詩集 (自由詩)

加月 ムラマサ

新年

鐘の音が 新たな年を告げる


鐘の音と共に 人々が動き出す


この日だけは 深夜の参拝が許される


特別な日 僕等は 行列の神社に 足を運ぶ


僕等は 昨年叶えられなかった事と


今年こそはと 抱負と願いを告げる




遠吠えが 鳴り響き 新たな門出を祝ってる


願いと抱負を持って 走り出す


遠吠えを響かせながら 走り出す


今年は 戌年達が 走り出す











「詩集 (自由詩)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く