チートスキルで異世界を生きる!

お月見兎

02 異世界へ…

「あのー女神様でいいんですか?」
「はいそうです」
「いくつか質問してもいいですか」
「勿論です…グスン」

Q1 本当に死んだのですか?
A   はいそうです。

Q2 何故死んだのか、どうして覚えていないのですか?
A    寝惚けて神光を落としてしまいました。
      記憶がないのは、突然過ぎたからだと思います。

Q3 僕はこの後どうなりますか?
A    特典を授けて異世界に送らせていただきます。

Q4 その異世界の事を教えてください。
A    異世界の名前は「アース」です。
      種族は主に、人間、エルフ、獣人、ドワーフ、魔族です。
     通貨は銅貨、銀貨、金貨、白金貨、王金貨です。
     銅貨100枚で銀貨1枚、銀貨100枚で金貨1枚、
     金貨10枚で白金貨1枚、白金貨10枚で王金貨1枚です。
     銅貨は1枚で大体100円程です。
    スキルにはレベルというものがあり、1〜10までです。
     1〜2が初心者、3が一人前、4〜6が上級者、
     7〜8は極めた者、9が伝説、10は神です
     魔法は火、水、風、土、雷、氷、光、闇、無の9属性
     です。


Q5 その世界は剣と魔法のファンタジー世界ですか?
A    はい。

「本当にすみませんでした。グスン」
質問が終わるとまた泣きながら謝ってきた。
「気にしてないから大丈夫ですよ」
そう笑顔で伝えると、
「ああありがとうごじゃいます。凄く優しいんですね。
それにかっこいいし…」
と、顔を真っ赤にしながら言っていたけど、最後の方が聞こえなかったし熱でもあるのだろうか?


「それで特典というのは、どういうものなんですか?」
「えっと、そのー」
なんかもじもじしてるけど、うーん…あ!
「俊哉でいいですよ」 「わっ分かりました。ならその…
俊哉様、私の事もユミナと呼んでください。」
「いや、様は要らないですよ。」なんかむず痒い気がするんだよな、様って呼ばれると。
「でしたら、私にはもう少し気楽に話して下さい」
「わかりましっ…分かったよユミナ」
「えへへへ」 ユミナ凄いニヤニヤしてるな。
「はっ話しがそれましたね。特典は俊哉さんの希望するスキルを与えるということです」
「何でもいいの?」 「いえ、神にして欲しいとかは流石に無理ですね」
「ちなみに何個?」 「一つですね。でも、今回は私のせいなので『鑑定』『隠蔽』は差し上げます」



マジか、鑑定と隠蔽を貰えるのか。そうなるとどんなのがいいかな。
成長系かスキル強奪系もいいかもな。
「分かりました。それではスキル強奪が特典ですね」
「え…心読んだの?」「いえ、今口にしていたので」


「まぁいいや。それよりも今特典で貰ったスキルは、
制限みたいなのはあるのか?」
「いえ特には、強いて言えば強奪スキルは相手を殺す事で成立します。それから、奪ったスキルLVは強制的に1になりますので気を付けて下さい。
あ…もう時間ですね。とても楽しかったです」



僕の体が光り始めた。「ありがとう」と言って、手を出すとユミナは真っ赤になりながらも握り返してきた。
「では、いってらっしゃい」
「行ってきます」


こうして僕は、真っ白な空間から消えた。
「また会えるかな、私の初恋の人に」









「チートスキルで異世界を生きる!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く