クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~

Akisan

No.84ジューゴロー

「では、行かせて頂きますよっと」
そういいながら刀の鍔を親指で押し上げ
右手が刀に触れた刹那
ジューゴローの姿が消えた

秋が後ろへ飛び退くと目の前に
刀を切り上げたジューゴローが現れる

あまりの剣速に土煙が爆風と共に上がる

爆風に乗り大きく後ろに後退し追撃に備えると

「いやぁ~、今のを避けるかぁ
まだまだ若いのにやるねぇ
次はもう少し早く行くから覚悟しなすって」

剣を顔の辺りまで持ち上げ
地面と水平に構え腰を落とすと
再び、その姿が消えた

(正面ッ!)
再び視界に入ったのは秋のすぐ目の前

ジューゴローが刀を振るより早く
拳を突きだそうとするが
構えた直後に

「ハズレだ」
背後からジューゴローの声がした 

──死んだ


とっさに秋はそう思った
敵に背後を取られるなど戦いにおいて
最も避けねばならない
しかし、いとも容易く取られてしまった

「ま、運がなかったってことで」
そう言って刀を降り下ろされる

鈍い音と共に痛みが──来ない

恐る恐る後ろを振り返ると

「だから引っ込んでろって言ったんだ」
剣聖がその長い刀身で
ジューゴローの刀を受け止めていた

「おやおや~、これは断罪者さんじゃねぇですか~
こんなところで会えるとは、運が良かった」
ジューゴローが大きく後退しながらそう言う

「運が良かった?笑わせるな
俺がいるのを知って来たんだろう?
そうでなければ『Noナンバーズ84』のお前が
帝国ごときにに使われる訳がない」

「どうでしょうかねぇ
まぁ、折角ここで会えたわけですから
手合わせ願いますよ」

そして始まる強者同志の戦い

「こいつは俺が相手をしている、お前は頭を叩け
だが、気を付けろ、油断すれば死ぬぞ?」
「気を抜いてるのはあなたじゃないですかねぇ
よそ見しないでちゃんと相手して下さいよぉ」

剣聖が話している間にもジューゴローは
その手を休めようとはしない

「行け!俺はコイツで手一杯だ!」
「はい!」

剣聖に言われるまま
秋は次の敵を見据える 

「ディゴード=アルバンス…次はお前だ」
「ガキが…俺に勝てると思っているのか」
そう言って乗っていた牛車から飛び降りてくる

「良いだろう、ここまで来た褒美だ
俺が直接相手をしてやる──お前ら手を出すなよ」
そばに控えていた自分の従者に命じ

「帝国に歯向かうネズミめ、捻り潰してくれるわ」

────戦いは次の局面へ




ここまで読んでくださりありがとうございます

更新が遅くなってしまい本当にごめんなさい!
完全に私用なのですが受験勉強が
大変なことになっていまして
また、しばらくの間更新できません
しかし、必ず続きを書きますので
応援の方よろしくお願いします

そして、更新していない間にも
フォロワーが250人を突破しました!
ありがとうございます

ぜひ、これからもこの作品を
そして、二作目である
『右目を無くした少年の恋のお話』
をよろしくお願いします!

「クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く