話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪の組織は少女だらけでした。

北国 珠

アンドロイドの目には、何かが映ったようでした。

ミレア「『なにかきっかけがあれば、こんな事にならなくても済んだかもね…行きなよ、私の愛する操り人形パペット』」

アリス「『分かりました…マスター契約リンクに基づいて…』」

主人公の少年「『…!?お、おい……待って…くれよ…仲間じゃ…なかったのか!?』」

…今回はサイバー系な異能力モノ。正直…魔法って異能力なんだろうか?ってのは置いておいて、今回やるのはミレアさん…の演じるラスボスの操り人形役。

味方だと思ってたら…みたいな、そんな感じの敵役。

上手く…いっただろうか?




今回も、《ANGELS》の少年に見送られながらそそくさと【DIRTY】に戻る。

その道中、私はこの世界と仕事について、思考を巡らせていた。

……【DIRTY】は悪の組織、とされているが、…ほとんど、というか完全に無害だ。……でもそれは、私のいた世界の話。

そもそも、この世界には、いくつもの『パラレルワールド』が存在するらしい。

それは、いつもの日常と変わらないものであったり、いつか見た現実離れした出来事の起こる小説や漫画のような世界。

そんな世界が、無限大にある。というか今も増え続けているそうで。
そのくせ、増えすぎると危ないらしく(世界の均衡が崩れるとかなんとかで)、それを減らすのが私達の仕事らしい。

減らす方法は、『その世界に一つ、定められた物語シナリオを、演じ切る』。この方法で、原理は分からないけど、消滅する、らしい。そして、それを演じ切るのが私達の仕事。

…もちろん、私のいた世界にも、なにか一つの物語があって、それを誰かが演じ切った時、消滅していく…

そこにいた人間(あるいは機械や動物)もろとも。


ただし、その人間達の一部は【DIRTY】、《ANGELS》などの存在する、『物語シナリオの存在しない、人工的に作られた特別な世界』に送られ、仕事をする事になる。…もっとも、私のように、消滅する前の世界から発見されることもあるようだが…

その一部の人間の条件は、

『素質』があるかどうか。


その、世界達を演じ切る…その素質が。

そして、悪役にふさわしい者は【DIRTY】、正義の味方にふさわしい者は《ANGELS》で仕事をする事になる。

……ただし、悪役しか演じないということはないらしく、魔法少女の時のユウさんのようなケースもあるらしい。

ちなみに、素質のある人間達が、悪役は女性、正義の味方はロリショタ…と、偏りがある理由は不明らしい。

……というのが、ユウさんが私の暮らすアパートに昨日ポストに投げこんできた資料の内容の要約。

まとめ終わり、ふぅ…と溜息をついた時、ふいにミレアが話しかけてきた。

ミレア「ねぇ、アリス」
アリス「な、何でしょう…?」
ミレア「…アリスってさ、データベースに男の人が苦手っていうのがあるんだけど」
アリス「はい…」
ミレア「小さい男の子は大丈夫なんだね?」
アリス「…あ、確かに」

言われるまで気がつかなかった。
……でも、前までは年齢問わずダメだったのに…


成長したのかな?

…………………あれ?


待てよ…そもそも私…


なんで男の人が苦手なんだ?

ミレア「…ねぇ…データベースに、アリスの情報が…殆どないの。どういう事だと思う…?」
アリス「…………そういえば、今まで何をして生きてきたかの記憶もない…」

忘れていた。

混乱。

不安。

その中で、何故か意識も混濁してきて…

ミレア「アリス…!?」

そして、ぷつりと切れた。

「悪の組織は少女だらけでした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く