多重人格者(自称)が異世界いったら人格の数だけステがあった。

田中ももんが

第二話 ~王都へ~ 前編

見渡す限りの草原‥
どこまでも続く青い空‥
心地よい風‥



もう飽きたーーー!
今俺はすごく困っている。さっきの変な男のせいでこんなところに連れてこられた。うん。今日は厄日だw
とりあえず落ち着いて考えよう。
さっきの男が言ってた言葉。うっすらとだが覚えている。
(第一話後編の最後の方に書いてありますw)

やるべき事?あっちの世界?全くもって意味がわからない。よし!考えるのやめよw

「ねーねー」


ん?今何か聞こえたような気がするが、まぁいい。
頭でも打ったのだろう。幻聴だ。
とりあえずこのだだっ広い草原はどこだ?遠くにすごく大きい山がある。
前に家族旅行で富士山に行ったことがあるが、そんなもの比較にならないぐらいでかい。

「ねーねー!聞こえてるの~!」


ということはここは日本じゃない?
え?海外?初海外がこんなのはやだよ?w

なんて冗談はおいといて、この状況から考えられるのはもうあれしかないだろう。いや~マジであるんですねw
ラノベでしか見たことないけど(笑)



「ここ、異世界ですよね‥‥」

そう考える他今起こっていることが説明できないのだ。
もう気づいている人もいるだろう。さっきから話しかけている声が。もう無視するのも飽きたのでしゃべってやるかw

「おい。さっきから話しかけているが、お前は誰だ?」

「なんだ!気づいてたんなら返事してよ!
コホン。では自己紹介を。
あたしはアリス!
この世界の四大精霊の内の一つ。フェアリー族よ!」

うん。何言ってんのこいつw
まぁここが異世界ってことは99%わかった。
俺が住んでた世界には四大精霊とかいないしw

「なぁここはどこだ?なぜここにお前はいるんだ?どうやったら元の世界に戻れる?」

「もー!いっぺんに聞かないでよ!説明するからよく聞いてなさいよ!
一個一個この世界では重要なんだから!
まず、ここはあなたが元いた世界とは違うわ。いわゆる異世界ね。
この世界には4つの大陸があるわ。全部説明するのは、長くなるから、とりあえず今いるところだけ説明するわ。
ここは風と木々の大陸。「ウィンブル大陸」よ。

そして今いるのは、「フォード平原」ってところね。

次になんであたしがいるかってことだけど、あたしたち妖精は別の世界から飛ばされてきた人全員に一人ずつ付いていて、この世界の案内とか手助けをするからなのよ!

本来、別の世界から来た人は王都にある、転移門ってとこからくるんだけど、なぜか、あんたは草原の真ん中に落とされてたわ。こんなこと今までなかったはずよ。なんでかしら。
とりあえず3つめにいくわ。この世界から戻る方法。
それは‥‥‥


知らないわwごめんなさい。あなたが元々どこの世界にいたかもわからない。けど、この世界から帰れる方法はきっとあるわ。転移門があるくらいだからね。けど過去に転移門を使って帰ろうとしたひとがいたけど、こっちの世界から、別の世界には行けなかったわ。
まぁざっとこんな感じね。とりあえず王都へ向かいましょう。まだ、この世界の事も全然知らないみたいだしね。あ、そうだあなた名前は?」

「田淵隆介だ。やっぱりここは異世界だったんだな‥とりあえずはお前の言うとおり王都に行ってみるか。案内よろしくな。」

「リュウスケか!よろしく!頑張ろう!」

やはりあの男が俺をこっちの世界に送ったのか。
てかなんでこんな所に落とすんだよ!どうせ送るんなら正規のルートで送れよ!
まぁこんなこと言っても仕方ないかw
何とかこの世界で生き抜くしかないもんなw
こうして俺の異世界生活がとつぜん始まった。

「あ、言い忘れてたけど、こっから王都って急いでも1日はかかるからwがんば!」



「ふざけんなーーーーーーーー!」













読んでいただきありがとうございます。
フォロー数も次第に増えておりとても嬉しいです!!
今回から異世界に行きました。いろいろ設定があるせいで長くなりますが、気楽に読んでくださると幸いですw
是非ともコメント、フォローよろしくお願いします。
それでは後編もお楽しみにw



「多重人格者(自称)が異世界いったら人格の数だけステがあった。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く