五つの世界の神になる!?

仁龍と夜影

1章ー5.召喚と拉致


「はぁ…皐月君って規格外だよねー」
「それ、2話か4話にして欲しかったです」
「なに?2話か4話って」
「何でもないですよ。まぁ自分でも規格外だって分かってますけどドラゴン簡単だったなー」
「そうですよ!皐月さんってば氷龍と鳳凰とかいう魔法で作る生き物を4体ずつ作ってあっさりたおしたんですよ」
「まぁ有り得なくはないですね…でも最年少17才でワイバーンと青竜を倒したのでランク上げも二つも上がりますしみんなから注目株だって噂されてますから」
「良かったですね皐月さん!」
「あ、うんそーいやルルはいくつかランク上がったの?」
「一つです」
「そうかじゃあ灰色か」
「はい…もっと強くなって力になりたいです!」
「うん!でも急がなくてもいいと思うよ?急ぎてやっても倒れたりしたら意味無いからね」
「はい!」
「ってか昨日何でもらった剣あったのに使わなかったんだろ?」
「そーいやそうですね…」
「まぁ良いけどやっぱり自分にあった武器が欲しいな~」
「なら竜の牙と鱗を使ってオーダーメイドで作ってもらえばいいんじゃないですか?」
「え?スピカさんそんなこと出来るんですか?」
「ここら辺の鍛冶屋なら作ってくれると思うよ?規格外の冒険者が使うものだから有名になれるって喜んで引き受けてくれると思うよ」
「分かりましたそうします」
「はい!丁度ギルドカードの更新終わったよ!
ルルちゃんは灰色に皐月君は赤色にギルドバスターとドラゴンスレイヤーのハンコ付きだからもう大抵の仕事は受けられるよしかもあとひとつで銀ランカーだから最年少二つ名持ちになれるよ!」
「がんばりますよ。まぁドラゴンとラビットタイガーの取り引きが終わったら武器と防具作って貰いに行きますよ」
「うん。そうしな~」
「じゃ行ってきますね」
「はーい」

僕達はギルドから降り、1階の買取り場に向かった
そして一人の職員に話しかける

「あの、買い取りして欲しいんですけど…」
「…わ、わたしですか?」
「君以外いないと思うんだけど…」
「あ、そうですねえへへ…ありがとうございます!」
「え、なにが?」
「私、先月入ったばかりで下働きが多くて買い取りなんてやらせてもらえなくて…」
「そうか…大変なんだなまぁでも僕らのは技術必要だと思うよ?」
「大抵のものは捌いたことありますし私の家系は猟師だったので大丈夫だと思いますよ~」
「そうかじゃあ頼むよってか君、女の子?」
「はい!でももう100才ですよ!」
「年上…マジかよ」

僕がそう思うのもおかしくないだろうだってぼくの肩くらいしか身長がないんだもん…ってか100~!?

「ルル、あの子ってもしかして長命種?」
「そうですね…耳を見てみてくださいエルフ特有の耳ですよあれ」

おぉーマンガとか小説で見たことのあるとんがった耳だったかわいい…
猟師ってエルフだからか…エルフって魔法に長けていて弓術も1流っていう設定が多いもんなーでもここまで幼そうなエルフは初めて見る。大体ちょっとエロいお姉さんキャラが多かったから新鮮だ…
まぁ僕らの出来るか腕試しだな出来たら専属になってもらうかお互いいい関係が築けるといいけど…

「じゃこれ全部お願いね」

僕らは依頼で倒したラビットタイガー10匹と今回村に被害をもたらしたワイバーン3匹に青竜1匹を取り出した。

「な、何ですかこのレア度…皐月さんとルルさんってギルドカードいくつなんですか?ラビットタイガーは紫…ワイバーン、青竜は赤ランクですよ!?こんな貴重なの捌けるなんて夢見たいです…」
「喜んでもらって嬉しいんだけど声大きい…」
「ですね…皐月さん周りの目が痛いし怖いですよ…」
「まぁ多少の辛抱だ耐えろ…」
「はい…」
「そうだ君なんていうの?」
「ハァハァ…あ、はい私の名前はミーニャです」
「そ、そうか…」

なんか息遣いが荒いぞなんか怖い…

「これっていくらぐらいになる?」
「うーんと1金箔貨でどうでしょうか?」

100万かまぁいいだろ

「じゃあ青竜1匹分は残しておいてワイバーン1匹は君にあげる残りのワイバーン2匹とラビットタイガーだけ売るよ」
「分かりました。でもワイバーン1匹なんて貰ってもいいんですか?」
「あぁいいよ、牙と骨と鱗は素材になるだろうし肉も美味しいなら上げるよ」
「ありがとうございます」
「青竜1匹捌いてくれないかな?僕達捌くこと出来ないからさ」
「良いですよ!逆にスキルがすごく上がるので美味しいです」
「なら良かった…そうだこれから専属になってもらえないかな?」
「専属ですか?」
「うん。君下働きが多いなら頼んでくれる人が少ないんでしょ?僕らは持ってくる量が多くなると思うからみんなのことを待出せることになるし君が専属になってくれれば君のスキルもどんどん上がってウィン・ウィンの関係になれると思うけど…」
「そうですね!乗ります!」
「決まりだね!ルルもいいだろ?」
「…」
「あれ?ルルがいない」

キョロキョロ…キョロキョロ…

キャー!!

