チートスキルで異世界を生きる!

お月見兎

12 お買い物

目が覚めてから、二度寝したくなる気持ちを抑えて起きる。今日は、リカさんと買い物をする日だ。
準備をして、下に降りるとマリアちゃんがいた。


「シュンヤさん!おはようございます」
「おはよう。マリアちゃん」
「今日はいつもと服が違いますけど、何処かお出かけですか?」


そう。今日は買い物なので、いつもの冒険者の服とは違い普通の服だ。


「うん。今日買い物なんだ」
「買い物?お一人でですか?」
「違うよ。ギルドの受付のリカさんと」
「え…」


マリアちゃんが固まった。
「どうしたの?」
「それって女性ですよね!」
「え、うん。そうだけど」
「彼女ですか!」
「違うよ」
「本当ですか?」
「本当だよ。前にヒールをして貰ったお礼」
「よかったーー」


さっきまで泣きそうな顔してたのに、今はほっとしてる。


その後、朝食を食べて待ち合わせ場所であるギルド近くの噴水広場に向かう。


しかし、改めて考えるとこのトレーノの町って結構広いんだよな。
とか考えてたら、噴水広場に着いた。


少し待っているといつもの仕事をしている時の服ではなく、ワンピースを着たリカさんが来た。


「遅くなっちゃいましたか」
「いえ、僕が早く来ただけですから。それよりもその服凄く似合ってますね」
「え!そそそうですか?」
「はい、いつもの綺麗って言うより可愛いって方が似合いますね」
「か、可愛い」
「はい。可愛いですよ」
「ありがとうごじゃいましゅ」


噛んだし、顔真っ赤だな。
女性は褒めた方が良いって聞いたし、実際リカさん可愛いかったから言ったけど、間違ったかな?


「そろそろ行きましょうか」
「え、あ、はい」


未だ固まって真っ赤のリカさんを連れて、買い物に行く。


「リカさん、何を買いに行くんですか?」
「え!えーっと決めてません」
「決めてないんですか?」
「そ、その、シュンヤさんと行く事に意味があると言うか」


下を向いてしまい、何を言っているのかは聞こえなかった。
しかし、決めてないのか。



「シュンヤさん、あそこにしましょう」
「え?どこですか」
「アクセサリーショップです」
「分かりました」


アクセサリーショップには、沢山の種類があった。


「リカさん、どれか一つプレゼントしますよ」
「え!そんな悪いですよ」
「いいから、選んで下さい」
「じゃあシュンヤさんが選んで下さい」


え!僕が選ぶのか。
うーん、どうしようかな。
気になるのを一つ一つ鑑定していく。
どれがいいかな。
この世界のアクセサリーは、ステータスを上げるものが多い。
そう言えば、リカさんの事鑑定してなかった。
鑑定してみるか。


リカ
エルフ
LV.53
HP460
MP920
筋力380
防御力345
敏捷690
魔力910
運58

スキル
風魔法LV.6
光魔法LV.4
水魔法LV.3
弓術LV.6
気配遮断LV.4
気配感知LV.4



強くない?
めっちゃ強い。
スキルのレベルは、僕よりも上だ。
魔法を強くするアクセサリーにするか。


風のネックレス
SR
風魔法の威力UP
敏捷UP

これにしよう!
それからこれも。

「これ下さい」
「それぞれ銀貨40枚です」
「はい」


「リカさんどうぞ」
「ありがとうございます」


僕がネックレスをつけてあげると、真っ赤になって倒れてしまった。
倒れたリカさんを背負って、リカさんの家が分からないのでギルドへ。


ギルドに入ると、色々な視線を受けたが無視して、お姉さん系受付のラーシャさんにベッドがないか聞いて、直ぐに寝かした。


しばらくベッドの横の椅子で座っていると、ギルド長が入って来た。


「おい、どう言う事だ?説明しろ」


と、言われたのでありのまま説明すると、
「ハハハハハ」
めちゃくちゃ笑われた。


「何だそう言うことか、てっきり襲ったのかと」
「そんな事しませんよ!」
「ハハハ冗談だよ」


リカさんが起きるまで暇だな。
そうだ!ギルド長の事も鑑定しよう。



ガロン
人間
LV.86
HP1680
MP780
筋力1750
防御力1265
敏捷1105
魔力720
運41

スキル
火魔法LV.4
剣術LV.7
槍術LV.3
剛腕LV.4
縮地LV.5
威圧LV.6


流石の一言だ。


「じゃ、もう俺行くわ」
ギルド長は出て行った。


「うーん。あれ?ここは?」
「起きましたか?」
「シュンヤさん!」
「リカさんさっき倒れちゃったんですよ」
「すみません」
「気にしないで下さい。それよりもお昼ご飯食べましょう。少し前にラーシャさんがお弁当を渡してくれました」
「ラーシャが?」
「はい。冷める前に食べましょう」
「そうですね」


そう言って食べ始めた。



「美味しかったですね」
「はい。今度ラーシャにお礼しないと」
「僕もしないといけないですね」
「そろそろ暗くなるので送りますよ」
「え!大丈夫ですよ」
「でも」
「ギルドの職員は近くに専用の宿があるので」
「そうですか」
「はい。ありがとうございました」
「お礼なんて、僕も楽しかったですから」
「そうですか!嬉しいです」
「じゃあ、また明日」
「はい。また明日」


そう言って、ギルドを出て宿に戻るといつもの元気がないマリアちゃんがいた。


「マリアちゃんどうしたの?」
「何でもないですよ」
「あ!そうだ」


僕はアイテムボックスから、アクセサリーショップで買ったもう一つのネックレスをだす。


「はい、マリアちゃん」
「え!これなんですか?」
「いつもお世話になってるからマリアちゃんに買ってきたんだよ」
「凄い嬉しいです!」


リカさんにした様にマリアちゃんにもネックレスをつけてあげると、マリアちゃんも真っ赤になって倒れた。


その様子をミサさんと、ダンさんがニヤニヤしながら見ていた。


ちなみにマリアちゃんのネックレスは


癒しのネックレス
SR
睡眠時疲労回復効果UP
疲労耐性







「チートスキルで異世界を生きる!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く