チートスキルで異世界を生きる!

お月見兎

閑話 マリアちゃん視点

私の名前はマリアと言います。
トレーノという町にある、満腹亭という宿でお母さんと、お父さんと私の三人で楽しく仕事をしています。


私も14歳になり、あと一年で成人する年だというのに未だに好きな人が出来ないから、お母さんとお父さんが心配していますが、好きな人なんて簡単に決められません。


いつも通り仕事をしていたら、シュンヤさんという方が、夕飯の時間になっても降りてこないと言うので私が呼びに行く事になりました。


何度呼んでも出てこないので、少し大きい声で呼んだら凄いかっこいい人が出てきました。
あまりの事で、混乱している私に笑顔で自己紹介をして、名前を聞いてくれました。
名前を教えると、マリアちゃんと呼んでくれました。
宿のお客さんに何度もマリアちゃんと呼ばれましたが、シュンヤさんに呼ばれると、ドキドキしてしまいます。


シュンヤさんは冒険者らしく、ずっと泊まってくれています。
そして、たまにですが頭を撫でてくれたりします。
その時は天にも登る気持ちになります。後ろでニヤニヤしている、お母さんとお父さんがいなければですが。


ある日、シュンヤさんがいつもと違う感じの服だったので、どこに行くのか聞いてみたら、買い物に行くと言っていました。
しかも、女性と!
シュンヤさんは、デートじゃないと言っていましたが、それでも嫉妬してしまいます。


勝手に好きなだけなのに、嫉妬するなんて最低だし嫌われてしまうかもしれない。
その日は、色々と考えてしまいあまり仕事に集中できませんでした。


そして、シュンヤさんが帰ってきました。
いつもは、元気にお迎えしていたのに、今日は出来ませんでした。
すると、シュンヤさんがネックレスを私にくれると言ってくれました。
しかも、シュンヤさんが首につけてくれたんです。
嬉しすぎて気を失ってしまいました。


やっぱりシュンヤさんが好きです。

「チートスキルで異世界を生きる!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く