五つの世界の神になる!?

仁龍と夜影

1章ー6.フル装備と初体験…


ガチャ

「ただいまローゼ」
「おかえりなさい皐月さん!どうでしたか?依頼の方は」
「うん、普通に辛かった…」
「そうでしたか…ここら辺でワイバーンとか倒した青年が皐月さんだという噂は本当だったのですね」
「うん、そうそう…ってか噂広まるの早っ!?」
「そりゃ私は一応姫ですから情報はかなり入ってくるんですよ?」

ドヤ顔でローゼは言う…かわいいな。
今日はつかれたのでお風呂に入りすぐに寝てしまった…
それからはルルのレベル上げをしながらお金を稼ぎ1週間たった…

カランコロン♪

「すいませーん」
「あぁお前さんらか防具と武器だろ出来てるぞ。こっちだ」

僕達は奥に通され付いていくと若い人といかつい顔をした二人の男がカンカンと音を立て一生懸命に作業していてその横に布で隠されたものがあった…

「これが俺とそこの若いアルマクが創ったお前さんのフル装備アーマーだ」

そこにあったのは全体的に青を基調としていて胸には青龍のマークが付けられ籠手には青龍の爪とオリハルコンで作ったであろう突起があり、青が金をまとっているように見えるまた、鱗を使い全体として落ち着いていてカッコ良くなっている…
武器は二種類作ってくれた短剣と長剣で二刀流のことをサラッと言ったら簡単に引き受けてくれた…
短剣の方は薄く投げやすくしてくれ、長剣の方は気持ち重く短剣の2倍くらいの長さだった

「凄いですね…」
「そりゃ俺とアルマクが作ったからな」
「あ、そうだ名前…前聞いてなくて分からないんですけど…」
「あぁそうかそうか!サルガスてぇ名前だ改めてよろしくな」
「はい!よろしくお願いします。」

僕はそのあと武器などを軽く装着、素振りをして微調整を加え出来たものをストラボックスに入れお店を出た…
そのあと試しにラビットタイガーのいた村へ行き、近くの魔獣、魔物と戦って性能を確かめてから家に帰った…
今更だが何で鍛冶屋で防具と武器を作れるのかわけわからん…

ガチャ…
ヒソヒソ、ヒソヒソ…

「ルル、ブラッデ静かに歩けよ!」
「あーい。わがってますよォーー!」
「主、私はぁ消えますよォ~?」
「ブラッデそうだったか…ルルはうるさい!黙ってあるけ」
「ゴホン!あれ?こんな時間に泥棒ですか?皐月さん」

やばい非常にまずい…
見つかってはいけない人に見つかった…

「分かってますよね?」
「ハハ…すいません」

怖い怖い。顔は笑っていても目は笑ってないし歯ぎしりすごいし女の子が手のパキパキ音は出しちゃいけない…
何故こんなにも絶体絶命な環境かというと…かれこれ3時間くらい前…

「そろそろ帰ろっか…」
「はい!私もお腹ペッコペコです!」
「俺もだ、さぁ帰ろうー!」

そんなことを言って帰っていると

「皐月さん!こっちの裏道使うと早く着けるんですよ!私が見つけた道なんですよ」
「マジか!?じゃあここ通っていこう」
「はい!」

僕はここで失敗した…
ここ、狭いのだ…そしてルルは不幸なことに不良に絡まれている…ついてないな俺…
まぁルルは抵抗できず拘束され僕はその前に眠らされ前と同様あいつらだったのでぶちのめしに行ったんだが…

「なんでまた脱がされてるの?」
「私もうさつきさんに見られたのでお嫁さんに行けないです…」
「いやこれ僕のせいじゃないし、お嫁には行ける…」
「そうですか……そうだ皐月さん?前にも私の裸見ましたよね?前の分も含めて責任とってくださいよ!」
「えっと~何も言えない…不可抗力じゃね?いやでも責任?急に言われてもなぁ…何がいい?なにか欲しいものある?」
「二人で食事したいです!」
「そんなのでいいのか?こっちは助かるけど…」
「はい!」

