドのうめき声が最後に聞こえ、交信はそこで途絶えてしまった。

「……エリート召喚士が完成? エリート召喚士ってたしか、Sランク以上の召喚をMAXまで解放しているってことだよな?」
「そうよ……。それにしても助けを求めるんじゃなくて逃げろだなんて」

 俺は無言で立ち上がると、教会の入り口の扉に再び向かう。

「ちょっと、ユート君!? ミルドレッドの指示を聞いていなかったの? ここは逃げろって言われたでしょ!」

「……関係ない。このままここから逃げ去ったらみんなが危ない」

「あのねっ! ミルドレッドは異端審問機関でずっとリーダーをやってきたの。そのリーダーが逃げろって言うんだから戦っても勝ち目なんてないのよ! 今やるべきことは戦うことじゃない、逃げて情報を伝えることよ!」

「普通ならそうなんだろうな。でも俺が機関に入ったのはつい最近、ミルドレッドは俺の本当の強さを知らないはずだ。――待ってろローザ、すぐに片づけてくるから」

 俺はローザの制止を聞かずに扉を開いて中へと入った。


――――――――――――――――――――


 肉の焼ける匂いがした。ここは教会なのかと疑うほどに、いつもとは違う光景だった。
 ――灼熱の業火、倒れる人、焼け落ちた長椅子。
 地獄のようなこの場所の中心には、紫の肌を持つ魔神を従えた長身の男が立ち尽くしていた。

「お、まだ教会の犬が残っていやがったか」

 その男は俺を見るなり、嬉しそうにくくっと喉を鳴らす。

「お前がこれをやったのか?」
「そうだが、何か問題でもあるか?」
「――大有りだっ!」

 俺は速攻でイフリートを召喚し炎弾を男に放った。しかし、男に炎弾が到達する前に床から火柱が勢いよく噴き出して、俺の放った炎弾はかき消されてしまう。

「――弱い! 弱い! 教会の犬はどいつもこいつもしょぼっちい召喚しか使わねぇ! こんなんじゃ欠伸がでちまうぜ」

 くそっ、なんだあの火柱は……? それに教会全体が焼けるように熱い……。あいつの後ろにいる召喚の効果か? 俺は喉の奥まで焦げ付くような熱さを堪えながらルーペを覗き込んだ。


『SSランク召喚獣 ロキ』 ●●●●●
神と巨人族の血を半分ずつ引く異色の魔神。
元々はオーディンと義兄弟の契りを結び、
神の国アスガルドに住んでいたが、世界終末の日
――ラグナロクに巨人族を率いて神々に敵対した。
ロキの加護を受けたものは自身の周辺を灼熱の
フィールドに変換し、火柱を自在に操れるようになる。
【召喚持続時間:一時間】


「最終開放されたSSランク召喚だって!? どうりで強力なわけだ……」
「今更わかったって遅いぜ? お前のイフリートなんて俺様から見ればカスみたいなもんなんだよ。逃げるなら今のうちだぜ? もっとも……逃がしはしないがな」

 男はギラギラとした視線を俺に向けて指を鳴らしている。

「……ユート、何故ここに入ってきた。……逃げろと……いっただろ」

 ヘルヘイムの男のすぐ近くに倒れていたミルドレッドが、息も絶え絶えな様子で俺に言った。

「安心しろ、リーダー。こいつより俺の方が――強い!」
「……馬鹿言ってないで……逃げ……がはっ!!」

 ヘルヘイムの男がミルドレッドを無情にも踏みつけた。

「死人は黙ってろ。今は俺と小僧の勝負中なんだ、邪魔すんじゃねえよ」
「おい、てめえ! その汚い足をミルドレッドからどけろ」
「はあ? 誰に命令してんだ、コラ」

 男は殺気のこもった目で俺を睨みつける。そしてすぐさま魔力を放出し、俺の居る場所の床から火柱が湧き上がった。

「うわっ、危ねえ!」

 俺は咄嗟に横ステップして火柱を躱した。しかし躱した場所にもまた火の手が上がる、またしても俺は横ステップで躱した。

「ちょこまかとこざかしい小僧だ。なら一気に焼き殺してやろうか?」

 男はそう言うと、今度は俺の四方八方を取り囲むように火柱を打ち出した。

「――逃げるスペースがない!? こうなったら……」

 俺は上を見上げた。上から火柱を飛び越えれば躱せそうだ。
 オーディンを召喚して俺は飛び上がった。

「逃がさねえよ」

 なんと、今度は床からではなく天井から床に向かって火柱が湧きでてきた。――このままいくと炎に頭から突っ込んでしまう。

「――おりゃあああぁぁ!」

 俺はイフリートによる炎を天井目掛けて思い切り放った。

「……所詮ガキだったか。イフリートの炎がロキの炎に勝てないのはさっき見ていただろうが、ちっ」

 男は興が覚めたようで、舌を鳴らしてがっかりする。

「イフリートがロキに勝てないか……それじゃあ何で俺は無事なんだろうな?」

 俺は男のすぐ後ろから声をかけ、すすまみれになった服をパタパタとはたいてみせた。

「――なに、いつの間に!? てめえ、俺の火柱を吹き飛ばしたっていうのか!?」

「最初にお前に放ったイフリートの炎弾はオーディンの力が入ってなかったんだよ。だからかき消されてしまった。でも今俺はオーディンを召喚している。……お前、オーディンの能力を知らないのか? 全ての能力を十倍だぜ?」


 ――それは・・・魔力も・・・例外ではない・・・・・


「さて、それではお仕置きタイムだ。教会のみんなを痛めつけてくれた分を返させてもらうぜ」
「――小僧っ!!」

 ――ゴギィィィィ!

 男が俺の方を振り返るよりも早く、俺の渾身の十倍右ストレートが奴の顔面を捉えた。

「ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く