faith

無木 祐陽

13

2人は「え?」っと顔を見合わせる
息があった事にびっくりしたのか
数分で紙花がもう大丈夫と言った事になのかは分からなかったが

雨森は前に歩き出し
「手加減してやるよ」
自分の能力が
「絶対音感」という事を明かし
融通の「START」
その瞬間に自分の身体が吹き飛ばされていることに気付いた
外傷は無いのに内傷だけしていた
ズキズキと痛む身体を立ち上がられせ
前を向くと
雨森が苦笑い
融通は相変わらず無表情で

「止めるかい?」

「いやいや、こいつがこんな顔で笑えるとは思ってなかったですよ
      続けましょよ

後ろでため息が聞こえた気がする

「そんな変な顔してます?
       でも、なんかすっきりした気分ですね」
となぜ笑って答えているんだろうか

「じゃぁ、頑張って一撃でもいれてみてくれ」
そうですね頑張ってみますねと
雨森を見やる

見たはずだった
が雨森さんが居ない?消えた?
おかしいなぜだ?
絶対音感という能力
何が考えれる?
答えは一つだろ
移動に能力を使ってるだけだろ


「faith」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く