~2時間後~

「大体皐月ざんは…ヒック、ひどの気持ぢも知らんと色んなひどに優しく…ヒック、しすぎなんですよぉ!ヒック…」
「お前飲みすぎだろ…しかも悪酔いするタイプかよ。入るお店間違えたな…酒屋だったなんて…」
「すぴー…ん好きですよ。むにゃむにゃすぴー」

こいついつの間に寝たんだ!?…夢で誰に告白してんだこいつ……まぁ関係ないか。ルルはいつもは口調は緩いけど冷静で綺麗な奴なのだが今の彼女の寝顔は女の子だからか普通にかわいい。

「……はぁ…キスしてこないのか」
「ルル帰るぞ…あのぉーお金ここに置いときますね!お釣りはいらないので」
「はいよ!」
「皐月さんおんぶかだっこールルは歩けないぞー!」
「ゲッ…今もう夜じゃんここからだと大体こいつおぶって50分と言ったところかな。ルルほらおんぶだ僕の背中に乗ってよ」
「皐月さんやっさしー!えへへー皐月さんにおんぶされてる~!」
「分かったから静かにしてよ。夜だから迷惑になるから」
「はぁ~い!」

そのあとルルはひたすら喋っていた…人の話聞けよ!
僕はルルをおぶったまま家まで歩き現在に至る…

「皐月さん?こんな時間まで何処ほっつき歩いていたんですか?」
「ちょっとルルと遅めのご飯を食べようかなってしたらこんな時間に…すいません」
「お食事?ふ~んじゃあ何でルルさんの服が乱れているんです?」
「え…」
「皐月さんに襲われちゃった☆」
「ちがーーーーーう!」
「皐月さん?ほ、本当ですか…?そ、その襲ったという事は」
「神谷皐月!男としてそんなことはしていません!信じるな酔っ払いを…」
「さ、皐月さんを信じてもいいんですね?」
「うん!そ、そうだブラッデお前もいたんだし証言してくれよ!」
「はい主…主は依頼が終わったあと買取をして武器屋に行き…そして人気のないところに行きルル様と熱い奉仕活動をされておられました……」
「…ブラッデ!主を売ったな!?天邪鬼になりやがって…」
「いや私は寝てましたし向こうのところに戻って」
「皐月さん?ちょ~っとお話しましょうかぁ?大丈夫です抵抗しなければ痛くないですよ?」
「怖い怖い怖い怖い…ローゼ、僕の言ってることが正しいんだぁ~~!」
(主)(皐月さん)「「がんばれ☆」」
「あいつらぁぁぁ!」

バタン!

「皐月さん?」
「は、はい…」
「私じゃダメなんですか?私には魅力がないんですか?」
「いや、僕は誰とも何もやっていないし誤解なんだよ」
「じゃ、じゃあ今夜は婚約者何ですから私と寝てください…そしたら許してあげますよ…」
「うん…分かった」

寝るってだけで良かった…今夜は寝れない覚悟でいたからな。寝るだけなら簡単だ。

「ローゼ僕、お風呂入ってくるね防具と武器を新しくして試してきて汗かいて気持ち悪いから」
「はい…私はここで準備して待ってます」
「分かったよ」

ガチャ…バタン

「お前ら僕を売りやがって!挙句には盗み聞きとはいい根性だな!」
「ブラッデ私の部屋へ逃げよう!」
「はい!ルル様」
「はぁ…アイツらって仲が良すぎだろ…」

僕は追いかけずお風呂に向かった…洋服類は神様がほとんど送ってくれたので問題ない…パンツを持ってくる時は顔を赤く染めて持ってきたが無視して受け取った…
洋服を持ってお風呂に着くと誰もいないはずの風呂の中から声が聞こえる…執事さんたちかな?まぁいい入っていくか

