チートスキルで異世界を生きる!

お月見兎

13 アイの嫉妬?

「シュンヤさん!朝ですよ!」
今日は、いつもよりマリアちゃんが元気だな。
プレゼントが役に立ったかな?
 

おっと、考え事してる場合じゃないな。
「おはよう。マリアちゃん」
「はい!おはようございます」


「今日は、とても調子がいいんです」
「それは良かった」
「え?」
「昨日渡したネックレスには、よく眠れる効果と疲れにくくなる効果があるんだ」
「そうなんですか」
「マリアちゃんは、お手伝いで疲れてると思ったからね」
「あ、ありがとうございます」


マリアちゃんと話をしながら朝食を食べて、ギルドに向かう。


「リカさん、おはようございます」
「あ、おはようございます」
「昨日は、楽しかったですね」
「は、はい」


「今日は、これを受けます」
「あ、分かりました」
「では、気を付けて」


今回は、オークの群れの討伐だ。
 

アイ、オークの群れはどの程度の数なんだろう?
「……」
アイ?
「……」
なんか怒ってる?
「……」
ねぇ、聞いてる?
「聞いてますよ!」
なんで怒ってるの?
「別に何でもありません!マスターなら、勝てますよ!」
「今回は、お主が悪いな」
え?僕なの?
アイ、僕が何かしたなら謝るから、ごめんね。
アイが怒ったままだと僕は、寂しいな。


「…うー、分かりましたよ!」
ありがとアイ。


あ!オークの群れだ。


オーク自体は、そんなに強くないし魔法の練習をするか。
よし、まずは拘束するかな。


「アースバインド」
オークに足を土が絡まり動きを鈍らせる。

そして
「テンペスト」


竜巻がオークを襲い、切り傷を加えていく。


くそ、中々魔力使うなこれ。
半分以上の魔力を使い、オークを殲滅した。


よしレベル上がったな。
スキルも増えたし、でも少し成長速度が落ちてきてる、もっと強い奴だっているだろうし、頑張らないとな。


魔石を取り、ギルドに戻る。


「お疲れ様でした」
「いえ、大丈夫ですよ」
「オーク25体で、金貨3枚です」
「ありがとうございました」


さて、帰るか。


シュンヤ・オリハラ
人間
LV58
HP5200
MP4600
筋力4500
防御力4100
敏捷4300
魔力3900
運100

スキル
斧術LV1
剛力LV1
金剛LV1
水魔法LV1



「チートスキルで異世界を生きる!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 炎と風の銃使い(闇属性)

    早く続き出してください

    0
  • ノベルバユーザー259311

    早く続き出して下さい

    1
コメントを書く