異世界転生の特典は言語理解EXでした〜本を読むだけで魔法習得できるチートスキルだった件〜

ふぁに

第二話「友達ができた」

書庫に入れるようになった俺は、大半の時間を書庫で過ごすようになった。
やはり、三歳児なので周りは俺のことを心配した。
メイドのイヴなんかは、俺に
「アレクお坊ちゃま、私とお外で遊びましょう」
と誘ってきたが、丁重にお断りさせてもらった。
俺の溢れ出る知的欲求を満たすことが最優先なのだ。
書庫を管理している爺さんに見守られながら、色々な本を読んだ。
本で読んだことが簡単に覚えられてしまうので、この体は非常に物覚えがいい。

歴史の本を読むと色々分かった。
俺が住んでいる国はアルデバン王国という名前だ。
アルデバン王国は、エルタニア大陸で最も栄えている国だ。
大陸内には、他にも多数の国が存在している。アルデバン王国のような、大国もあれば、小国もある。
アルデバン王国以外に代表的な国は、ミザール帝国、マルカプラ王国、レグリア国などがある。

エルタニア大陸は、魔族以外の種族が住んでいる大陸だ。
魔族が住んでいる大陸は、ヘンデルゲン大陸だ。
なぜ、魔族だけが住んでいるかというと、過酷な環境の大陸だからだ。
魔族は、ヘンデルゲン大陸の過酷な環境を好む。そのため、魔族はヘンデルゲン大陸に住んでいるのだ。

我がバーベンベルク家は、伯爵として建国からアルデバン国に仕えている由緒正しき家系だ。
九代目の当主である父さん。ルーク・バーベンベルク。
若くして王国最強と言われており、魔法は賢者クラスの実力。剣の腕も剣聖クラスの実力を有している。
魔法騎士団の団長で温厚な人柄で民にも愛されており、人気が高い。
王国の剣と呼ばれている魔法騎士団。団員は、国の中でも優秀とされる人で構成されている。

俺の父さんは、ただのチート野郎だった。
魔法もできて、剣の腕も一流。おまけにイケメン。全く、俺と同じ設定になるじゃないか。勘弁してくれ。
キャラが被るじゃないか。


書庫に入り浸るようになってから三か月経ったある日、今日は客が来ていた。
そのため、俺は書庫には行けず、父さんと一緒に客と対面していた。

「よう、ルーク。久しぶりだな。」

「ああ、ウィリアム。元気だったか?」

「こんにちはー」

「お、ルークのガキか?俺の娘に負けず劣らずかわいい子だな!名前はなんていうんだ?」

「アレクです!」

俺は、父さんの友人と挨拶を交わした。
ウィリアムという名前に心当たりがあった。
ウィリアム・カーライル。剣聖の称号を与えられている奴だ。
父さんと付き合いは長く、学生時代からのライバルだったらしい。

ウィリアムは青髪で父さんより少し身長が低い。170後半ぐらいだろうか。
腰に剣を携えており、父さんと対面してからずっと笑顔なので、陽気な人柄なのだろう。
俺は、ウィリアムの後ろに隠れている青髪の女の子に気付いた。
先ほどの会話からウィリアムの娘なのだろう。
顔がよく見えないけど、俺より少し身長が低い。

「今日は、俺の娘も連れてきた。娘のソフィだ。」

「....こんにちは」

「こんにちは よろしくね」

ソフィは、顔をウィリアムの後ろからひょこっと出して挨拶をした。
人見知りか。接し方によっては、ソフィを泣かせてしまうかもしれない。
まぁ、俺の年齢は3歳+20歳だ。
3歳とは思えぬ大人の対応で接してあげることにしよう。

「アレク、ソフィと一緒に遊んでおいで。パパはウィリアムと話をしてるから」

「わかったー。ソフィいこ」

「あ....うん」

俺は、ソフィの手を優しく握り書庫に向かった。
書庫に向かうのには訳がある。俺がただ読みたいわけではない。
絵本を読んであげるのだ。
これで、ソフィと親しくなれること間違いなしだ。

書庫の扉を開けると、ソフィは驚いた顔をしていた。
書庫の広さに驚きを隠せないのだろう。
驚いた顔が可愛らしくて俺は、ついつい笑ってしまった。
そこに、管理人の爺さんことロムじいが俺に話しかけてきた。