ガラガラ。

「さ、皐月様!?」
「えっと…何でナシュさん、カペラさん、エルナトさん、アトリナさん、アルヘナさんがいるの?」
「何でってここは女湯ですよ!?」
「え…だっていつもこっちは男湯だったと思うんだけど」
「夜の執事、メイドが入る時から朝4時くらいまでは逆転しているんです!」
「えぇーーーーー!?し、失礼しましたー!」
「ちょっとお待ちください!」
「はい…?」
「皐月様?私達その…男性の裸を見るのは初めてで…良かったらローゼ様とやる前に私達と準備運動しませんか?」

おいおい待てよ…今の状況は男としてはかなりいいシチュというか状況だがここでやってしまったら人として終わる気がする…ここは人として辞めておこう……ん?待てよこの人達何て言った?やる前にとか…顔が赤くなってないか?…もう!このメイド嫌い!

「断わらせませんよ!皐月様はこいうときにストッパーをかけるからいけないのです」

5人がキスや足、手を掴んだりしてくる…入ってくる舌を拒むが力がすごい……僕よ理性を保つんだ…人として終わるわけには行かない…
あれ?でもなんか変だぞ…ナシュさんや他の人の顔、キスをしてくる時にずれるて顔が二つに分かれる時があるぞ………    あぁ、もしかしてこいつら…

「お前らってバカだよな…ぼくを狙ったのが君たちの馬鹿さ加減だ…」

エキスパニッシュ!
アブノーマティー!

「「「「「キャッ!」」」」」

「やっぱりお前らサキュバスか…お前ら何で俺を襲った?」
「何で分かったの?」
「お前らを鑑定したから。あと、動けないのも状態麻痺させてもらったから」
「そう!私達はサキュバスよ自分の欲で動いている。街であなたを見かけた時みんな同じように電気が走ったのよ。運命を感じて襲ったということ。」
「ふーん本当は?」
「誰でも良かった」
「お前ら~~~!!神谷家に伝わる地獄のお尻ペンペンだ!」
「ひゃん!」「SM~キター!」「痛い…」
「痛い痛いなにこれ痛すぎでしょ!?」
「やばっこれイイ!」

うーんなんか御褒美になっているのか?俺が損してる?

「お前らもう現れるなよ次見せたらただじゃ置かないからな…」
「はーい」

ふぅ…やっと終わった…さっさと洗って戻らなきゃ…

~~~~~~~~~~~~~~~~

コンコン

「はい…皐月さんですか?鍵、あいてますよ……」
「う、うん入るね」

ガチャ

「本当に寝るだけで許してくれるんだね?」
「はい準備は終わってますから…」

準備?あー、枕とかの事かな…

「ありがとう。明日から稼がないとだし、早く寝よ?」
「そ、そうで、で、ですね…皐月さんはドキドキしたり緊張しないんですか?」
「あー女の子が隣にいるし全くしてないわけじゃないけれどリラックスしてるかなどちらかと言うと」
「そ、そうですか…私もリラックスしないとですね!」
「う、うん…」

(皐月さんは経験があるのでしょうか…私もリラックスしないと皐月さんの足を引っ張ってしまいますね…)

考え込んでどうしたんだろうか…僕が隣に寝るだけでそこまで緊張するだろうか?

「さ、寝ようか?」
「あ、はい…」

僕達は背中をくっつけてベットに入った…すると、

ガサゴソガサゴソ
シュルシュルシュル

服の生地と生地が擦れる音が聞こえる…何しているんだ?

「皐月さん…私は身も心もあなたの者になり一生支えていくことを誓います…」

そんなことを下着だけのローゼは言うといきなり口に大人のキスをしてきた…甘い、じゃなくて!早く退かさなきゃ

「…っん!?うぐ、うぐぐうぐっ!…っぷは!な、何を急に!」
「だ、だってこの位の女と男が一夜を共にするという事はこ言うことですよ?」
「…いや、いやいやいや普通にスリーピング!寝るということじゃないの!?」
「私は覚悟はできてますよ…?それとも私は嫌ですか?」
「いや、じゃないけど…あ、さてはさっきのサキュバスだな!?ローゼがこんなこと言うわけないだろ!」

エキスパニッシュ!
アブノーマティー!

僕はさっきのサキュバスにしたように鑑定と麻痺状態に彼女をした。すると…

「あれ?…人、というかちゃんとしたローゼなの?でもなんで?ローゼはそんな子じゃなくないか?」

僕が1人で頭を抱え、この現状を理解しようとしていると…

「皐月さん?すいません!やっぱり嫌でしたよね…」
「え、いや嫌じゃないけど…本当にいいの?」
「はい!皐月さんと一緒になれますから私は嬉しいです」
「そうか…」

ここまで言われてしないのは男として行けない気がする…今日もローゼの事放ったらかしだったしな…

「分かった。でもひとつ言わせてほしい…」
「はい…?」
「僕と今日寝てくれないか?」

するとローゼはニッコリして涙を浮かばせながら

「はい!」

と言った
僕達は最初こそなれない手つきだったが、次第に本能に任せお互いを求めあった…

