詩集 (自由詩)

加月 ムラマサ

学習性無力感

きっと 上手くいかない

上手くいく はずがない

いつも 体は動かない


なにか ひとつ

なにか ひとつ できる事が あるはずだ

あたまの中では わかってる


行動にうつすのは いつも後回し




かんきょうは 変わった

そう 言い聞かせても 動けない

まじわる事のない 心と思考


ぼく と わたし

たがいが まじわり つながった とき 

すべてが むすびつく

だから 僕を 私を みつけてくれる?

そっと 手を さしだして

なにげない ひとことで 










「詩集 (自由詩)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く