faith

無木 祐陽

12


「trump」の声と共に一デッキ分が手から
文字どうり手から出てきた
とてつもなく不思議な気分だ

とりあえず使ってみようか

ダイヤの3と言えば
一デッキ分がすべてダイヤの3
一色になってる
なんだこれ気持ち悪い

宣言したら全部同じになって
宣言したら手から出てくる
だけなのか?
とりあえず投げるか?
そもそも破けないの?
試してみるか
指で軽くカードを弾き飛ばすと
落ちるはずのカードは一向に落ちない
否、飛んでいる浮いているの方が正しいのか
分からないが
浮遊している事に驚愕をせざるを得ない
もう1枚は破いてみるか
と、破ろうとした時に分かった
なぜだ?指で弾く時は柔らかったカードが
とてつもなく硬いじゃないか
破れる気がしない
普通のいや
力の弱い僕なんかには破れない
浮遊してるカードを取りに行こうと歩こうとした瞬間、刹那手元に戻ってきている事が分かった
何が起きたのか分からない
なんだ何なんだこれは
これが僕の能力か
念じてみたら動くのか?
ーーー
前にいけ・・・
と何度も念じ目を開けた
すべてのカードがきれーな隊列をして目の前に浮遊していた
念じれば動き
いや、思考した方に動くのか
反射的に動く可能性もあるな
と思考しながら
動かしどこまで出来るのかを
ある程度見て
紙花はもう大丈夫です

ーーーーーーー

「faith」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く