「うるせぇ黙ってろクソアマ!行くぞお前ら」
「「はい!」」

あ、あいつらえっと…誰だっけな……見たことはあるんだけれど…あ、最初ルルに絡んでいた奴らだ!ってもういないんかい!

「チッ、逃げ足は早いな…ギルドの近くにはいないか。こいうときになんか知り合いとか欲しいよな…」
「なら契約獣パートナーを作ってみては?」
「契約獣?ミーニャさん何んですかそれ」
「えーと召喚してランダムで出てくる魔獣や神獣、アンデッドを仲間にするんです。力を見せろとか普通の子から顔がよければ仲間になる子もいるそうですよ」
「召喚獣か神獣とやらが出てきて欲しいな…やってみるか」

僕はギルドの横にある空いているスペースに移動して手を地面に付けた

闇よりいでよ、我が声に反応するものよ表せ、サモン!

僕が呪文をいうと円魔図えんまずというものが僕を中心に出来た…その円魔図が次第に紫色に光りやがて霧が出た次の瞬間キリが晴れたと思ったら黒鬼が出てきた…

「お前が俺を呼んだのか!」
「そうだ!俺は今助けたい人がいるだからお前に力になって欲しい!」
「そうか…ならば力を見せよ…充分な魔力と武力、体力がないと思ったら俺は消えるからな」
「よし分かった…」
「さ、皐月さん?」
「ミーニャさんどうしたの?」
「黒鬼って幻獣です…」
「幻獣?…」
「はい…人々には噂され存在があやふや…言わば伝説の中の生き物で魔獣より高位な存在だけど神獣までは行かない獣です…」
「へぇーそりゃすげぇ奴呼んじゃったかな?」
「何を言っている!まず最初は魔力だ!今最高の魔法を見せてみろ」
「被害がかなり出てしまうからなー無理だな」
「その心配入らない私がさっき結界を張ったからな」
「分かりました。」

僕は一気に集中し魔力を最大限集めたそれを練って呪文を唱える

土と風、天気と自然の力よ
地を揺るがし、空を歪ませろ…プラネット・メテオ!

僕が呪文を唱えると何も無かった空から亀裂が走り鬼に向かって流れ星が降ってきた

「っん!?な、なんだあれは…
このままじゃ結界が壊れるぞ私の結界を破るなんて相当な魔力量だ。お前あれを消せるか?」
「出来るよもう少しでフルまで魔力は戻るからら」
「回復もするかガハハハッ魔力は合格だ」

「雷よきたれ、電気の力よ虎となれ、ぬえ!」
「火よきたれ、炎の力よ鳥となれ、鳳凰ほうおう!」
「水よきたれ、氷の力よ龍となれ、氷龍ひょうりゅう!」
「土よきたれ、自然の力よ亀となれ、玄武げんぶ!」

またこいつらを出した…最近使いすぎてるのは分かるが使ってしまうんだよね…まぁ前と違う所があり、全部4~5倍近く大きくなっていて4匹ずついることだ
ってかやばいあと少し使いすぎていたら倒れてたな…今もものすごいだるい
みんなは降ってきている星に放電、火炎放射、氷をぶつける、土石をぶつけるなどして一瞬で全部相殺して言った…

「よし、次は武力だ俺を倒せたらお前に力をかそう」
「分かったなら本気で行くよ」

ファスター!

からの

アバドロー!

僕は一気に自分を早くして分身も魔力ギリギリまでした

「おぉー分身して自分のことを早くしたかいいこと思いつくな!」
「「ありがとさん」」

僕全員が同じことを言った。考えることはは一緒か…
まぁ早く終わらせて見つけないとな

「「本気で行かせてもらうよ」」
「あぁ来い」

僕はいっせいに分担した所の骨をを折りに言った…
チッ…もっと力がないと無理だな…頭の中で思った瞬間一つの呪文が浮かんだ…流れ的に筋力強化かなこれは

魔力闘衣マジックウォーム自然!

僕に暖かく虹色のオーラが纏い始めた…

「なんだそれは…ぐはっ!?い、今何を…俺の足が折れただと…」

すげぇなこれならいける!俺はそのあと鬼の背骨と首から上以外の骨をすべて叩き割った

「ぐ、ぐはっ…ぜェぜェお前何もんなんだ全く…これじゃあ生き殺しじゃねーか……よし力を貸してやるよ」
「ありがとうじゃあ回復させてあげるよ」

ビックヒール!

