faith

無木 祐陽

20

とてつもなく胡散臭く、聞いているだけで
狂気を感じるのはなんだ?
これは恐怖なのか?
近寄りたくない、ダメだ
この人はホントにまずい

「紙花君無駄だから止めておくと良いよ
    逃げるたくなるのは分かるけど
ダメだよ」

「え?」

いつの間に
後ろに下がっている?
無意識に下がっている
本能的に逃げる事を強要されている

こんな人が長なのか
恐ろしい
訳の分からない威圧
全身の毛が逆立つ様な、
肌が鶏のようにザラザラになってしまうのは
鳥肌が立つとはこの事か
どちらかと言えば今は鮫肌かな
この人と会話してしまっているからだろうか?

❮君、紙花君はホントに正直で面白いね
用心深いのもその能力に起因してるのかな  ❯

ハハッと笑い言う
底がしれないと思うのは僕が圧倒的に負けているからだ
「心掌さん、いい加減話を進めてもらえませんか?
それとも、放置ですか?」

❮融通はホントにせっかちだねぇ
   そんなにゆっくりするのは嫌いかい?❯

「いえ、貴方と話すのが嫌なだけなので
ゆっくりするのは好きですよ」
よくもあんな人に口答えできるものだ
融通さんも充分に化け物だろう

「faith」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く