チートスキルで異世界を生きる!

お月見兎

03 ステータスオープン

目を開けると、草原にいた。辺りを見回して、誰も居ない事を確認して「ステータスオープン」と言ってみる。

シュンヤ・オリハラ
人間 
LV.1
HP25
MP10
筋力20
防御力20
敏捷27
魔力10
運100

スキル
鑑定・隠蔽LV.10


固有スキル
スキル強奪


女神の加護





取り敢えずステータスが出た事も嬉しいけれど、
「運高くね?」最初に思った事がそれだ、この世界の平均を知らないが運が他よりも、群を抜いて高い。魔力は元々無かったから仕方がないかな?
まぁ気になるものを見ていくか、そう思いずっと見ていると詳しく見れた。

女神の加護
女神ユミナに愛されている者に与えられる
LVやステータスが上がりやすくなる、成長補正がかかるようになる。
女神と話せる (念話)

色々とツッコミたいけど、女神と話せるって何だ?
取り敢えず念じてみるか、プルルルルと何度か鳴ったと思ったら「はい、ユミナですけど」と、出てきた。
「あ、俊哉だけど」 「え、しゅんやしゃんですか!?」
なんか慌ててるのか? 「なんか女神の加護って言うので
女神に愛されている者に与えられるってあったんだけど、なんか分かる?」
「さあ分かりません」「え?」「だから、分かりません」「はい」
「加護に関しては、成長速度が普通の人の数十倍ぐらいになります」
「無茶苦茶チートじゃん」「あ、仕事があるのでもうこれで」「忙しいのにありがとう」「い…いえ大丈夫ですけど、その…」「どうしたの?」「出来ればでいいのでたまに連絡して下さい」「勿論」「本当ですか」
「うん」「やった。約束ですよ」「じゃあ」
プツン


そう言って切れた。しかし、結構チートだよなー。


ゴソゴソ  
「なんだ?」音のした方を見るとなんと、緑色で醜悪な顔をしたファンタジー定番魔物のゴブリンがいた。
早速ゴブリンを鑑定して見る。


ゴブリン
魔物
LV.5
HP35
MP0
筋力40
防御力25
敏捷8
魔力0
運2

スキル
剣術LV.1

「運低すぎるだろ」魔物を見ての第一声がそれだった。



一般人の平均ステータス
人間
LV.1〜5
HP20
MP10
筋力10
防御力10
敏捷10
魔力10
運5〜20

スキル

「チートスキルで異世界を生きる!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く