チートスキルで異世界を生きる!

お月見兎

01 僕死んだの…?

僕の名前は、折原俊哉(オリハラシュンヤ)16歳の高校生だ。
顔は贔屓目に見て中の上ぐらいだと思う、
運動と勉強も平均より上ぐらい。

何故突然自己紹介?と思うかもしれないがこれには理由があるんだ。

いつも通り学校が終わって、帰っている時突然光に包まれたんだ。そして、目が覚めたら辺り一面真っ白な空間にいた。
夢にしてははっきりしていると思ったので少し考えた結果ラノベでよくある異世界転生では?
ということで取り敢えず自己紹介をした。


僕は所謂、隠れオタクだ。アニメやゲームは好き
だし、漫画にラノベ最近では、異世界でチートを貰い無双するようなのを読んでいる。

そんな隠れオタクな僕が、目覚めて真っ白な空間にいたんだから当然、内心凄い興奮している。
しかし、もう目が覚めてから10分以上経っているのになにもない。 もしかして僕このまま放置されるのか?
まずいと考えて、大きな声で誰かを呼んでみようかな、
とか考えていたら突然

「この度は申し訳ごじゃいましぇんでしたー」
と、もの凄い美少女が土下座していた。
髪の色は薄い桃色、目は金色に輝いており宝石
みたいで見た感じ15歳くらいだと思う。
10人中10人が二度見するような容姿。

もしかして女神?それとも天使か?などというどうでいい考えは置いといて、僕は取り敢えず現状をどうにかしないといけないと思い、声を掛けることにした。


「頭をあげて下さい」「それと説明お願いできまか?」と言うと、「わかりました」と言って立ち上がった。 

身長は150cmくらいだろうか、僕は175cmある
ので凄く小さく見える。
「まずは私の名前はユミナと言います。所謂女神です。
折原俊哉さんあなたは…私のせいで死んでしまいました
本当に グスン グスン しゅみましぇんでしたー」

ウソン…僕死んでました。

「チートスキルで異世界を生きる!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ふらふら〜

    こういう、内容の話好きです!先も気になるので
    これからも頑張ってください!

    3
コメントを書く