話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~

結月楓

第五十八話 夜襲

「ユートはみんなのユートであるな!」
「……うん……みんなの……ユート」

 大浴場の湯船の中で、俺を中心にしてギルドメンバーが取り囲むようにお湯につかってくつろいでいる。

「みんなのユートかもしれませんけれども、わたくしの夫ですわよ。オーホッホッホッ!」

 エリーの高笑いが風呂場に反響していつもよりかなりのボリュームになっている。ムッとした顔でアリサが対抗する。

「なに言ってるのよ。なんだかんだ言っても最後にユートが選ぶのは……わ、わたしなんだからね!」

 ツンデレアリサの降臨である。
 でもあまりにもテンプレすぎるような。

「国際結婚は色々な障壁があると聞くわ。ましてや異世界結婚となるとそれはもうとんでもない障壁よ。ここは同郷のわたしとユートが結ばれるのが理にかなっていると思うわ」

 冷静な顔をしてさやかがとんでもないことを言っている、しかも裸で。いや、場所が場所だから裸なのは当たり前なんだけど。

 さやかの胸は大きくもなく小さくもない。いわゆる美乳という奴だ。ローザやエリーのようにインパクトはないがこれはこれで大変そそられる。

「みんな落ち着け、俺はみんなを相手する余裕のある男だ! 争うのはやめなさい」

 俺はタオルを頭に乗せながら、偉そうに腕を組んで言った。

「ユート君? そんな悠長なこと言ってると他の誰かに取られちゃうわよ? ……例えばアデル君とかに」

「――アデルにとられるだって!? それはいかん! みんなはちゃんと俺についてきてくれ、さあ!」

 俺は両手を広げてみんなに飛び込んでくるよう促す。
 ――一体何をしているんだ俺は?

「「「ユート、好き!」」」

 周りを取り囲んでいたみんなが一斉に目をハートにして俺の所に飛び込んでくる。

 こんな光景今まで見たことない、もしかしてここが楽園か? 俺がニヤニヤしていると、みんなは容赦なく俺に抱きついてのしかかってくる。
 素晴らしい状況ではあるが、身動きすら取れなくなってしまった。

「みんな、俺が好きなのはわかったからそれくらいにして落ち着いてくれ!」

 俺は叫んだが、誰一人その言葉に耳を傾ける者はいない。我先に俺とイチャラブしようと、お湯の中では足で互いを蹴り合うキャットファイトが起こっている。

「ダメよ! もっとわたしを愛して。わたしだけを見て!」

 アリサの声が響く。他のみんなも口々に俺への求愛の言葉を述べている。
 それと同時に俺へののしかかりも激しさを増していき、とうとう俺の頭がお湯の中に入ってしまった。

(待ってくれ……! 息が出来な――――)


――――――――――――――――――――


 ゴボゴボゴボ……、プハァ!

 気管まで入ってきた水を吐き出して俺は目を覚ました。

「……なんだ、さっきのは夢だったのかっ、てこれまたひどい状況だな」

 まだ外は暗い、雨が降っている様子もない。それなのに部屋がプールのように水で一杯になっていた。
 そしてまだまだ水位は上がってきている。もう間もなく天井まで達してしまうだろう。

 俺は急いでオーディンとイフリートのオーブを確保して召喚のセットを行う。
 どうやらもう一日のリセット時間は過ぎていたようで、オーブがピカッと輝き俺の体の中にスッと召喚が入っていった。

「さて、どうなっているのか状況を探らないとな」

 半分泳ぎながら部屋の入り口に近づきドアを開けると、マントをつけた見知らぬ男が立っていた。

「お前がユートだな。会いたかったぜ! 俺の名前はメイルシュトロム! ヘルヘイムの幹部で水のエリート召喚士ってことになっている」

 いきなり攻撃を仕掛けてきたからどんなせこい奴かと思いきや、名乗りはきっちり上げるタイプなのな。

「おい、取りあえずこの水を止めろ」
「止めろといわれてもな……。止めたかったら俺を倒すことだな!」

 メイルシュトロムの周りにはバリアのようなものが張られており、水っ気が一切ない。テテュスを使っているのだろう。
 水の中では動きがとても鈍くなってしまうので、こっちもシルヴィアに手を貸してもらわないと不利そうだ。

 俺はメイルシュトロムと戦うことは選択せず、シルヴィアの部屋に向かって一直線に泳いだ。

「おっと、いかせないぜ~♪」

 俺が泳いでいる方向とは逆向きの水の流れが押し寄せる。こいつはまずいな、思っていた以上に動きが制限されてしまっている。

 メイルシュトロムの横には三叉の槍を持つおっさんが突っ立っている。ルーペを見なくても召喚の名前は分かるけど、効果を確認する必要はあるな。

 もう少しで家全体が水に沈んでしまうというところで、なんとかスペースを見つけてそこでルーペを覗き込んだ。


『SSランク召喚獣 ポセイドン』 ●●●●●
ハデスの弟でありゼウスの兄。
海洋を司り、泉をも支配する神。
ポセイドンの持つ三叉の矛はあらゆるものを突き刺し、
また泉を湧き出すこともできる。
ポセイドンの加護を受けたものは海の加護を得て、
莫大な水を自在に湧き出すことが可能になる。
【召喚持続時間:一時間】


 ふう……、どいつもこいつもSSランクを最終開放しやがって! 俺のオーディンが目立たなくなるだろうが!

「ガチャって召喚士!~神引きからはじめる異世界ハーレム紀行~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く