チートスキルで異世界を生きる!

お月見兎

閑話 リカさん視点

私の名前はリカ。エルフです。
アイゼンハルト王国領にある、トレーノという王国の次に栄えた商業の町で、私は以前冒険者をしていましたが、パーティーが解散したので、ギルド長であるガロンさんに誘われてギルドの受付をすることになりました。


受付の仕事はそんなに大変ではありませんでしたが、私と同僚のラーシャはいつもナンパされます。


「今日もナンパの対応疲れたー」
と、昼頃になり冒険者が減ってきた時に小声で言う。
「そうだよねー」
と、同じくナンパされてたラーシャ。
そんな事を話していたら一人の男性が入って来た。
凄いかっこいい、依頼かな?
とか思ってたら、こっちを見て少し驚いた様な顔をして私の方に来た。


どうやら依頼ではなく、冒険者登録をしに来たらしいです。
名前はシュンヤさんと言って、噛んでしまった私にも優しくしてくれた。
去り際に思わず名前を言ってしまった。
恥ずかしさで真っ赤になってしまいました。


ある日、シュンヤさんの依頼報告を受けていたら、オークを倒したという。
驚いたけどシュンヤさんならあり得るのかな?
報酬を渡したら、いつも私かラーシャにナンパしてくるカラームさんがシュンヤさんに絡んでいた。
そして、カラームさんが殴ろうとしたので思わず目を瞑ってしまった。
次の瞬間大きな音がしたかと思ったら、カラームさんが吹き飛んでいたんです。


別の日には問題になっていた、ゴブリンキングの亜種を倒したと言って、怪我をしていました。
ヒールをかけたら、お礼に出来る限り何でも聞くと言ったのでダメ元で買い物をお願いしたら、いいと言われました。
ゴブリンキングの亜種を倒した方にも驚いたけど、もう買い物で頭がいっぱいです。


買い物当日、入念に決めた服を着て少し早めに待ち合わせ場所に行くと、もう既にシュンヤさんは来ていました。
遅れた事を謝ると、可愛いと言われ顔が真っ赤になってしまいました。
行く場所を決めていなかったので、周りを探すとアクセサリーショップがあったのでそこに行くと、シュンヤさんは何か一つ買ってくれるというので、シュンヤさんに選んでもらいました。
買って貰ったのはネックレスです。
自分でつけようとしたら何とシュンヤさんがつけてくれました。
あまりの事で、私はそこで気を失ってしまいました。


目が覚めたらシュンヤさんが目の前にいました。
一瞬混乱しましたが、すぐに思い出して謝りましたが、
気にしてないと言われてしまいました。


お昼ご飯をラーシャが持って来たらしくそれをいただきました。
あとで色々聞かれるんだろうと思うと恥ずかしいです。


ご飯を食べてからは、暗くなるまで話してシュンヤさんは帰って行きました。


シュンヤさんの事を考えると、顔が熱くなってしまいます。今まで経験はありませんが、これが恋なのかな?





次回はマリアちゃん視点と、ユミナ視点を書いていきたいと思います。

「チートスキルで異世界を生きる!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く