「おぉー折れた俺の骨が治るぞすげぇ!あ、そうだ俺に名前と好きな色の腕輪付けてくれそうすれば俺はお前の契約獣となるから」
「分かった腕輪は白で名前は…ブラッデかな?」
「分かりました私は今からブラッデと呼んでください」
「うんよろしくブラッデ」
「早速ですが皐月様助けたい人とは?」
「あぁえぇーと俺の方くらいの子で男4人くらいと一緒にいるやつなんだけれど…」
「分かりました眷属に伝えておきます…」
「ブラッデって眷属居るの?」
「いますよ。小人とか妖精類は私の眷属ですから」
「意外だわその顔で妖精類の長って…あ、そうだ小さくなったりできる?」
「あーどの位がいいですか?」
「うーん僕の腰の所くらいになれる?」
「問題ないですよ」

ポンッ

「このくりゃいですかぁ?」
「うんそのくらいが丁度いいね」

ブラッデは鬼の悪そうな顔を少し残しつつ丸みを帯び大変可愛らしくなっている…

「あ、皐月さまぁ~見つけたですよ~ここからおチロの反対だから南に少し行った空き家です!」
「分かったじゃあ行くか!」
「はいですよ~」

僕とブラッデは小さな小人に連れられてある小屋についた…

バダン!

「お前らってほんとバカだよな何回やってんの?」
「あ、あの時のクソガキ!!よくもあの時はやってくれたな!この女で気持ちよくなろうとしたが変更だお前はここで死ね!」

僕はこいつの言ってることなんて聞かずルルを探すとルルは一つ向こうの部屋にあるベッドに服を脱いで手足を拘束されていた僕は男として目をすぐそらしたが遅かった…向こうで変態だの見損なっただの罵倒が…
まずはこいつらを倒してから助けるか…

アブノーマティー!

僕は敵の男らを全員眠らせた
そしてルルの服を持ってルルに渡した
その時にルルがお礼に自由にしていいよとか言ってきた気がするが乗ったら最後地獄行きだ…
僕は男としての反応を殺し、人としての反応で早く着るように促した。だがルルの裸は目に焼き付いてしまい当分は悶々として眠れなかったのは言うまでもないだろう…
僕はルルと一緒に騎士団にあいつらを連れていくとあいつらは最近女性を攫い自分たちの快楽にしていたそうだ全くけしからん!
そのあとアダラさんのところへ行き青竜の鱗と牙、かわ肉、7銀箔貨を受け取り無言で…「無言で」鍛冶屋へ向かった

「ここだよねルル?」
「は、はい!間違いないですよ」
「さっきはごめんな」
「その話は後でです!今は皐月さんの武器と防具作らないとです」
「そ、そうだな」

カランコロン♪

「すいませーん」
「なんだ?お前さんら俺の店に用か?」
「はい…僕の武器と防具を作って欲しくてこの材料で」
「…おー大したもんだ青竜か…倒すのもすごいがこの捌き方は大した奴だな」
「そうなんですか?」
「あぁ…この鱗もそっちの牙も皮も爪も血抜きが上手くされてあって臭みがなく、傷一つないしそのまんまとった感じだな」
「僕達の専属の子がやってくれたんですよ!」
「そうか、そこのお嬢ちゃんと付き合ってんのか?」
「いえ、なかまです」
「なら服を脱がせた意味は?」
「そ、それはさっきルルが男に逆恨みされて裸にされたからですよ。」
「そうか…お嬢ちゃん!服のボタンが一つずつズレてるぞ」
「え、うそ!…あ、ありがとうございます」
「お前男なら仲間ぐらい守ってやれましてや女の子なら気をつけろ」
「はい…すいません。」
「まぁ分かればいいんだよ」
「まぁこれを作るのは一週間はかかるぞお前なら軽い装備に剣がいいだろうミスチルを使って魔法が伝わり安いものにしてやる」
「ありがとうございます。見ただけで判断できるんですか?」
「まぁな…長年の感だ…金は払えるなら前払いで銀箔貨3枚だ」
「分かりました…銀箔貨3枚ですね」
「まいどあり」

僕らはそのあと店を後にした

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんばんは、おはよう、こんにちはっと
ということで今回も長くなってしまった
ほんとはね武器作るところまで行きたかったん
だよ。でも無理でした眠いっす
次は頑張るまた冒険に行きたいな最近Minecraft
スマホ版を買って見てPCと違ってコマンド操作
とかやりやすいですねw
関係ないんですがまぁ読んでくださっている方
はみんなに進めてくれるとありがたいです
何処が悪いとか何処がいいとか言ってくれると
嬉しいです!イラストとか描いてくれると喜び
ます。これと言って固定は無いので好きな風に
書いて頂けたらと思います。イラスト書いてく
れる人まじ募集中ですよ

「五つの世界の神になる!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く