「おや、アレク坊ちゃん。お連れのお嬢様はお友達ですかな?」

「ロムじい、この子はソフィって言うんだ。さっき知り合ったんだよ」

「ほうほう。では、ソフィ様ごゆっくりしていきなされ」

ロムじいはそう言って、俺たちの視界から消えていった。
俺たちからは見えないのに、しっかりと俺たちを見張っているからロムじいは只者ではないのだろう。

「ソフィあっちに絵本があるんだ。絵本読んだことある?」

「...ない」

「じゃあ僕が読み聞かせてあげるよ」

俺がそう言うと、ソフィはコクンと頷いた。


絵本が置いてある本棚の前についた。
数ある絵本の中から女の子が好きそうな絵本を選んだ。
「とりのおひめさま」
という題名の本だ。
俺は絵を見せながら、書かれている文を読み上げていく。

空を飛ぶのが夢なお姫様が竜人の王子様と恋に落ちた。
だが、それを良く思わない悪いお姫様が、お姫様を鳥に変えてしまった。
竜人の王子様は、元に戻すために死の谷に生える花を取りに行き、重傷を負ってしまった。
お姫様を人間に戻したあと、竜人の王子様は死んでしまった。

やってしまった....。
絵本の選択を間違えた。
内容を知らなかったので、適当に選んだら切ない話だった。
だが、個人的に竜人の王子様が竜に姿を変えて、お姫様を乗せて空を散歩してる場面が好きだった。

ソフィを見ると、泣いていた。
大粒の涙が床にぽとぽと落ちている。
まぁ、俺が泣かせてないから大丈夫だろう。
父さんも笑って許してくれるはずさ。

「悪いお姫様ゆるせない」

「うん、そうだね。僕も許せないよ」

「違う絵本も読んで」

「いいよ」

絵本を読んだあとのソフィは、自分から話しかけるようになっていた。
ソフィは少し俺に心を開いたのだろうか。
無邪気な小さい子供は可愛いものだ。

このあと、2時間ぐらいずっと俺は絵本を読んであげることになってしま


「アレク、ソフィちゃんと仲良くしてたかい?」

「うん、仲良くなれたよ」

「ソフィ、アレクに絵本読んでもらってた」

「おー、アレクはその歳でもう字が読めるのか!天才だな」

「まあね」

書庫に父さんとウィリアムがやってきた。
話はもう済んだのだろう。
ウィリアムは、字を読める俺を褒めてきたので、素直にドヤ顔しておいた。

「じゃあ、また来るぜ」

「おう、いつでも来い。俺がいるときは、歓迎してやるよ」

「アレクもまたな。」

「バイバイ、ウィリアム。ソフィ、また遊ぼうね」

「うん。バイバイ」


玄関でソフィとウィリアムを見送った。
ソフィ達は、どこに住んでるのだろうか。また遊びに来てもらいたいものだ。
なぜなら俺は、ソフィ以外の子供に出会ったことがないからである。
友達が欲しい!
とは、残念ながら思わない。
ソフィとまた会える機会があるのは喜ばしいことだが、自ら率先して友達を作りにいきたいとは考えていない。
なぜなら、書庫にまだまだたくさんの本が眠っているからだ。
5歳になると、剣の訓練や魔法の訓練、勉強が待っている。
大体の貴族の子供は5歳ぐらいから英才教育が始まるのだ。
そうなると、本を読む時間が減ってしまう。
その前までに、俺の知りたいものをしっておきたいのだ。
幸い、この体は一度読んだ本を忘れることはない。
アレク・バーベンベルクは天才なのだ。


「アレク、ソフィと楽しく遊べたかい?」

「うん、楽しかった。また遊びたい!」

「そうかそうか。じゃあ、今度は遊びに行こうか」

「やったー!」


ふふ、我ながら無邪気なものだ。
まるで三歳児にしか見えない。
それにしても、ソフィの家か。
今まで一度も家の外に出たことがなかったから気になるな。
近所なのだろうか。
まぁ、そのときのお楽しみにしておこう。
夕食まで時間がある。
書庫で本を読もう。

「異世界転生の特典は言語理解EXでした〜本を読むだけで魔法習得できるチートスキルだった件〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く