詩集 (自由詩)

加月 ムラマサ

夜桜

暗闇に浮かぶ ぼやけたシルエット


ひっそりと たたずんで


灯りに照らされ わずかに顔を出す


その時はじめて 色づいた


薄く 淡く ほんのりと 儚げに


自ら 存在を主張することなく 


確かに そこにいる


暗闇のなかで そっと みまもるように










「詩集 (自由詩)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く