チートスキルで異世界を生きる!

お月見兎

04 初戦闘

ゴブリン
魔物
LV.5
HP35
MP0
筋力40
防御力25
敏捷8
魔力0
運2

スキル
剣術LV.1

運が2って可哀想だな。こいつが特別なのか?
それとも、ゴブリンは全てそうなのか?だったらオークとかも低そうだな。

とか考えていたら、「グギャギャ」と叫びながらこっちに来た。

僕武器持ってないんだけど。周りを見渡してみて、武器になるものを探すと、野球のボールくらいの石が落ちていたので、それを掴み投げた。

ちなみに僕は左利きだ。思いっきり投げたけど、そこそこスピード出てる。

スキル「投擲」を獲得しました。

いきなり頭にそんな声がしてきた。声の方に集中していたら、石がゴブリンに当たっていた。

顔に当たってかなり怒っている。
僕は慌てて周りの石を探して、投げた。
さっきよりも速いきがするけど、気のせいかな?
それからは、ひたすら石を投げていたら15回目あたりで、ゴブリンは倒れた。

「スキル強奪を発動します」
その瞬間、「ピコン」と音が鳴ったと思ったら、
「レベルが上がりました」
「レベルが上がりました」
「レベルが上がりました」
「レベルが上がりました」

な…なんだ?
取り敢えずステータス
シュンヤ・オリハラ
人間
LV.5
HP75
MP50
筋力85
防御力45
敏捷60
魔力45
運100

スキル
投擲LV.1
剣術LV.1
鑑定・隠蔽

固有スキル
スキル強奪

女神の加護

……ステータスめっちゃ上がってる?!
運以外はすべて、上がってる。投擲スキルは石投げた時に、獲得したって言ってたな。剣術はゴブリン倒した時に、スキル強奪を発動します。って言ってたし。

…そう言えば、誰の声だこれ?
女の人ってぐらいしか分からないぞ?
「それは、私ですか?マスター」
えっ、誰だ? 「私は女神ユミナ様に、マスターをサポートするようにと、創造された者です」
「そうか、名前は?」「ありません」


うーん、名前が無いのは呼ぶ時困るしなー。
「では、マスターが名前をつけて下さい」
 え…心読めるの?
「はい。マスターが、頭の中で考えた事でも分かります」
ちなみに、サポートって言ってたけどどの程度?
「この世界のことならば、大体のことにお答えすることが可能です」
「そうか、色々分かるのなら見通す的な意味で、『アイ』とかはどうかな?」

「アイですか。マスターに名前つけてもらえちゃった。
えへへ、大事にしますね」
さっきまでの機械じみた声ではなく、しっかりと生きている感じがする。
「気に入ってくれてよかったよ」

「アイ、ここから一番近い国や、町はどこ?」           「トレーノという町です」「この世界の主な国は?」
「アイゼンハルト王国、ルバニア帝国、アリア教国、獣人の国ワービスト、魔族の国ゼノアスです」
「ありがとう。それじゃあそのトレーノに行こうかな。おっと、その前に」ゴブリンの剣を拾い、鑑定する。

ゴブリンの剣
ランクN

「ランクって何?」「ランクは下からN(ノーマル)、HN(ハイノーマル)、R(レア)、SR(スーパーレア)、UR(ウルトラレア)、LR(レジェンドレア)です」

魔石ってあるのかな?「あります」
うわ?!びっくりした。「すみません」
「いや、大丈夫だから」
大丈夫だからそんな、泣きそうな声出さないでほしい。

それで魔石はどこ? 「胸のあたりです」
ゴブリンの剣で胸を切る。この世界は、倒したらアイテムが出るタイプじゃないのか。少し…いや、かなりグロい。

なんとか魔石GET!早速鑑定。

ゴブリンの魔石
ランクN

「魔石もNかよ‼︎」「アイ、これ売ったらどれくらいになるかな?」
「銅貨5枚ほどかと」「一般的な宿にはいくらあれば泊まれる?」「銅貨10枚ほどで朝晩食事付きですね。」

「ゴブリン安くない?」「ゴブリンは、一般の人でも頑張れば倒せますからね」

そうなのか、ちょっと強いと思っただけにショックだ。
っていうか魔力ないゴブリンに何故魔石があるんだ?
まぁそこは、ファンタジーかな。

「よし、いざトレーノの街へ」

「チートスキルで異世界を生きる!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く