五つの世界の神になる!?

仁龍と夜影

新年の挨拶回!

今回は話と関係ないです
急遽出しました!
仁龍と夜影です!
今回は新年を迎えるので去年あった悲しい新年の向かい方を僕のキャラを使って紹介したいと思います

いつもの新年の迎え方…

「あぁーもう少しで12時ですね皐月さん」
「うんそうだねー…あのゆっくりしてるとこ悪いけどルルさちょっとそば作るの手伝って?」
「はーい今行きますよー」

~数分後~

ゴッ!!

「痛いですよ!皐月さんなんですか?」
「お前そば手伝わなかったから無しな!」
「え…それはァァ嫌ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!というかそんな意地悪だから彼女も友達もできないんだァァ!」
「それとこれは違うだろぉぉぉぉ!!」

という感じで荒れてますが
あれは去年の事…

「あぁーもう少しで12時ですね皐月さん」
「うんそうだねー今年も終わるのかァー…」
「…?」
「どうしたの?ルル」
「お蕎麦作らないのですか?」
「あぁー今年はお前が作れ☆」
「はぁ~~!?いやいや作ったことないし無理ですよ!皐月さんがつくってぇぇぇ!」
「無理!何故ならば…彼女と一緒に初詣行ってくる♪」
「なんだと!?あの皐月さんにカノジョダッテェ!?」
「そうだじゃ言ってくる!」

そんなことで初詣の待ち合わせに早めに着き彼女と落ち合い、一緒に回った…

ガサゴソ

「絶対皐月さんの嘘だ…この目で見てやります!」
「皐月君生まれて初めて彼氏との初詣で楽しいよ」
「僕もだよ〇〇ちゃん今年始まったばっかりだけど来年もこよーね」
「うん☆」

最後におまいりをした時に事件が…

カランコロン
パンパン

「来年も○○ちゃんといてくれますように…」
「この金ズルが金を持ってますように…」
「え?○○ちゃん今なんて?」
「な、何でもないよー?」
「そう、だよねハハハッ…」
「皐月さん!現実を見なさい!」
「ルル!?」
「皐月さん!さっきその女は確実に金づると言った!」
「ルル…分かってるけど…いいんだ。」
「ダメです!皐月さんは幸せにならなきゃいけないんです!」
「…ルル!そう、だよね!○○ちゃん!ごめん本当の君を見てしまったら付き合えない…」
「チッ…クソ女がいたのかよ…」

女の子は行ってしまった

「えへへ皐月さん来年も今年もお蕎麦作ってくださいね!」
「う、うん…」
「皐月さん?皐月さんはまた友達も恋人もいない人になりましたね!」
「…うぐぐっ!人の痛いところをつくな!」

と言った感じでつまり新年の始まりに恋が終わりました…今でもつらい( ༎ຶŎ༎ຶ )
まぁ皆さんは気をつけてくださいね?

「五つの世界の神になる!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く