話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~

結月楓

第五十七話 七人目

「しかしなんだ、うちのギルドって良いように使われてないか?」

 教会からの帰り道、俺はローザに愚痴をこぼす。結局、さやかはうちのギルドに所属しながら、地域への奉仕活動を行うということになったのだ。

「文句言わないの、教会の人間が監視できるギルドなんてこの大陸じゃうちくらいなもんだから仕方ないわよ。それに、可愛い女の子が増えるならユート君にとっては悪い話じゃないんじゃないの?」

 ローザはにやついた顔をして言った。

「まあ確かに……っておい、俺が女に目がないみたいな言い方しないでくれ」

「でも事実でしょ。さやかちゃん、ユート君に遊ばれないように気をつけなさいよ」

「いやいやいや、それ本当に誤解生む発言だからやめてくれ!」

 一緒に歩いているさやかは一瞬だけフッと笑ったように見えた。

「お、着いたぞ。ここがうちのギルドだ」
「……へえ、立派な家じゃない」

 さやかが感嘆の声を漏らす。

「この年でこの家の主なんだから自分でもよくやったと思うよ。といっても共同名義だけどな」

 言いながらドアを開けてさやかに中に入るように促した。

「それでは、お邪魔します」

 さやかは軽く礼をして中に入っていった。俺とローザもその後に続いた。


――――――――――――――――――――


「おーい! みんなー! 新しいギルドメンバーが加わったから出てきてくれ」

 ロビーには誰もいなかったので、大声で叫んだ。少し間をおいて、みんながぞろぞろと部屋から出てくる。

 ソファーの場所に全員が集まると、早速俺はさやかの紹介をはじめた。

「この子はさやかっていうんだけど、教会の指示でうちのギルドに身を置くことになったんだ。みんなよろしく頼むぞ」

「さやかと申します。しばらくの間お世話になります」

 さやかは深々と頭を下げる。それを見てエリーがハッと気づいたように声を上げる。

「あなた、ヘルヘイムのさやかですわね? ここに来たってことはわたくしと同じ立場になったってことですのよね?」

 さやかもエリーを見て驚いた様子をみせた。

「エリーじゃない? あなたもここにいたのね。……わたしもヘルヘイムから抜けて教会の監視下におかれることになったわ」

「やっぱりそうですのね。それにしても元ヘルヘイムの幹部を二人も抱えることになってうちのギルドは大変ですわね」

 エリーが自嘲気味に言った。

「いや、反省してるようだし元ヘルヘイムってことは気にしてないけどさ……問題は確かにあるよな」

「……問題ってなんですの?」

 みんなが俺に疑問の視線を一気に向けてきた。

「――部屋割りだよ! うちのギルドって部屋が五個しかないだろ? 今でもローザとエリーは相部屋だし、もう一人だれか相部屋してもいいって人いるか?」

 聞いてはみたもののなかなか返事は来ない。……エリー以外は知り合いってわけじゃないし、すぐにハイとは言いにくいよな。その肝心のエリーは既に相部屋だし、困ったぞ。

「――なんなら俺の部屋に来る?」

 つい魔が差してこんなことが口を突いてでてしまった。

「――ダメ・・よ! ダメに決まってるじゃない! 変態のあなたが女の子と相部屋なんてしたら結果はわかり切ってるでしょうが!」

 アリサが凄い剣幕で俺の案を却下してきた。却下されるのは当然として、ここまでの勢いで否定されるとは思わなかったぜ。

「……冗談だよ、冗談。……ちなみにアリサの部屋ってのはダメか?」

「え? わたしの部屋……大丈夫よ。その、さやかさんが嫌じゃなければだけど」

 アリサがチラッとさやかの方を見る。

「嫌だなんてとんでもないです。よろしくお願いします」
「ええ。わたしはアリサっていうの、よろしくね」

 アリサとさやかは固く握手を交わす。

「そうそう、さやかは俺と同じ世界から来た人間だから。俺とは同郷ってことだな」

「――えっ!?」

 レイチェル以外のみんなが驚いた。そういえばレイチェルはギルド感謝祭で既にそのこと知ってたな

「……ユートの世界……どんなところだったか教えて」
「ってシルヴィア、それ俺にも散々聞いたことじゃないか」
「……証言は一人より……二人……そのほうが……確実」

 シルヴィアは俺の元いた世界について調査する探偵か何かをしているのだろうか? やけに真剣な様子で思わず笑ってしまいそうになる。

「えっと、わたしの世界はね――――」


――――――――――――――――――――


 それから夕飯の時間までずっとさやかはみんなからの質問攻めにあっていた。
 さやかの顔には少し疲労の色が見えたが、すっかりギルドには馴染むことが出来たようだ。

「夜ももう遅いし、質問はそれくらいにしてそろそろ休もうぜ」

 俺はさやかを気遣ってみんなに声をかけた。

「今日はさやかちゃんにとっては激動の一日だったものね。ごめんなさい遅くまで付き合わせちゃって」

 ローザが申し訳なさそうに謝ると、さやかは笑顔を作り応える。

「大丈夫です。わたしも楽しかったので」
「なら良かったわ。……後はアリサちゃん頼んだわね」

 ローザの声にアリサは頷いた。

「さやかさん、それじゃあわたしの部屋まで案内するわ」
「お願いします」

 さやかはアリサの横にささっと寄った。

「それでは今日は解散! みんな良い夢を」

「良い夢をなんてユートらしくないのである。どうかしたのであるか?」

「……さやかの前で……カッコつける……ダメ」

 シルヴィアがジト目で俺の事を睨みつける。

「そ、そんなつもりじゃないってば。おやすみ!」

 変に追及される前に俺は自室にさっさと入った。

 部屋のベットに横になると、色々な考えが頭に浮かんできた。

 ギルドメンバーが七人になって、賑やかになったなぁ。
 ヘルヘイムとの決着はどうなるんだろう?
 さやかはアトゥムをガチャで引けるだろうか?
 明日は久々に冒険に行けるといいな。

 思考しているうちに徐々に意識が薄くなり、俺は眠りについた。

「ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く