~~~次の日~~~

「…あれ?ローゼはもう起きてるのか?居ないな…」

僕はスマホを開くと女神様からのローインが数件入っていたので適当に返信して時間を見て前の世界のニュースを見て一階に降りていった

「みんなおはよう…」
「皐月さんおはようございます」
「主、おはようございます!」
「うんルル、ブラッデおはよう。二人とも、ローゼ知らない?」
「ローゼさんなら今さっきお風呂に行かれましたよ?」
「そうか…じゃあ俺も入ってくるわ、ナシュさん着替えと用意してくれないかな?」
「はい、了知しました」

ザァーーー

「あぁ…僕の初めてもきえたのか…なんかこっち来て数日しか経ってないのに色々とあって忙しくて前の世界だったらこんなことは無かっただろうしつまんない人生だったと思うしこっち来てよかったと思っている俺がいるんだよな…」

一方その頃[ローゼ]

「昨日は皐月さんと一緒になったなんて今思うと恥ずかしいですね…婚約もまだしてないけれど間違いないんだけれどルルさんと毎日いるからそこが悩みですね…」

そのあとローゼは考え込んでのぼせていた…

「ふわァ~…あれ?私お風呂に入ってて…」
「あ、やっと起きた!ローゼ体は大丈夫?」

なぜ皐月さんが私の顔の前にいるのでしょうか?
頭の後ろも程よく固く、柔らかい人の肌みたいだ…

「皐月さん大丈夫です心配かけてすいません…」
「大丈夫ならいいんだけど気をつけなきゃダメだよ?」
「は、はい…」
「うん、分かってくれればいいんだけどそろそろ足取っていいかな?」
「え?」

足?今、私はも、も、もしかして…

「す、すいません!膝枕してもらってたなんて思わなくって…」
「大丈夫大丈夫まぁしょうがないよ。昨日のこともあったしなんか悩んでいたらしいしね…」
「「……」」

二人とも僕の一言で昨日のことを思い出し黙ってしまった…
気まずい…どうすりゃいいんだろうか答えが見つからない…
このあと二人は気まずさを残しながらギルドにも行かず1日を過ごした

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは・こんばんは・おはようございます
仁龍と夜影です!いやぁ今年もあと一日!
皆さんはどうお過ごしで?ぼくは宿題が減らず
小説もかけなくて大変なんですよ!
宿題なんて嫌いだァァァ!
まぁ頑張りましょうね!まぁこの「いつせか」
も第6弾ですよ!今回は色々なことがありました!
次はどんな感じにするか考えていながら書いて
るんですけど思い浮かばないっすねまぁ冒険回に
なると思うけど…
まぁ来年もよろしくお願いします!

「五つの世界の神になる!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く