多重人格者(自称)が異世界いったら人格の数だけステがあった。

田中ももんが

第一話 ~異世界へ~ 後編

「田淵君だよね?久しぶり~!私、霧島美空!覚えてるかな?」

え?誰w
なんて思いながら俺は答えた。
「あ~。霧島か~。久しぶり。」
というと、
彼女はリスのようにほっぺたを膨らませていった。

「絶対覚えてないでしょ!昔よく遊んだじゃん!」

今どきほっぺ膨らますやついるんだなwと思いながら、俺は彼女の言葉に違和感を覚えた。


「昔」それはいつのことだ?俺は小さい頃からあまり人付き合いはしていなかったはずだ。
強いていえば一人だけ親友と呼べるくらいのやつはいた。だが、あいつは男だぞ。
しかも霧島は控えめにいって可愛い。
はっきりいえばタイプだ!w

そんな子と俺がよく遊んだ?
そうだとしたら絶対覚えてるはずだ。
この事から考えられることは一つ。

「ちょっと待っててくれるか?」

そういうと俺は教室を飛び出した。

prrrr‥‥prrrr‥‥

「もしもし母さん?俺って幼なじみ的な人いたっけ?それか俺が昔から遊んでた女の子っていた?」

「いきなりなによwそうね~確かいなかったと思うわ。あんたあまり友達いなかったじゃないwましてや女の子の友達なんかいなかったと思うわよ。」

「おぉwそうか。ありがと。」

まさかこの歳になって、親に心の傷をえぐられるとは思わなかったが、まぁ聞きたいことは聞けたので電話を切り、俺は教室にいる霧島の所へ向かった。

「一応聞くんだけど、昔の俺ってどんな性格だったか覚えてる?」

「え?う~ん確か明るくて元気ですごい面白かった!」

うんwこれで確信した。それは俺じゃない。正確に言えば、今の「田淵隆介」という人格ではない。

マジか。それは知らなかった。俺が多重人格を自覚し始めたのは約一年前だ。しかし、それよりずっと前にもう他の人格が出ていたというのか?だとしたらその人格は何者だ?考えれば考えるほどあたまがいたくなっていく。あぁ~もうやめだ!俺は考えるのをやめた。

とにかく霧島とは話を合わせておこう。俺が多重人格だということがバレてはいけないからな。

「あぁ~思い出したわ。よく遊んでたっけw」

「やっと思い出してくれた!」

霧島に合わせたはいいものの話が続かないので、俺は用事があると言い教室を出た。

さて、なんとかバレなかったがこれはまずいな。
霧島にもいつ勘づかれるかもわからんからな。
どうしようかと考えている間に俺はいつの間にか、校舎の端まで来ていた。

昔まで使わわれていた教室だろうか。ほこり被った机や椅子がいくつかおいてあった。ひどいな。こんなところにいたら考えつくことも考えつかない。そう思い俺が教室を出ようとした時、いきなり一人の男が現れた。

「田淵隆介君かい?いや~私は幸運だなぁ。今一番会いたい人と偶然にも会えるなんて。」

なんだこいつ。いかにも怪しい。誰だ?まずそのしゃべり方なんだ?見覚えもない。身長は170~180で俺よりすこし高い。白衣?のようなものを着ている。
今どきコスプレか?w眼鏡をかけこちらを見ながら二ヤついている。

「何の用ですか?」

「いや~実は君に用があるんだよ~。
まぁ正確には君の中にいる人かな~w」

「え?」

今こいつは確かに言った「君の中にいる人」と。こいつはヤバい。一刻も早くここから逃げなければ。そう思い俺が走りだすと、

「パチン」

男が指を鳴らした瞬間俺は倒れた。

「逃げるなんてひどいな~w君にはやるべき事があるんだよ~。けどそれはこの世界じゃあできないんだよな~w。
次会えるのはあっちの世界でかな~w」
と男は言い、風のように消え去った。







何時間、何日間気を失っていたのだろう。
体全体が痛い。それになんだこの服は?いかにもRPGの最初の勇者が来てるバフも無に等しいような服じゃないか。まぁ嫌いではないけどねwむしろ好きw
まぁそんなことは別にどうでもいい。今俺が一番思うこと。
それは‥‥‥




「ここどこだよーーーーーーーーーーーー!!!!!」













読んでいただきありがとうございます!
前編よりかなり長くなってしまいました。
唐突に異世界へ行った隆介はどうなるのか。
あの男の正体とは。
今までのキャラたちはどうなるのか。
必死に考えておりますw
次回もいつも通りダラダラと思いついたものを書いていくので、お暇があればお読みくださいw
コメント。ブーイングでもなんでもいいので、素直に感想をお願いします。
ダラダラと長くなってすみませんw

キャラ紹介
霧島美空(きりしまみく)

「多重人格者(自称)が異世界いったら人格の数だけステがあった。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 田中ももんが

    貴重なご意見ありがとうございます。wの使用ですが、登場人物の心情を表す上で、必要だと考えているので今後も使用しますので、ご理解お願いします。その他にも改善点などありましたら、どんどん書き込みください。

    1
  • アンチ野郎

    wはやめた方がいいと思います

    1
コメントを書く